ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

「くりじぃじとうにばぁば」 みんなの声

くりじぃじとうにばぁば 作:MAJODE
出版社:(不明)
本体価格:\0+税
評価スコア 3
評価ランキング 0
みんなの声 総数 1
「くりじぃじとうにばぁば」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 親子で???でした

    • YUKKOさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子8歳、女の子6歳、女の子3歳

    栗とウニの外観が似ているところに着眼して作られた作品なのでしょうか?
    内容自体も…面白さも分かりませんでした。
    子供達も「???」という感じだったようです。

    ハンディサイズの絵本なのに、4コマ漫画風のページもあり
    こまごまと手書きの吹き出しも多くて読みにくかったです。
    また ヘビが出てくる場面では、普通に『ヘビたちは木につかまり…』
    と書けばいいと思うのですが、なぜか『かんとりぃ・ヘビたちは…』となっていて
    子供達に「かんとりぃ・ヘビって何?」と聞かれて困ってしまいました。
    かんとりぃ・ヘビの【かんとりぃ】って、英語の country のことでしょうか?
    イラストからは特に田舎っぽいヘビだという印象は受けないのですが!?

    ペンネームも、もちろん好きな名前をつけていいとは思うのですが
    なぜ わざわざ、MAJODE MAJORA(マジョーデ・マジョーラ)
    などという難解な名前をつけたのか、意図が汲み取れません。
    ちなみに本名は、松村 雅子さんとおっしゃるそうです。
    いろんな意味で???な作品でした。

    掲載日:2006/10/29

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / きんぎょがにげた

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • クリスマスのほし
    クリスマスのほし
     出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    クリスマスのプレゼントに!森の仲間たちとトナカイのトニーの素敵なクリスマスのおはなし。


第11回 『くつ あらいましょう』のさこももみさん

みんなの声(1人)

絵本の評価(3)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット