だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

みのりちゃんのみんなでごはん」 みんなの声

みのりちゃんのみんなでごはん 作・絵:佐藤 忠志/河口 将和/バンダイナムコゲームス
出版社:トランスビュー
本体価格:\1,500+税
発行日:2006年11月
ISBN:9784901510448
評価スコア 4.17
評価ランキング 16,696
みんなの声 総数 5
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 大切なこと

    主人公のみのりちゃんがおさんぽをしていると、いろいろな動物たちの食事に出会います。
    動物たちが食べているものはその動物によって違うのですが、共通しているのはパパ・ママ・子どもたちがみんな一緒に食べているところ!
    家族みんなで食事をすることの大切さが自然と伝わってくる絵本です。
    つい忙しくて子どもたちが食事をしている間、家事などでバタバタしていた私。反省です。
    大人である私が勉強になった絵本でした。

    掲載日:2015/03/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 色々なごはん

    このお話は、主人公の女の子のみのりちゃんが色々な動物のご飯を見て回るお話でした。いろいろな動物のご飯が出て来て、それがみんな特徴があってうちの子はそこが分かって面白かったって言っていました。最後にはみのりちゃんもおいしいお母さんのご飯をおいしそうに食べていましたよ!!

    掲載日:2014/11/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • かわいいですね

    “おなかペコペコかえりみち”っていう繰り返しが楽しくて
    帰り道に色んな動物さんに出会うのが楽しいですね。
    でも帰り道に・・・ライオンさんに会う設定って一体みのりちゃんったらどんなところに住んでるの?・・・と私的にはツボでしたが(^m^)
    娘は狩に失敗したライオンさんのページで笑ってました。
    お父さんと一緒にとって来たもので
    晩御飯が出来上がるっていうところがイイですね。
    コロコロとしたキャラクターのみのりちゃんがかわいいし
    癒されますね。

    掲載日:2009/02/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • リズムのいい繰り返し言葉♪

    みのりちゃんは、おでかけが大好きなのかな?
    小さなポシェットを下げてブラブラ〜
    おなかぺこぺこになってきてところで・・・
    動物たちの食卓を微笑ましい様子で観察?
    その時の動物たちの歯ごたえのいい食感を表すような
    噛む音が、とってもリズミカルな繰り返し言葉で
    読む私も、聞き手の子どもたちも楽しくなっちゃう。
    子どもたちは「どうぶつさんたちが変わると、噛む音も違ってくるね!」
    新発見もありました♪

    また、どの動物がどんな物を食べてるのかも
    お勉強になりますね。
    もちろん、私はみのりちゃんちのご飯のメニューが気になりました。
    自然の恵みをいっぱい頂いたみのりちゃんちのご飯も
    どれもおいしそう!それに、家族揃って食べるから楽しくって
    一段と美味しくなっちゃうね☆〜(ゝ。∂)
    我が家も、そろそろ夕食の準備始めなくちゃ〜
    今夜はどんなご飯食べようかな??
    子どもたちと、メニューを考えたりしながら読みました。

    ところで、このみのりちゃん、どこかで見たことのある
    顔だな〜?って息子が読んでる間、ず〜っと言ってるんです。
    読み終えて、席を立ったときに子どもたちとわたしとで気が付きました!!
    “うなずきんちゃん”のお顔にそっくりですね♪
    余談でした♪

    掲載日:2007/03/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 4才の女の子が大好きです

    • ロックさん
    • 20代
    • その他の方
    • 東京都

    書店で、クリスマスっぽい赤い表紙が可愛かったので買いました。
    姪っ子(4才)にプレゼントしたら、大好評。
    リズミカルで優しい文章が楽しいらしくて、体をはずませながら聞いています。
    動物達が食べているものを指でつまんで口にもっていき、モグモグと食べるマネもしています。
    ごっこ遊びが盛んな年頃の子にはとってもよいですね。
    見てるだけで、ポカポカするような暖かい絵なので、プレゼントには最適だと思います。

    掲載日:2006/12/05

    参考になりました
    感謝
    0

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



「11ぴきのねこ」シリーズ こぐま社相談役 佐藤英和さんインタビュー

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.17)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット