しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

ねむい ねむい おはなし」 みんなの声

ねむい ねむい おはなし 作・絵:ユリ・シュルヴィッツ
訳:さくま ゆみこ
出版社:あすなろ書房 あすなろ書房の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2006年09月
ISBN:9784751522882
評価スコア 4.34
評価ランキング 10,580
みんなの声 総数 28
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

28件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
  • ねむい ねむい よるが くると  
    お月さまも おうちも 木も みんな ねむい ねむい 
    うまいな〜 絵が表現するとはこの絵本のすごいところです
    はまりますね〜  ねむりに   いすも お皿まで眠る 表現を楽しんでいるように思えました
    と そこへ たのしいしらべが きこえてきた  
    たのしいしらべは みんなを起こすのですが・・・・・あら! おさらが足を滑らせて   ガチャン  あら?   われたのかしら?

    たのしいしらべは また小さくなって   
    このしらべは   なぜやってきたのかしら?
     
    ねむりの変化をつけに来たのかなあ?  夢の世界だったような?

    ねむりの世界に引き込まれてしまう絵本です 
    やっぱり ラストの おうちと お月さまと 木が寄り添って眠っている絵
    すきです!
    おやすみなさい   ふかいふかい ねむりにつきたい気分です
    ユリ・シュルウ”ッツさんは すごい感性の持ち主ですね!  
    この絵本  マイブックにしたいです

    掲載日:2017/04/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 眠りの世界

    眠りを誘うようなけだるい世界が印象的な絵本です。
    表紙から裏表紙まで、家具や食器や様々な物が眠っています。
    静寂な空間で、何が眠っているかを探していると、気持ちも安らいでくるような気がします。
    そんな夜の風景の中で、通りかかった騒音に、寝ていたものたちの眠りが邪魔されます。
    その時のリアクションが、また楽しいです。
    お皿は割れなくて良かったです。
    安心して、また眠りにつくものたちに、自分自身が眠りに誘われていました。

    掲載日:2016/01/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • おやすみ前の絵本に!

    夜のおやすみ前に読みたい絵本です!
    子供の寝かしつけの絵本としてもぴったりですね☆
    シュルヴィツの絵本が大好きな私は,眠そうなたくさんの物たちが愛らしく微笑ましく思いました。
    やっぱりいいですね,シュルヴィツの絵は!!

    掲載日:2015/09/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 眠りの入口

    家にも木にも、家の中の家具や食器にも顔があって、みんな今にも眠りそうな雰囲気です。こっちまでつられそう。

    全てが眠りについた…と思った瞬間、どこからか楽しい音楽が聴こえてきて、眠りかけていたモノたちは、踊り始めます。

    人間だけが気づかない。
    けれど、夢うつつで気配だけは感じ取っている。

    夢のような、現実のような、眠りの入口をお話にするとこんな感じかなって思いました。

    お話と一緒に夢の世界に落ちていきそう、そんな一冊です。

    掲載日:2015/07/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • ねむい。ねむい。

    『よあけ』や『ゆき』など、同じ作者の作品が好きなので興味を持ちました。
    表紙から眠い感じがとっても出てますが、ページを開くと、さらに深い眠りの世界が広がっています。
    途中、踊りの場面で楽しくなって、一度目がぱちっとなってしまうのですが、そこからまただんだんと眠り誘導される感じです。
    本当に上手い構成だわと、感心させられるほど、ねむくなる絵本です。

    掲載日:2015/02/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • ねむくなっちゃう

    おうちも犬もこどもも、お皿まで、み〜んなねむいねむい。
    やさしいタッチの絵と、ねむいねむいの連続に目がとろ〜んとしてきちゃいます。
    あの調べはどこから聞こえてくるのかな。
    この絵本の世界に包まれてまどろんでいたくなる。
    真っ昼間だけれども、読み終わった後に息子も一言「ねむくなっちゃったよ〜」。
    今度は夜、寝る前に読もう。
    ねむいねむいおうち。
    ねむいねむい○○くん。
    おかあさんもねむいねむい。
    zzz。

    掲載日:2014/03/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 心地よい眠りに誘われて

    ねむい ねむい ねむい ねむい と催眠術のように繰り返さる言葉。
    落ち着いた色彩。
    おやすみの1冊に最適な絵本です。

    7歳の娘にはさすがに効かないだろうと思いながら読んでみましたが、
    ほんわりと心地よい眠りに誘われて、娘だけでなく私までも眠くなってしまいました。さすがです。
    幼いころ、寝かしつけに苦労したので、もっと早くこの絵本に出会いたかったですね。

    掲載日:2013/12/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 皆寝てる絵本

    5歳長女に読みました。「ねむい ねむい おはなし」というタイトル通り、眠い眠いものたちがいっぱいでてくるお話です(笑)

    眠そうな椅子に、机に、お皿に、表紙のお家からですが。そこに音楽が流れて起きるもの達。お皿は踊っているし、楽しくなりますが、また音楽が消えていくと…。

    寝る前に読むのにおすすめのお話です。でも長女は絵を見てとても楽しんでいました。絵を見るのに集中して寝てくれないかな?

    掲載日:2013/11/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 素敵な夜!

    おやすみの絵本にと思い選びました。
    おうち、おつきさま、いす、テーブル、おさら、自分の身の回りの物や人がねむいねむい夜になると眠くなるのよ〜だから一緒におやすみしようね!!というお話。
    時計やポット、カーテン、本棚…全てが顔になっていて眠っている姿がとても可愛らしかったです。
    こんな素敵な夜に巡り会えたら楽しいでしょうね。

    掲載日:2013/05/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • ねむい!

    • 環菜さん
    • 20代
    • ママ
    • 宮崎県
    • 男の子5歳、男の子3歳

    とにかく「ねむい」がぎゅっと詰まった絵本です。
    夜、寝る前に読み聞かせしようと思って図書館で選んだのですが、途中、楽しい調べが聞こえてきて、みんな覚醒してしまったのには少々焦りました(笑)
    でも楽しい時間が終われば、またみんな眠い眠い・・・。
    最後は静かな夜に戻り、暗闇・静寂の中、眠りにつきます。
    一回盛り上げといて、落とすのが、ある意味テクニックなのかも!?なんて思っちゃいました(^^)
    寝る前にはオススメですよ〜

    掲載日:2012/02/28

    参考になりました
    感謝
    0

28件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • はりきりみかん
    はりきりみかんの試し読みができます!
    はりきりみかん
    作・絵:じゃんぼ かめ 出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    いつも元気なはりきり子どもみかん、こたつの中でたいへんなことに・・・!
  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。
  • つばめこうくう
    つばめこうくう
     出版社:佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!
    つばめの飛行機で、南の島へひとっとび! 乗り物好き・虫好き・旅行好きにおススメの楽しい絵本です。


世界じゅうで翻訳され、読み継がれているロングセラー

みんなの声(28人)

絵本の評価(4.34)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット