ねずみくんのクリスマス ねずみくんのクリスマス
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
小さなクリスマスツリーをわらわれたねみちゃん。でも、ねみちゃんのツリーは、本当は大きなあるもののかざりだったのです。
morimoriさん 30代・ママ

クリスマスにぴったり^^
小さなねずみのねみちゃんがみんなのため…

しんすけくん」 みんなの声

しんすけくん 作:谷川 俊太郎
絵:大久保千広
出版社:サンリード
本体価格:\980+税
発行日:1981年
ISBN:9784914985196
評価スコア 4.33
評価ランキング 11,025
みんなの声 総数 2
「しんすけくん」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 対比が面白いです

    • きゃべつさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子11歳、男の子8歳

    読み聞かせの講座で紹介されて初めて知りました。
    写真絵本です。右ページと左ページの対比がすごく面白いです。

    最初のページは地球の写真と僕のおへそ、他のページでは僕のうんちとお弁当 はたまた電気がまと電気メーターなど
    ちょっとずつだけつながりのあるものが、並んでいます。

    谷川さんの文章も、粋な感じでいいですね。
    帯の井上ひさしさんの紹介通り「これは少年の身の回りの図鑑である」
    その通りだと思います。
    小学生の頭のなかってこんな感じなのかなーと大人の私も感心しました。

    掲載日:2012/11/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • いかす写真絵本

    • ちうやかなさん
    • 40代
    • ママ
    • 北海道
    • 男の子11歳、男の子8歳

    「しんすけくん」が自分ををあらゆる角度から写真で紹介するという絵本。
    「おへそ」や「おとといのうんこ」から「きょうのべんとうのカロリー」も。
    よく読むと、ただ羅列しているのではないことがわかります。
    例えば、「うんこ」の次が「おとといのべんとう」で、
    次にそのごはんを炊いたであろう「でんきがま」。
    次は「うちのでんきめーたー」、「でんききかんしゃ」という具合。
    「ぼくのうまれたひのしんぶん」の次は「ぼくのうちのおはか」だったりするのですね。
    「おとうさん」の紹介で、「かいしゃでなにをしているのかぼくはしらない」とある次のページに、
    生まれた日の新聞記事の1面がそのまま載っています。
    お父さんはこの新聞社の記者なのか?
    はたまたこの1面のどこかに暗号?かなにかが書いてあるのか?と勘ぐり、
    細かい字を読んでみようかなと思っています。

    掲載日:2006/10/29

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


子どもたちの英語学習や読み聞かせに最適

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット