なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子の試し読みができます!
作: 松岡 享子 絵: 大社 玲子  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
創刊40年!世代を越えて愛され続ける、不朽の名作です!読み聞かせは4歳から、一人読みは6歳から
おはなばたけちゃん。さん 40代・ママ

すこしハラハラしながら・・
4歳になって再び読んでみました。 以…

まめとすみとわら」 みんなの声

まめとすみとわら 作・絵:つるた ようこ
出版社:アスラン書房
本体価格:\760+税
発行日:2002年
ISBN:9784900656611
評価スコア 4.17
評価ランキング 16,695
みんなの声 総数 5
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 紙版画がとってもいい感じ。

    • 西の魔女さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子13歳、男の子9歳

    小3の息子が 今 図工の授業でで紙版画をしています。
    興味や理解が深まればいいなぁと思い
    紙版画で描かれた絵本を探していて出合いました。
    豆が洗われている場面は 
    水とざると豆の3色しか使われていないのに
    紙の選び方と絵の具ののせ方で
    とっても良い具合です。
    他にも 流れる川や炭・わら・着物なども とってもいい感じです。
    お話は(どうして豆の頭には黒い筋がはいっているのか)を
    昔話のように語る内容です。
    どうして…の答えは 読んでのお楽しみにしておきますね☆

    掲載日:2007/02/21

    参考になりました
    感謝
    1
  • お伊勢参り

    豆が頭のところに黒い訳がわかって物知りになった気分の私です。なんだか、おはりこさんが黒糸で縫ったというのが笑えました。泣いている豆に早く治してあげたい思いが伝わってきました。豆は仲間と一緒にお伊勢参りに行ったのに笑っていて助けないのがちょっと合点がいかなかったのですが、笑い転げて体が裂けてしまったのですから罰があたったのでしょう・・・・・笑い顔から泣き顔の変化が面白かったです。お伊勢参りも行きたくなりました。孫とおかげ横丁に行ったのを思い出して喜んでいる私です。

    掲載日:2011/06/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • な〜るほど

    豆と炭とわら。いったいこの組み合わせは何なんだ?が第一印象。
    どういう展開になるのか、どういうつながりでこの3組なのか、なんとも不思議。
    でも、これ、読んでみると、「にんじんさんが赤いわけ」の豆バージョンなんですね。
    豆にはなぜ黒いふちがついているのか、この絵本を見るとわかります。
    「わら」とか「ろばた」とか「おいせまいり」とか昔話にありがちな、ちょっと今の小さい子には難解な言葉はあるけれど、お話としてはとてもすっきりしていて楽しかった。

    小学校1年生の読み聞かせでも読みました。
    「おはりこさんに黒い糸で縫ってもらったから、豆のふちは黒いんだって。」
    というと、
    「それじゃー、豆一個一個ぜんぶ手で縫ったの?」
    という質問が出て、笑えました。

    掲載日:2011/02/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • そういうことでしたか・・

    まめとすみとわらがひょんなことから出会いお伊勢参りに行きます。最初は仲良く行っていたのですが、川を渡る時になり・・。私としては意外な展開でしたが、こんな理由で黒い線があるのだと息子と二人感心していました。人のことを笑うとこんなことになるんだよと教える機会にもなりました。

    掲載日:2007/01/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • そらまめの、口が黒いわけ

    • おるがんさん
    • 40代
    • ママ
    • 高知県
    • 女の子13歳、男の子11歳

    このように、○○が〜なわけというお話がよくあります。

    最近の子どもたちは、現実的な子が多く、このようなおはなしを、「ありえない」と
    言う子が多いです。
    メルヘンの世界を理解できないのは、とても寂しいことです。
    小さい頃から、おはなしの世界に浸っていれば、メルヘンの世界が分かるようです。
    もっと、昔話や民話を子どもたちに読んでもらいたいです。

    掲載日:2006/10/29

    参考になりました
    感謝
    0

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

こんとあき / からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの / よるくま

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『illuminature(イルミネイチャー)』 編集者 竹下純子さんインタビュー

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.17)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット