大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくりの試し読みができます!
作: 青山 邦彦 監修: 北川 央  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
巨大な城が建ち上がっていく様子を精緻な絵で楽しむ一冊!

宇宙 そのひろがりをしろう」 みんなの声

宇宙 そのひろがりをしろう 作・絵:加古 里子
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:1978年
ISBN:9784834007367
評価スコア 4.44
評価ランキング 7,732
みんなの声 総数 8
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 始まりは「ノミのジャンプ」

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子21歳、女の子16歳

    加古さんの科学絵本です。
    こういう知識の作品を書くときの加古さんの情報量は半端ありません。
    読み聞かせで紹介できるかな?と思って時間を計ってみましたが、25分を過ぎたところで、まだ1/3残ったので、読み聞かせはあきらめました。

    「ノミ」のジャンプの話からはじまるのですが、これがちゃんと宇宙の話へつながっていくから面白いです。
    人がどういう知恵と努力を重ねて宇宙へ出ることができたのか、星がどんなものなのか、宇宙の広がりはどういう構成になっているのかとか、
    こういう風に説明してもらえると、すごくスーッと頭に入ってきます。
    高学年以上のお子さんたちにはぜひ、作者のあとがきの開設まで目を通してもらいたいです。
    加古さんがどんな風にこの作品を作ってきたかや、本文では語り切れなかった解説がついていて、さらに深くいろいろ知ることができます。
    宇宙そのものだけでなく、科学的なこと物理的なことに興味のある人はぜひ、読んでもらいたいな〜と、思います。

    掲載日:2016/11/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 夢が広がる

    読めば読むほど、気が遠くなりました(笑)
    たとえこの先、光の速さの壁を越えても、光の速さで何億年?
    …どう考えても、絶対に届かない世界だなって。

    でも、届かない世界だからこそ、想像が膨らみ、夢が広がります。
    その向こうには何があるんだろう…どうなっているんだろうって。

    宇宙の広大さもさることながら、さまざまなものの速さや高さの比較など、かなり見ごたえがあり、楽しく見ることができました!

    何より素晴らしいのは、これほど、専門的で緻密に描かれているにもかかわらず、子どもたちに解りやすく、楽しく仕上がっていることです。
    娘も、かこさんの科学絵本大好きです。

    今は、届かない世界への第一歩。
    ワクワクする一冊でした。

    掲載日:2016/08/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 広い宇宙

    宇宙について、真正面から取り組んだのだなと思いました。
    夢物語のファンタジーではなく、現実的に数字を用いて書かれていました。
    かなりボリュームのある内容なので、大きい子向けかと思います。
    金環日食で、宇宙に目覚めた方も多いでしょうから、この本が参考になりそうですね。

    掲載日:2012/06/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • ’ひろがり’がよく分かる!

    • ゆりんごんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子7歳、女の子4歳

    小2の息子に買いました。宇宙のスケールに興味をもっていたので、ちょうどいいと思い、選びました。
    虫のジャンプする高さから始まり、飛行機やロケットの速度や高度、そして太陽系や銀河へと、その’ひろがり’が本当に良くかかれています。本文は全てひらがなとカタカナ。それでも’おんそく’や’エックスせん’など内容はかなり専門的なことにも及びます。息子も今はまだすべてを理解はしていないでしょうが、長く読み続けられる一冊だと思います。

    掲載日:2012/02/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 好奇心をそそられる絵本!!

    5歳の息子が加古里子さんの『地球』『海』が好きで「『宇宙』もほしい」と言われプレゼントしたのですが
    『宇宙』はこの3冊の中でも断トツ難しく「ながすぎる〜」と、興味が失せてしまいました。

    けれど、息子に読みながら、私はこの絵本はすごいなと思いました。
    導入の仕方がとても具体的で、自然と宇宙の話に繋がっていきます。
    内容は少し古いですが、まだまだ色あせていません。

    文章もとてもわかりやすく、図鑑にはない「前後の繋がり」がこの絵本にはあります。

    大人が読んでも読みごたえがかなりあります。
    宇宙の広さを読みながら感じました。

    まだまだわからないことがたくさんあるので
    将来そうしたことを将来研究する人に
    この絵本を読んでいる子供たちがなってくれたらいいなという
    加古里子さんのメッセージも伝わってきます。

    息子にはまだ早かったですが、息子がまたこの絵本に興味を示した時
    長いけれど、一緒に読みたいなと思いました。

    この絵本を楽しめる時がくるのが今から楽しみです。

    掲載日:2011/12/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • ひろがる世界

    • きゃべつさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子9歳、男の子6歳

    「はやぶさ」の帰還などもあり、宇宙に興味を持った息子が借りてきました。

    のみからはじまり、人間のことへとつながり、大きな宇宙の話へとつながる展開に、
    イメージが大きく膨らみました。想像力をかきたてる構成だと思いました。

    途中、人間の世界のことは情報が古くなってしまっていますが
    宇宙の記述は今も変わらないのですよね。。。
    宇宙への興味をもったお子さんの入門書にちょうどいいと思います。

    各ページに、虫の速度や鳥の飛ぶ力の比較があり
    宇宙以外にも色々と勉強になりました。

    掲載日:2010/08/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 本当の絵本

    かこさとし さんが好きなので購入。
    子供は1歳なので、自分用に買いました。
    手で書かれてあるっていうのは迫力があって
    味があっていいとおもいます。

    写真やCGで描かれたものとは違い、
    すごくいい。おすすめです。
    子供とか大人とか垣根がないのが
    本当の絵本だと思います。

    他のシリーズも揃えたいです。

    掲載日:2010/07/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 広がっていく世界

    • はしのさん
    • 40代
    • パパ
    • 神奈川県
    • 男の子11歳、女の子9歳

    身近な虫の話から、宇宙の果てまで、どんどん世界が広がっていきます。いろいろな数字が表記されていて、それが世界を広げるための手がかりになっています。想像力を働かせることによって世界はどんどんひろがっていきます。
    宇宙に興味を持ち始めた小学生中高学年に適した本です。

    掲載日:2006/10/26

    参考になりました
    感謝
    0

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

こんとあき / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / バムとケロのおかいもの / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『ことわざ生活 あっち篇 こっち篇』<br>ヨシタケシンスケさんインタビュー

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.44)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット