しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

日本の材木 杉」 みんなの声

日本の材木 杉 作:ゆのきようこ
絵:阿部伸二
出版社:理論社 理論社の特集ページがあります!
本体価格:\1,800+税
発行日:2006年02月
ISBN:9784652040379
評価スコア 4.67
評価ランキング 1,957
みんなの声 総数 5
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 杉ツアーに参加してみて

    • てつじんこさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子7歳、男の子4歳

    一緒にツアーに参加してるような気分で楽しく杉について学べる絵本でした。ツアーに参加してる面々も個性的で面白いです。私は花粉症なので、杉に対してあまり良いイメージを持っていないのですが、家の柱になったり、酒樽になったり、私たちの生活には昔からなくてはならない木だったんですね。この本一冊読むと杉についてのいろんな知識を得ることができて、杉=迷惑な木というイメージが変わりました。
    花粉は嫌だけど、そのありがたさが理解できました。

    掲載日:2016/10/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 花粉症ですが杉の見方が変わりました。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子17歳、女の子13歳

    図書館の新刊コーナーでふと目に入って借りてきました。
    阿部伸二さんの表紙絵が「おっつ?」って、思わす絵だったんです。
    この作品は「気になる日本の木」シリーズの1冊です。
    出版社も面白いところに目をつけられたなと思いました。

    見た目的にもっと学習資料の辞典みたいな作りかと思ったのですが、
    ストーリー的な展開で進んでいく設定も、意外性があって面白かったです。
    私はかなりひどいスギ花粉症持ちなのですが、この本を読んで「杉」に対しての見方がちょっと変わりました。
    かなり昔から「杉の木」というのは日本人と切っても切れない関係だったんですね〜。
    小学校の高学年くらいからお薦めできますが、大人が読んでもじゅぶんためになるし、面白いです。
    特に私のような「スギ花粉症」の方々にお薦めしたいです。

    掲載日:2013/04/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 柾目と板目

    杉はすっきりした形で美しいなと思います。杉は、自然に生えていると思っていたのですが、いろいろ手入れがされていることがわかりました。
    柾目と板目の違いもよくわかりました。「おけ」や「たる」は柾目と板目の特性をいかしてできているんだなと感心しました。昔の人の知恵はすごいです。杉の木の製品をもっと使ってみたくなりました。

    細かい絵と案内役の杉子さんのお話が楽しかったです。

    掲載日:2008/04/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • たいせつな杉

    本を開くと、そこには招待状が!
    「杉発見の旅」への招待状なんだって。
    その旅への案内文の中には“一部の方にはご迷惑もかけています”
    そっか、毎年花粉症の患者さんは増えるばかりだって
    ニュースでも取り上げられてますね。
    ちょっぴりお茶目な招待状を受けて、さあ出発!!

    このツアーの中には杉の性質や利用法もたくさん紹介されていて
    改めて日本の大事な材木の風格たっぷり。
    その用途は時代をさかのぼったりして、昔から大事に使われてきた様子を感じます。

    現在では花粉症の話題が注目されてますが、
    杉の本来の役割を見ることができて、
    改めて杉の木の大切さを受け止めることができますね☆〜(ゝ。∂)

    掲載日:2007/04/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 杉のことが詳しく分かります

    • おるがんさん
    • 40代
    • ママ
    • 高知県
    • 女の子13歳、男の子11歳

    杉発見の旅に招待され、杉のさまざまなことを教えてくれます。
    招待状に、「一部の方にはごめいわくもおかけしています」と書かれていて、
    たしかに花粉症では、迷惑しています(笑)

    いろいろな時代の登場人物がでていて、その時代の用途を教えてくれたり、
    杉の性質、それを生かした使い方を教えてくれます。

    とても興味深く読める本です。

    掲載日:2006/10/26

    参考になりました
    感謝
    0

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • クリスマスのほし
    クリスマスのほし
     出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    クリスマスのプレゼントに!森の仲間たちとトナカイのトニーの素敵なクリスマスのおはなし。


宮部みゆきさん × 佐竹美保さん 対談インタビュー

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.67)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット