雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
りひまるさん 40代・ママ

たくさんの人に
宮沢賢治さんの「雨ニモマケズ」こういっ…

おじさん あそびましょ」 みんなの声

おじさん あそびましょ 作・絵:長 新太
出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2006年10月
ISBN:9784871101592
評価スコア 4.13
評価ランキング 17,878
みんなの声 総数 15
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

15件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • もぐっているのでみえません

    「ぼくもうちへ帰ることにしました

     潜っているのでみえません」

    笑ってしまいます。なんだか、楽しくなります。

    海で釣りのおじさんと遊んで帰るときの言葉がなんとも面白いのです。

    あざらしさんに似ているおじさん、そういえば似ている感じに見えてき

    ます。おじさん、釣りはどうなったのか気になるところですが、退屈し

    た丁度いいお相手が見つかったのかも知れませんね。

    楽しい絵本です。

    掲載日:2010/10/11

    参考になりました
    感謝
    1
  • 理由なんかありません

    長新太さんの作品は、お話にも感想にも、理由なんかいらないって、いつも思います。

    アザラシが、おじさんをさそう。
    おじさんから、戸惑いは伝わってこない。
    しかも、こんなところで、できる遊び・・・じゃない!?(笑)

    理由なんかありません。
    ただただ楽しいです!

    掲載日:2016/03/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 想像だにしないような設定

    あ、これ読んでいない!と手に取り、借りてきました。

    あ〜〜〜、またやられてしまった〜!

    長先生の作品を朝から読むと、元気が出てきます。
    時に爆笑、時に脱力。
    この力加減が絶妙で、先生の手のひらで読者は見事に転がされているような気がします。

    今回も想像だにしないような設定。

    大海原で、語るのはアザラシのぼうや。
    アザラシぼうやが「おじさん〜」って語りかける相手を、読み手は大きいアザラシと思いこみ読んで見事にフェイントをかけられます。

    これで終わりじゃないから、長ワールドなんです。

    この後、おじさんと遊ぶアザラシぼうや。
    その遊びに、私もこのおじさんが好きになりました。

    長先生の全作品読破を目指します!

    掲載日:2015/10/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • ほのぼのとした笑い

    表紙のアザラシ、なんともとぼけたいい表情をしてますね(^^)

    島にいたアザラシのおじさん・・・と思ったら、ただの釣りに来てる人でした(笑)
    でも、魚を釣ってる姿はまさにアザラシそのものです!

    小さな島でおにごっこをしたり、かくれんぼしたり。
    息子も「すぐ終わるやん!」と大笑い。
    なわとびにいたっては「誰が跳ぶんだ?」笑!!

    大爆笑というわけではなく、思わず「クスリ」とされられるほのぼの感漂う1冊でした。
    出来れば、その後のアザラシとおじさんのお話も読みたいです。

    掲載日:2015/09/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • なんか笑ってしまいます

    くすりっ、と笑ってしまうような本です。
    おじさんとあざらし。
    なんで。このかんじ、たまらないです。
    なんなの。ありえないのか、あたりまえなのか。
    かわいく、おもしろく、ちょっと不思議なあざらしとおじさん。
    で、と思いますが、この世界の感じ悪くないんですよ。

    掲載日:2012/07/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • ゆったり♪

    • ゆっきんぐさん
    • 30代
    • ママ
    • 静岡県
    • 男の子7歳、男の子5歳

    釣りに付き合っているだけの私ですが、こんな事が起きたら、
    付き添いも楽しいのかも。
    この絵本を見つけた最近、我が家の近くの港にどうもあざらしが
    いるらしい・・・って聞いたとこなので。

    あざらしとおじさん、似てる!そしてなんて意気投合なの!!

    の〜んびりした空気の中で、二人で結構ハードに遊んでますね〜。
    釣りなんて、しなくても良くなっちゃったかな(笑)

    またどこかで、おじさんとぼくが会うんだろうなぁ〜・・・

    そんなゆったりとした雰囲気にとても癒されるし、ぷっと笑いを
    誘われます。

    掲載日:2012/03/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • もぐっているのでみえません

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子15歳、男の子13歳

    表紙のアザラシの独白でお話が続きます。
    大海の中にポツンとある岩。
    そこに、小さなボートでやってきた釣り人のおじさんがいるというのです。
    そして、おじさんとのまったりとしたひととき。
    「もぐっているのでみえません」って、ぶっきらぼうですが、
    『星の王子さま』での飛行士と王子さまの感性にも似ていて、
    素敵な余韻でした。
    このところどぎつい配色の長新太作品を立て続けに読んでいたので、
    青が基調の配色は新鮮でした。
    海がずっと穏やかなのに対して、空の色が段々移り変わって、
    遠くのかもめの位置が刻々と移動していますね。
    もしかしてラストの光景に浮かんだ幻影だったのかしら?とも思ってしまいました。
    ともあれ、大海のまったりした雰囲気を味わいたいですね。

    掲載日:2009/08/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 変わった顔をしたおじさん

    • おしんさん
    • 40代
    • ママ
    • 鹿児島県
    • 男の子23歳、女の子21歳、男の子18歳

    おじさんが、小さな島の上で魚釣りをしています。
    そこへアザラシが泳いできました。
    そのおじさんの顔を見たアザラシはびっくり!
    なんとアザラシの顔そっくりのおじさんだったのです。
    そして、いっしょに遊びましょと誘うのです。
    まず、こんな顔したおじさん、いないでしょ。
    それに、アザラシの言うがままに遊んであげるなんて、人がいいのか、おかしいのか…
    でも、こんな風に遊べたらいいなと思う気持ちもあります。なかなかユニークな発想、そして、思わず笑ってしまう絵、この作者ならではの作品だと思います。

    掲載日:2008/09/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • ほのぼの〜♪

    アザラシが自分のおじさんを見つけたと思ったら・・・
    おじさんにそっくりの釣り人さん。

    アザラシが親近感を持って近づいていくのがなんともかわいいです♪
    それに付き合っていっぱい遊んでくれるおじさんにも、とってもほのぼのさせられました〜☆
    最後の一文に、長さんのちょっとした悪戯心(遊び心?)が感じられて好きな1冊です(^^)

    掲載日:2008/05/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • アザラシが釣りに来ていたおじさんを自分のおじさんと間違えたことから、おじさんとの楽しい時間が始まります。

    おじさんはかくれんぼや縄跳びなどいろいろな遊びに付き合ってくれます。「おじさんとのやりとりを描いた絵本」と言えばそれだけなのですが、その中にもユーモアが詰められていて、素朴に楽しい絵本だと思います。ちょっとした岩での鬼ごっこ、「そりゃ、すぐ捕まるよなー」とかどうでもいいけど、おもしろいのです。私は最後の終わりが長新太さんらしくて好きです。

    長新太さんの絵はユーモアたっぷりだし、おじさんとアザラシのやりとりはほのぼのとして愉快!「何ともない」おもしろさが味わえる1冊だと思います◎

    掲載日:2008/02/21

    参考になりました
    感謝
    0

15件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

こんとあき / からすのパンやさん / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / はじめてのおつかい / ねないこ だれだ / じゃあじゃあびりびり / よるくま

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • つばめこうくう
    つばめこうくう
     出版社:佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!
    つばめの飛行機で、南の島へひとっとび! 乗り物好き・虫好き・旅行好きにおススメの楽しい絵本です。
  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。
  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!


音楽家の両親をもつ「ぼく」の心のものがたり

みんなの声(15人)

絵本の評価(4.13)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット