ねずみくんのクリスマス ねずみくんのクリスマス
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
小さなクリスマスツリーをわらわれたねみちゃん。でも、ねみちゃんのツリーは、本当は大きなあるもののかざりだったのです。
ラムネ色さん 60代・じいじ・ばあば

みんながねみちゃんに贈ったツリー
ちいさいのから、大きいものまで、クリス…

ペニーさんと動物家族」 みんなの声

ペニーさんと動物家族 作・絵:マリー・ホール・エッツ
訳:松岡 享子
出版社:徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:1998年
ISBN:9784198609313
評価スコア 4.6
評価ランキング 3,292
みんなの声 総数 4
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 動物か族の大逆転

    前作『ペニーさんで培われた動物か族の思いやりが、とんでもないドタバタを引き起こしました。
    ペニーさんのこと、自分たちのこと、観覧車に乗りたいという夢に、自分たちが参加しようとしていで農業祭で、ヤギのスプロップとオンドリのドゥーディが決まりを破って事件を巻き起こします。
    でも、参加予定のなかったウマのリンピーが大活躍。
    夢を実現できました。
    理解のある会長さんで良かったね。
    動物家族のリーダー格のリンピーのおっとりした兄貴肌が印象的でした。

    掲載日:2014/09/03

    参考になりました
    感謝
    1
  • シリーズの続編なのに、本の作りが違う?

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子16歳、女の子11歳

    「ペニーさん」の続編です。出版社も同じ徳間書店ですが、本の閉じ方が左右逆になっていますし、「ペニーさん」では横長の絵本でしたが、「ペニーさんと動物家族」では縦長の絵本になっています。
    これは、原作が「観覧車」を意識した作りだったのでしょうか?それとも、理由などなくたただなんとなく違ってしまったのでしょうか?
    同じシリーズなのに、閉じ方が左右逆というのも、珍しいことで、なんだかとても気になりました。

    今度も動物たち特に雄鶏のドゥティーとヤギのスプロップが人騒ぎな騒動を起こします。
    で、続編のこちらは表紙絵でペニーさんと肩を組んでいる馬のリンピー
    が、みんなの(特にペニーさんの)窮地を助け、大活躍してくれます。

    前巻に比べると各ページの絵が増えたような気がします。
    鼻につくところもありますが、動物たちの自由奔放な性格が何とも笑えます。
    動物好きなお子さんなら4,5歳くらいから楽しめます。

    掲載日:2011/09/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 失敗したっていいさ

    • おるがんさん
    • 40代
    • ママ
    • 高知県
    • 女の子、男の子

    ペニーさんと動物たちが幸せに暮らしているので安心して読み始めました。
    農業祭に出品をするのですが、またまた、動物たちがとんでもないことをやらかします。
    でも、その失敗から一転、動物たちはスターになります。

    農業祭に行って、それぞれのオリに入っている時に、何か起きそうとわくわくします。
    そして、騒動が起きてしまい、思ったより最悪の事態になってしまいます。
    どうなるのだろうと、どんどんおはなしに引き込まれていきます。
    最後は、満足して読み終わることができます。

    量が多く子どもが1人では読めないかもしれません。
    でも、読み終わって心に残るおはなしです。
    ぜひ、大人が薦めてあげてほしいです。

    観覧車、あんな不安定ないすで怖くないのかなあ。
    動物たちの表情がとてもいいです。

    掲載日:2008/03/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 人生、失敗もあるさ

    • ホートンさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子6歳、女の子5歳

    『ペニーさん』の続編です。相変わらず、63ページと幼児向けにしてはかなり長いので、読むのは大変ですが、子供は喜んで聞いています。『ペニーさん』で動物たちが働くことを知ったおかげで、工場勤めをやめて専業農家になったペニーさん。野菜や動物を農業祭に出品します。「賞金がたくさんもらえたら観覧車に乗ろうな」と言ったおかげで、せっかちなヤギやあわてんぼうのオンドリが、農業祭の前夜に囲いを抜け出し、騒動を起こしたせいで、あわや参加禁止に……。出てくるのは動物たちですが、人間の子供にそっくりです。子供もよく先を急いで失敗して、取り返しのつかないことになったりしますよね。そうこうしているうちに、また良いことがあったりして。失敗して落ち込んでも、ケンカをしても、仲間がいるってすばらしいことです。ペニーさんは、振り回されてもひたすらやさしいおじいちゃん。いい味のキャラクターです。

    掲載日:2006/10/26

    参考になりました
    感謝
    0

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / わたしのワンピース / しろいうさぎとくろいうさぎ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。
  • こどものなかま
    こどものなかま
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    ペンギンのなかま、クジラのなかま、サイのなかま、なかまと出会い遊んだあとで、ぼくがみつけたのは…


『キッズペディア 地球館 生命の星のひみつ』 編集者 秋窪俊郎さんインタビュー

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.6)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット