おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン
原作: やなせ たかし 折り図・指導: 藤本 祐子 作画: やなせスタジオ  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
おじいちゃんもおばあちゃんもみんなでおってあそぼ!

ほらいしころがおっこちたよ、ね、わすれようよ」 みんなの声

ほらいしころがおっこちたよ、ね、わすれようよ 作・絵:田島 征三
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\2,200+税
発行日:1980年
ISBN:9784039641304
評価スコア 3.6
評価ランキング 31,233
みんなの声 総数 4
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 失敗したときに…

    • あみむさん
    • 40代
    • ママ
    • 千葉県
    • 男の子13歳

    毎日楽しいこと、うまくいくことばかりじゃないので、
    失敗したとき、落ち込んだ時に、
    こんな風に切り替えができるおまじないのような言葉があるって
    いいな〜と思いました。

    ただ、点を辛くしちゃったのは、私は読み聞かせ用に点数をつけて
    いるためです。
    絵を見てわかるように、文章で表現してないところがあるのですが、
    絵自体がアートすぎて、ちょっとぱっとはわかりにくくって、
    読み聞かせだとついてこれない子がいるだろうな〜と思ったためです。
    どちらかというと、大人が読みたい本だな〜、と私は思いました。

    掲載日:2013/11/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵も文も絶妙です

    天気が良くて、やる気満々で起きたおじいさん。
    それなのにやることなすこと失敗ばかり。
    おばあさんにとっては大迷惑だけど…。
    おじいさんの考えたおまじないと、おばあさんの広い心。
    ドタバタが繰り返された末に、最後に落胆しきったおじいさん。
    今度はおばあさんがおまじないをしてあげました。
    老夫婦の軽妙な掛け合いになんとなく気持ちが洗われます。

    それを後押しするのが、田島さんの絵。
    なんだこりゃ〜。
    文章だけを読むと、妙に納得するようなお話しだけど、理屈で考えさせてくれません。
    なにせはじけきって、爆発しています。
    文章と絵を関連づけるのは、連想の世界。

    読み終えて、「それでいいのだ」と思いました。
    田島さんの世界に感服です。

    掲載日:2009/11/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • おばあさんは美しい

    ちょっとヘンテコなおはなしです。

    石を転がして、嫌なことを忘れてまたがんばろうとするのですが、イヌも歩けば棒にあたる・・・おじいさんが働けば、事件が起こる・・・
    気の毒になるくらい、アンラッキーが訪れます。
    それでも、めげないおじいさんと、それをささえるおばあさん。

    とくに、おばあさんが、気持ちとは裏腹におじいさんを励まそうとしている姿は、美学です。

    でも、少し難しいお話と、抽象的な絵に、子供はついてこれないようでした。

    掲載日:2007/03/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 気持ちをリセット。

    • 西の魔女さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子13歳、男の子9歳

    何をやっても失敗ばかりのおじいさん。
    とても天気の良いある朝 今日は何だか全てが上手くいくような気がして…
    でもやっぱり失敗ばかり。
    失敗するたびに 何かを手に取り地面に落として
    気持ちをリセット。

    落ち込んだ時 こうして自分できっかけを作って
    気持ちを立て直すのも 悪くないな…と思いました。

    何度気持ちをリセットしても 失敗が続くおじいさんは
    とうとう何をする気持ちもなくなり 
    ベッドの上に転がってましいました。
    すると 今度は おばあさんがほうきを手に取り
    「ほら おっこちるよ。みんなわすれましょうね。」
    と言ってくれるのです。

    頑張っても頑張っても上手くいかない時
    こんな風にカラッと言ってくれる人がそばに居てくれたら
    また前に進む気持ちになれるかもしれませんね。

    絵が抽象的というのか概念的というのか…
    子供には理解するのが難しいようでした。
    最後の場面で おばあさんがほうきを持って
    ニコニコ笑っている絵だけは はっきりと分かったようで
    ホッとした感じで読み終えていました。

    気持ちをリセットする1つの方法として 試してみようと思いました(笑)

    掲載日:2006/10/19

    参考になりました
    感謝
    0

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ / めっきらもっきらどおんどん / もこ もこもこ / くだもの / おこだでませんように

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『キッズペディア 地球館 生命の星のひみつ』 編集者 秋窪俊郎さんインタビュー

みんなの声(4人)

絵本の評価(3.6)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット