ねずみくんのクリスマス ねずみくんのクリスマス
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
小さなクリスマスツリーをわらわれたねみちゃん。でも、ねみちゃんのツリーは、本当は大きなあるもののかざりだったのです。
ラムネ色さん 60代・じいじ・ばあば

みんながねみちゃんに贈ったツリー
ちいさいのから、大きいものまで、クリス…

あき」 みんなの声

あき 作:もりやま みやこ
絵:とよた かずひこ
出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:1989年
ISBN:9784338083034
評価スコア 3.5
評価ランキング 31,548
みんなの声 総数 1
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 季節感あふれる題材の”ぽっちり”なお話

    • ぐるんまさん
    • 30代
    • ママ
    • 和歌山県
    • 女の子7歳、男の子1歳

     娘が図書館で借りてきました。”ぽっちり”とは”すこし”ということだそうで、小さなお話が九つ入っています。
    読み聞かせてもいいし、小学校低学年は自分で楽しめます。
     今回は”秋”と”春”を借りてきていましたが、春夏秋冬のシリーズがあるみたいです。
    季節感あふれる題材で本当に短いお話ばかりで読みやすかったようです。身近に感じられるあったかいお話ばかりです。
    何度も繰り返して読んでいました。
     あとがきから・・・
    四季の風物を表現する昔からの言葉を所々に入れているとのことです。
    秋の巻では”稲田””入日””もみじ””日和””時雨””木がらし”などだそうで、日本語独特の語感やひびきを幼い目や耳に”ぽっちり”とでも伝えたかったからだそうです。
     日本語には本当に美しい素敵な言葉がたくさんありますものね。
    子供に伝えて行けるように、私たち大人が話し言葉も含めて勉強していかないとなあ・・・と思いました。
    読書!ですね。読書の秋・・・

    掲載日:2006/10/07

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

ぐりとぐら / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『誰も知らない世界のことわざ』翻訳者・前田まゆみさんインタビュー

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット