ほげちゃんとこいぬのペロ ほげちゃんとこいぬのペロ
作: やぎ たみこ  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
大人気!ぶさカワ「ほげちゃん」待望の第3巻目刊行!
ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば

ほげちゃん、頑張りました!
ほげちゃんが、こいぬのペロにやきもちを…

てんにのぼったなまず」 みんなの声

てんにのぼったなまず 作・絵:田島 征彦
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2006年
ISBN:9784834004403
評価スコア 4.56
評価ランキング 4,480
みんなの声 総数 8
「てんにのぼったなまず」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 地震と津波からの復興

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子17歳、男の子15歳

    地震と津波で壊滅的な被害を受けた村が舞台です。
    まだ東日本大震災の記憶が生々しいだけに心に響きます。
    海辺の村に住むおじいは絵を描いてばかりでしたが、
    その絵がみんなを元気付けるので、皆に慕われていたのです。
    ある日、大地震とともに、海に異変が。
    津波の復興の中で、おじいの描いたなまずの絵が、奇跡を起こします。
    染色図案科出身の田島さんの独特の画法が持つ迫力がすごいです。
    紙が無く、おじいがふんどしに描いた、というストーリーと呼応します。
    『祇園祭』とともに、世界絵本原画展金牌受賞作品だそう。
    立派な侍には用は無い、と、常に庶民の中に生きたおじい。
    ラストでは復興の様子が描かれていて、どうか同じように、
    被災地に希望の光があたりますように、と祈らずに入られませんでした。
    地味な絵ですが、やはり子どもたちに紹介してあげたいです。

    掲載日:2011/06/09

    参考になりました
    感謝
    1
  • 反骨のオジイ!

    • ちうやかなさん
    • 40代
    • ママ
    • 北海道
    • 男の子11歳、男の子8歳

    決して長いものには巻かれず、絵と子どもと村の生活をこよなく愛する反骨のオジイが主人公。
    地震と津波で全てを失っても、殿様の甘い誘いにはのらず、
    村に残ってふんどしになまずの絵を描くオジイ!
    染色による独特の画法により、
    そのなまずが空を泳ぐ様子はまさに荘厳です。
    田島征彦氏は、現在淡路島在住とか。
    オジイのモデルは作者本人なのかも。
    私の中では『じごくのそうべえ』『とくべえとおへそ』に次ぐ傑作です。

    掲載日:2006/10/08

    参考になりました
    感謝
    1
  • 津波を乗り越えて

    昨日が、東日本大震災からちょうど三年という節目の日でした。
    このタイミングで、この絵本に出会えたことに、何かの縁を感じます。
    地震・そして、大津波・・・

    このお話では最後に、村の復興し始める様子が見られます。
    そのことから、こちらも元気をもらえたような気がします。

    掲載日:2014/03/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 希望や願いの先に幸せがきますように

    田島征彦さんの講演を聞く機会があり、この本の存在を知りました。

    地震・津波が出てくるのでこの震災でまた注目を浴びている作品なのだとか。

    絵を描くことが好きなおじい。村人のために絵は描いても侍の頼みは聞かないところに、おじいの気骨が窺えます。

    婚礼祝いの最中にやってきた地震と津波。

    人々の幸せも生活の営みもすべて飲み込んでしまいます。

    絶望の中で人々の気持ちをすくいあげるものは何でしょう?

    おじいが人々の気持ちを汲み取って描いたなまずには、人々の希望や願いがこもっていたことと思います。

    希望や願いの先に幸せがきますようにと、願わずにはいられませんでした。

    掲載日:2011/12/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 重なりました

    • 風の秋桜さん
    • 40代
    • その他の方
    • 埼玉県
    • 男の子、男の子

    大震災後に読んだからでしょうか、読み進めて津波が起きた時の場面がテレビで流され続けた映像と重なってしまいました
    海辺の村の景色は小島が浮かび松林もある、松島あたりの景色のようです

    おじいがふんどしに描いたという「なまず」が雨を降らせ、津波で土壌をダメにした土地に新しい山の土砂を運んだという・・・
    自然の復興というのでしょうか・・・

    現在も同じ現状にある地域に、この話のようなことはありえないことかもしれません

    おじいが城の役人に対し「おまえらにようはない」と突き放した気もち・・・
    同じような憤りが、今の私たちにもありませんか?
    いったい誰が一番苦しんでいるのか・・・・

    一日も早い復興を願わずにはいれれません

    掲載日:2011/06/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 田島征彦さんの生き方?

    村の人に何を言われても絵を描き続けるおじい。
    おじいの描く絵は見る人を感動させる。
    権力に動じることなく自分の道を貫いていく。
    田島さんはこの主人公に自分を重ねていると思いました。
    地震、津波の災害にも動じず、自分の描いたなまずを空に飛ばして、恵みの雨を降らせる。
    そして、村人たちと復興事業作業を行うのではなく、絵を描き続けるのです。
    これが田島さんの生き方なのでしょう。
    そう考えると、田島さんの作品の根底に流れているものが見えてきます。
    他の本に比べて、高学年に薦めたい絵本です。

    おじいの描く絵は生きているのですね。
    描いた七福神が、地震のさなかに慌てふためく様が楽しかった

    掲載日:2010/11/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵のすきなおじいが村をすくった

    絵が好きで 畑仕事もろくにしないおじいですが、おじいが子供にかいてあげた凧の絵を見ていると元気がでてくるのです
    若殿のために凧を描いて欲しいと侍が頼みに来るが・・・・・
    「まちの りっぱな 絵師にたのみなされと」追い払う(この下りは読んでいて さすがと思うのです)

    ある時 むらに 地震がおそい 津波がくると分かると みんなはいち早く山へ逃げた(親父さんの知恵) 

    津波の被害が 多いだけに さすがこのようにして身を守ったんだと思いました。
    むらの畑は海の水につかり 土がダメになる 自然の厳しさの中で生きていく村人の姿が いきいきと描かれていました、 ここでおじいは ふんどしに ナマズの絵を描くのです 

    子供たちは、このなまずの絵をもって 元気にかけまわります  不思議 不思議   天にのぼったなまずが 雨を降らせた・・・・

    村をすくった おじいのなまず!!

     村人はみんな 力を合わせて生きていたのですね

    おじいは 田島行彦氏をモデルにしたのではと思うのですが・・・・

    こどもたちにも よく分かるお話だと思います。

    お話会で読んであげたい絵本です 

    掲載日:2010/06/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 芸術は村人を救う。地震からも!

    • セルバさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子6歳、女の子5歳、男の子0歳

     絵ばかりかいている、おじい。そんなおじいのことを馬鹿にしていた村人は、ある日おじいの書いた凧の絵を見て、「剛毅な絵だ」と感じ入ります。そこからは、おじいの評価はうなぎ上り。
     絵がうまいとか、人よりすぐれたことがあることはとてもいいことです。
     
     そして、この絵本のすごいところは、途中で地震が起こる場面。地震が起きた瞬間、「海を見ろ」と。そして海の水が、沖の方まで引いているのを見て「みんな山へ逃げろ!!」と。

     地震国日本。絶対知っておかねばならないことです。地震のあとには津波がくるということを。この絵本で娘達は知りました。きっと田島さんの絵で忘れないと思います。

    掲載日:2010/02/07

    参考になりました
    感謝
    0

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『誰も知らない世界のことわざ』翻訳者・前田まゆみさんインタビュー

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.56)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット