ねずみくんのクリスマス ねずみくんのクリスマス
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
小さなクリスマスツリーをわらわれたねみちゃん。でも、ねみちゃんのツリーは、本当は大きなあるもののかざりだったのです。
ラムネ色さん 60代・じいじ・ばあば

みんながねみちゃんに贈ったツリー
ちいさいのから、大きいものまで、クリス…

きんのねこ」 みんなの声

きんのねこ 作:八百板 洋子
絵:平子真理
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\390+税
発行日:2006年11月
評価スコア 4.61
評価ランキング 3,030
みんなの声 総数 22
「きんのねこ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

22件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
  • いい例と悪い例

    ベラルーシの昔話とかいてありました。

    金の魚と似たお話です。

    自然に感謝し、つつましく生活している老夫婦の

    お話です。

    十分生活ができているのに、まだ欲をかく。

    これがどんな結果をまねくのか、身にしみるほど

    つたわりました。

    最低限の生活ができている以上、あれこれ

    望むのは、欲張りなのかな・・と少し思いました。

    掲載日:2014/10/07

    参考になりました
    感謝
    2
  • 足るを知る

    「足るを知る」とは、欲を出さず、自分に必要なものだけで満足していくあり方です。欲を出さず、日常生活を大事にしていきたいと思わせてくれる本です。子どもの時に、こういう絵本に出会っておくといいなと思いました。

    掲載日:2007/05/26

    参考になりました
    感謝
    2
  • よくばりはいけません

    むかし、おじいさんとおばあさんが、しらかばの森のそばでなかよくくらしていました。その年は寒くて、小麦も野菜もほんの少しかとれませんでした。最後のパンを分け合って食べ終わった時、おばあさんがいいました。
    「もう食べるパンがありません。しらかばの木を切って、売って、パンを作る粉を買いましょう。」
    おじいさんが、翌日、しらかばの木を切ろうとした時、一匹の金のねこが現れたのです。しらかばの木を切らないでと頼み、そのかわりに欲しいものをあげるからと言うのです。
    家に帰ると、なんとパンを作る粉があったのです。
    ふたりの欲しいものはほんの小さなことばかりでした。それをきいた隣のよくばりなふたり…
    金のねこが出してくれたものは…
    正直に生きて、つつましく生きた方が良いとのことのようです。
    気になるのは、この金のねこの正体。背筋をぴんと伸ばして立っている表紙の絵からして、ただ者ではなさそうです。

    掲載日:2015/02/05

    参考になりました
    感謝
    1
  • ベラルーシのお国柄

    ベラルーシはロシアやポーランドが近隣にある国です  その国の昔話です
    貧しく明日の食べ物もない暮らしのおじいさんとおばあさん
    ある時 白樺を切って お金にして小麦を買うと出かけたおじいさんは 
    きんのねこにであいます
    白樺を切らないでほしい 変わりになんでも 願いを叶えてくれるのです
    すっとたったきんのねこは一体何者でしょう?

    欲のないおじいさん おばあさんに願いを叶えたきんのねこが 欲張りのとなりの屋敷の夫婦には 罰を与えるのです

    このようなお話しは どこの国にも良くあるお話しです

    人間は どう生きるのが良いのか 欲張らずに まじめに生きる
    優しさに こたえてくれた きんのねこ  
    神様の使いでしょうか?

    掲載日:2013/09/17

    参考になりました
    感謝
    1
  • 必要なだけ

     貧しくても、必要なものだけで満足する、おじいさんとおばあさん。お金持ちでも、気持ちに余裕がない、おやしきのだんなとおくさん。このようなお話は、日本むかし話にもあるなと思いました。わかりやすい教訓は、どこにでも伝わっているんですね。

     赤い刺繍は、ベラルーシの民族衣装なのでしょうか。刺繍の模様もていねいに描かれていておもしろかったです。
     表紙の、すっくと立っているネコには、不思議な強さを感じます。

     すみずみまでていねいに描かれた絵は、見応えがありました

    掲載日:2012/10/15

    参考になりました
    感謝
    1
  • 慎ましい

    子供が、すっかり気に入って「買ってちょうだい」とお願いされたくらいです。
    でも、在庫があるかな・・・
    図書館から借りてきて3日目の今では、自分ですらすら読んでいます。

    お話は、日本の昔話でもあるような、正直で貧乏なおじいさんと、欲張りでお金持ちの男の人が登場します。
    おじいさん・おばあさんの控えめなお願いには、本当に感心してしまいました。

    子供は、この本で「つつましい」という言葉を覚えました。

    掲載日:2011/11/24

    参考になりました
    感謝
    1
  • 3度のお願い

    3度のお願いに少し「またなの?」と、思ってしまった私ですが、3度

    とも自分達に必要な物しか要求しない老夫婦に納得でした。

    3度目には、「今度は、いったい何がほしいのですか?」と、金のねこ

    の言い方にちょっと傷ついてしまう(?)・・・・・

    やっぱり、おじいさんの台詞「金のねこよ、度々すまないが もう こ

    れっきりにするよ。おばあさんが、キャベツを欲しいって言うんだ」

    の、すまなそうな気持ちにやっと納得できた私でした。

    本当に必要な物しか要求しなかった老夫婦に学ばなければいけないと

    思いました。私なら、隣の強欲な・・・・・とても反省する私です。

    掲載日:2010/03/27

    参考になりました
    感謝
    1
  • 立ち姿の美しい猫

    • びえんさん
    • 40代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子7歳、女の子4歳

    バラルーシの昔話だそうです。
    表紙の立ち姿の美しいねこに魅かれて、図書館で借りてきました。

    内容は「欲張ってはいけない、必要なものを知る。」という教えのお話です。
    まずしいおじいさんとおばあさんが明日のパンもなくなって
    粉を買うために森の白樺を切ろうとする。するときんいろのねこが
    現れて、「どうかきらないで。お礼にどんな願い事でもかなえます。」と。
    昔話にありそうな展開でお話がすすみますが、ほのぼのとした絵のタッチと、白樺を切ろうとするときのおじいさんの姿の迫力とのギャップで
    どんどん引き込まれます。

    小学校の読み聞かせにもよさそうだなと思いました。

    掲載日:2009/03/10

    参考になりました
    感謝
    1
  • つつましく欲のない人

    • けいご!さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子9歳、男の子5歳

    娘が私よりも先に読み、「いいお話だったよ。この話、好きだな。」と一言。なるほど、そういったわけがわかります。

    金色の猫は、食べるものに困ったおじいさんをみて、優しさを配ります。そして、おじいさんも、そのことから欲張りにならず、必要最低限のものをほしいがために、白樺の木を切ろうとやってくるのです。

    つつましく欲のない人という言葉が本の中にでてきます。このような人こそ、心が幸せになれるのだなあと、しみじみ思いました。
    与えられたものに感謝し、多くは望まないおじいさんとおばあさんに、神様はきんのねこを送って、幸せを与えたのだと思いました。

    生活するうえで、一つの教訓を得たような、そんな気がするのでした。

    掲載日:2008/08/17

    参考になりました
    感謝
    1
  • 東西を問わず

    ベラルーシのお話を読むのは初めてのことですが、民族的には、夫の祖国に非常に近い国のお話で、興味深く読みました。うちでは、ちょうど数日前に、おなじく「こどものとも」の「こしおれすずめ」という日本の昔話を読んだばかりでしたので、正直者のおばあさん(「きんのねこ」のほうは老夫婦)と、欲張りないじわるばあさん(隣の夫婦)という設定と、その結末の対比がおもしろく、東西を問わず、世界中で似通った話が語り継がれていることに、昔話のすばらしさを再認識する思いでした。昔話のよさというのは、子どもの心にもストレートに伝わるところだと思います。娘も、この本を読んで、「欲張り」という言葉と、その意味も知り、いつも娘に対して、「自分からプレゼントをほしいと求めたり、何かもらっても、こんなものつまらない、とか、もっとほしい、なんて言わないで、どんなものでも、うれしいな、ありがとう、という気持ちで、大切にするんだよ」と言っていることとつながったようで、私がくどくどと口をすっぱくして言うよりもインパクトがあったみたいでした!お話の最後に、「もっと大きなお屋敷をくれ」と求めた欲張り夫婦の家が消え、粗末な小屋になってしまうのですが、娘は、「こしおれすずめずめ」のラストシーンと結び付けたのか、「欲張りな人は、シロアリさんがいっぱい来て、おうちも食べちゃうよね!」と言ったのには、笑ってしまいました。

    掲載日:2008/07/28

    参考になりました
    感謝
    1

22件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『illuminature(イルミネイチャー)』 編集者 竹下純子さんインタビュー

みんなの声(22人)

絵本の評価(4.61)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット