貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

ともだち おまじない」 みんなの声

ともだち おまじない 作:内田 麟太郎
絵:降矢 なな
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2006年11月
ISBN:9784032322200
評価スコア 4.33
評価ランキング 11,126
みんなの声 総数 59
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

59件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
  • 俳句みたいな感じでした

    • みっとーさん
    • 30代
    • ママ
    • 大阪府
    • 男の子6歳、女の子5歳

    大好きなともだちシリーズなので、中身を見ずに図書館で借りてきました。
    ストーリーのあるものではなく、今までのシリーズの総集編みたいな感じでした。五・七・五のリズムで友達が欲しいという気持ちをうたっています。
    ちょっとよく分からないものもあるけれど、このシリーズを読んで知っていると、きつねやオオカミの気持ちがすっと入ってきます。

    掲載日:2018/04/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 俳句のリズムでおれたちともだちシリーズの世界観

    おれたちともだちシリーズなのですが、こちらは物語になっておらず、1ページ1ページで完結しており、おれたちともだちシリーズの世界観が描かれています。(カルタのようにあ〜んまであるのかと思ったらそうでもありません)
    ともだちシリーズを読み尽くしている人はあの場面に通じるシーンだと分かってとても楽しいです。子供はイラストを純粋に楽しんでいるようで、おならをしたらしぼんじゃうというオオカミの絵を見てゲラゲラ『これ好き』と言って喜んでいました。じいさまのいればも受けてましたね。

    掲載日:2018/03/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 声にだしてよみたい絵本です。

    親子で声を出して一緒に

    読むといいと思います。

    友達とは何かがよくわかります。

    笑ってしまうところもあるし、

    かなしくなってしまうところも

    ありますが、いい絵本だと思います。

    俳句なのに、こんなに伝わるんですね。

    掲載日:2017/11/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 心がほっこり5

    • ほっこり日和さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 男の子7歳、男の子5歳、女の子2歳

    息子が図書館で選んできた絵本。
    いいですね〜!
    本当にいい!
    好きです。この絵本で、こころがほっこり温まりました。
    これぞ、おまじないの効果なんだろうな。
    降矢ななさんの絵が本当に素敵。

    読んで元気に
    見て元気に
    唱えて元気に

    言葉ってすごい。おまじない、私も考えたくなりました!

    掲載日:2016/05/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 他の「ともだちシリーズ」と雰囲気がまるで違うので、違和感を持っていたのですが、あらためて読んでみると別の味わいを感じました。
    一見脈絡のない、取って付けたような、「友だち」をイメージした五七五の標語の羅列ですが、確かに友だちを思う気持ちから出てくる言葉に違いありません。
    この豊かな感性が思いやりを育てるような気がします。
    後は自分の中にこもらないことですよね。

    掲載日:2016/03/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • いつもとちょっとちがう

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子4歳、女の子2歳

    このシリーズはちょこちょこと読んでいます。
    いつもとちょっと違ったテイストですね。個人的にはいつものお話タイプのほうが好きです。
    シリーズを読んでいるほうが楽しめるかなと思います。知らなくても大丈夫ではありますが。

    掲載日:2015/08/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 俳句風

    四季折々のキャラクターの様子が描かれていて、俳句風のおまじない文章が添えられています。
    このシリーズが好きで、楽しみにしていた息子は、いつもと違う様子のこの本は「つまんない。」の一言でした。
    物語が良かったみたいです。何気無く、物語が出てきそうな楽しい絵が沢山あるんですけどね。

    掲載日:2015/08/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • いつもとちがう ともだちシリーズ

    大人の私が
    この「おれたち ともだち」シリーズにハマっています。
    どのお話も、
    登場人物(動物)のやりとりや気持ちが、
    わかるような気がして、
    伝わってきます。

    「ともだち おまじない」はお話ではなく
    五七五で おまじないが
    各ページに描かれていました。

    シリーズの最初に読むより、
    最後に選んだ方が
    より 楽しめるような気がします。
    キツネとオオカミの今までの様子も知ってる方が
    絵と言葉が納得できます。

    番外編という印象です。

    五七五は 言葉として覚えやすく
    聴き取りやすいので、
    読み聞かせしたら
    子供さんなら気に入ったものや
    印象に残ったら覚えるかもしれませんね。

    私も印象に残って覚えておきたい一句が
    見つかりましたから。

    さいごのおまじないは。。
    私にもつくれるかしら。。考えてみたくなりました。

    掲載日:2015/07/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 素敵なおまじない教えますよ

    みなさん、お友達おまじないって知ってますか?実はお友達が欲しい人にだけきくおまじないがあるんです。どんなおまじないかと言うと…それは、この絵本の中から、自分の好きなのを選んでとなえて下さい。その時の気分で、おまじないも色々変わるんですよ。我が家の子供達は読むたびに、おまじないが変わってます。

    掲載日:2015/03/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • おもしろいけどちょっと難しいかな

    5歳の息子に読んでやりました。今までのとちょっと趣を変えて、友達をテーマにいろいろな気持ちやハプニングを五七五にのせてつづってくれています。それにちなんだ絵も紹介されているので、くす!っとかあははとか詩がわからなくても雰囲気はわかるかな?

    息子もわかるように努力したり、私が説明してやり、半分はわかったかもしれません。詩も子供むけに結構わかりやすく作られていて工夫はされていますが、まだちょっとこの年代にはむずかしいかな。詩自体になれていないのと、表現の言い回しが聴きなれないし、その感情を理解するのも難しいのです。絵があったのでまだ助けられたけど、もう少し大きくなったらもう一度読んでやろうとおもいました。

    掲載日:2013/03/12

    参考になりました
    感謝
    0

59件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / おおきなかぶ / じゃあじゃあびりびり / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!


mpiオリジナル絵本・アクティビティブック インタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット