もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

5ひきの小オニがきめたこと」 みんなの声

5ひきの小オニがきめたこと 作・絵:サラ・ダイアー
訳:毛利 衛
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\1,700+税
発行日:2003年
ISBN:9784062120357
評価スコア 4.75
評価ランキング 732
みんなの声 総数 7
「5ひきの小オニがきめたこと」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 小おに達が教えてくれた事はなんでしょう

    • てんぐざるさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子12歳、女の子7歳

    邦訳を、科学者として日本人初の宇宙飛行士に選ばれた毛利衛さんが書いています。
    2001年のイギリス「スマーティーズ賞」銅メダル作品。で、作者はこの時大学2年生だったそうです。

    今、地球という星は人間たちが我が物顔で、好き勝手したおかげで、かなり危機的状況にあるといえます。
    そんな身勝手人間たちを小おにに例えたのでしょうか?

    地上に、5匹しかいない小おにたちは、神のような力を持っていて、それぞれに欲しいもの(月、太陽、空、大地、海)を自分だけの世界に閉じ込めてしまいます。
    ところが、自分だけのものにして小おにたちは、一つ一つはとても美しいものだけど、太陽があるから月が輝くとか、海の水があるから大地に草花が咲くとかいうことに、気付くのでした。
    そして、小おにたちが最後に取った行動は…?
    文章は短いけれど、本当に必要なことだけを言葉にしているような作品で、心にダイレクトに響いてきました。
    とてもいい絵本だと思います。

    掲載日:2007/08/22

    参考になりました
    感謝
    2
  • たいせつなこと

    • らずもねさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子2歳、男の子0歳

    5ひきの子オニが大切なことを気づかせてくれます
    明快にストーリーが進み、かつ
    何か押し付けるような教えがあるわけではないだけに
    自然の壮大さとありがたさをズンと心に感じることができます

    実にステキな夢のある絵本です

    掲載日:2011/06/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • ひとつだけではだめなんだ

    小オニたちが毎日みとれている美しい景色。
    小オニたちは、それぞれ一番好きなものを取ることに決めます。

    太陽、空、大地、月、海

    それぞれが、それぞれを大事にしているけれど…。
    やがて小オニたちは、大切なことに気づきます。

    「すべては、つながっているからこそ うつくしい」

    地球をそして宇宙ですら、自分達が中心なんだと錯覚しがちな人間達。
    自然の姿が一番美しい。
    そして人間は、自然に比べると本当にちいさなちいさな存在なんだな〜
    とも感じました。

    宇宙飛行士の毛利衛さんの「あとがき」も必見です☆

    掲載日:2011/05/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 小鬼たちが体感した地球

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子15歳、男の子13歳

    単純に鬼のお話かと思っていたら、壮大な、地球を体感できるお話でした。
    原っぱのカプセルに住む5ひきの小鬼たち。
    それぞれ、自分の好きな景色を自分の物にしますが、あることに気付いて・・・。
    月、太陽、空、大地、海。
    確かに独り占めしたくなります。
    でも、大きな間違いに気付き、元通りにした子鬼たちの賢明さに拍手ですね。
    訳者は、宇宙飛行士の毛利衛さん。
    毛利さん自身の体験がにじみ出ている訳文のような気がします。
    是非是非、毛利さんのあとがきも読んでほしいです。
    「自然はすべてつながっている」
    思わず納得できる展開でした。
    きっと子ども達も体感してくれると思います。

    掲載日:2009/01/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 美しい唯一の地球

    5匹の小オニは美しい景色が大好き。
    小オニたちはそれぞれ大好きなモノを
    一つずつ手に入れ、持ち帰り大事にしますが
    大切なコトに気がつきます。

    淡々とお話は進んでいきます。
    娘は5匹のオニが話し合っているページで
    解決法を叫んでいました。

    自分の都合で、勝手をしていると
    バランスを崩してしまうんでしょうね。
    私たちの住む美しい地球を守るために
    人はどうしたらいいのかな。
    町とか国とか小さな区切りでなく、
    一つの星(地球)を大切にすることを考えさせられます。
    子供に読んであげた後は、あとがきを忘れずに読んで下さい。

    赤オニが主人公ですが、
    怖い印象はまったく受けませんでした。

    掲載日:2007/12/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 考えさせます

    • 風の秋桜さん
    • 40代
    • その他の方
    • 埼玉県
    • 男の子15歳、男の子13歳

    宇宙飛行士の毛利守さんが訳者ということで
    是非読んでみたいと思いました

    絵はとても個性的でシンプル、お話も短いし
    赤ちゃん向きかなと思いきや
    奥の深い深い内容でした

    小学生なら少しは感じ取ってくれそうです
    地球を守る人間の一人として
    親子での読み聞かせも推進してもらいたいです

    掲載日:2007/09/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 「自然はすべてつながっている」

    • 西の魔女さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子13歳、男の子9歳

    人間の欲が 
    色んな意味で地球を痛めつけているのだ…と
    思わずにはいられませんでした。
    小オニたちの行動が 今までの人間の姿に重なって見えます。
    そろそろ本当に危機感を持って生活していかないと 
    大変な事になるぞ…と
    警鐘を鳴らしているかのようなお話でした。 

    「自然はすべてつながっている」
    これはこの絵本の訳を手がけた毛利衛さんが
    後書きにつけているタイトルです。
    この絵本のテーマは この言葉に尽きます。
    そして…この後書きがすっごく良いです!
    宇宙飛行士として 
    宇宙から地球を見た経験のある毛利さんの言葉…
    是非多くの方にも読んでみて欲しいと思いました。

    掲載日:2007/05/05

    参考になりました
    感謝
    0

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • こどものなかま
    こどものなかま
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    ペンギンのなかま、クジラのなかま、サイのなかま、なかまと出会い遊んだあとで、ぼくがみつけたのは…


きらいがいっぱい、きらいって楽しい!

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.75)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット