なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子の試し読みができます!
作: 松岡 享子 絵: 大社 玲子  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
創刊40年!世代を越えて愛され続ける、不朽の名作です!読み聞かせは4歳から、一人読みは6歳から
おはなばたけちゃん。さん 40代・ママ

すこしハラハラしながら・・
4歳になって再び読んでみました。 以…

フレディ 世界でいちばんかしこいハムスター」 みんなの声

フレディ 世界でいちばんかしこいハムスター 作:ディートロフ・ライヒェ
絵:しまだ・しほ
訳:佐々木 田鶴子
出版社:旺文社
本体価格:\1,238+税
発行日:2001年04月
ISBN:9784010695579
評価スコア 4.5
評価ランキング 6,202
みんなの声 総数 3
「フレディ 世界でいちばんかしこいハムスター」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 面白さが加速します!

    バザーで、まだ綺麗なこの本を見つけ、ちょうど子供の学校の読書タイム用に買ってきました。とにかく、面倒くさがり屋のうちの息子は、なかなか本には飛びつきません。なので、いつものように、最初の部分だけ私が一緒に読むという作戦に出たところ..... 私がはまりました!

    1匹の向上心、そして向学心溢れるゴールデンハムスターがペットショップから買われて、そして、なんと文字を習得するまでが書かれている話です。話は、結末に向かって、加速するかのようにどんどん楽しくなっていき、続きが必ず読みたくなる素敵な話でした。

    この話の中で、ちょっと、はっとさせられたのは、ゴールデンハムスターのフレディが、初めて文字”というものを知った時に、「紙に違う線をひとつずつ書いていって、続けて読むと、何かを表す言葉になる」と気付いた場面です。。もう年を取りすぎてしまった私には、初めて文字が読めた時の感動やら、書けるようになった時の喜びなんて覚えていませんが、きっと、今も、世界のどこかで学校に行けない子達が、初めて文字を学ぶ時に、こんな喜びを感じるのかと思いを馳せると、チャンス到来を願ってやみません。

    ちょっと難しい漢字も出てくるので、完全に児童文学の域ですが、私の中では、『エルマーの冒険『より、ずっとずっと面白かったです。是非、読んでみてください。きっと2巻も読みたくなりますよ!

    掲載日:2014/01/10

    参考になりました
    感謝
    1
  • まさに「かしこい」ハムスター・フレディ!

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子14歳、女の子10歳

    中学生の上の子が、朝読用に読みました。
    字の大きさや行間の感じからすると、出版社からのお薦めは、
    小学校中学年から高学年くらいをターゲットにした児童書だと思います。
    うちの子は動物の中でも、ハムスターと犬と猫が特に好きなので、表紙を見たときこれはイケる!と思って、図書館で借りてきました。

    ハマりましたよ〜。とっても楽しかったそうです。
    副題に「世界でいちばんかしこいハムスター」とついているだけに、
    この本の主人公ハムスターのフレディは、人の言葉を「読む」ことを覚えて、理解ある(2番目の)飼い主マスター・ジョンのおかげで、パソコンまで使えるようになってしまう。というスーパー・ハムスターです。

    これはドイツの作品で、なんと!ドイツ人はハムスター(特に「ゴールデンハムスター」)が大好きとか…。
    どこまで本当の話かは知りませんが、
    フレディや、周りの人たちの人格や動きがすごくわかりやすく描かれていて、楽しく読むことができました。
    うちの子は脇役のモルモット、うたうのが大好きな「エンリコ」と「カルソー」が面白かったそうです。
    この話はドイツの子どもたちに人気だそうです。
    日本でも少し前まで(?)、ハムスターは人気ペットでしたよね?
    (今でもうちの子どもたちは大好きで、我が家には常にハムスターが小族としているのですが)
    ハムスターの好きなお子さんたちには、ぜひ!読んでもらいたい作品です。
    フレディの堅実なようで、ハチャメチャん活躍を
    たくさんの子どもたちに、楽しんでもらえるといいな。

    掲載日:2010/04/09

    参考になりました
    感謝
    1
  • ハムスターでありながら向学心がある

    夏ごろに読み聞かせを初めて途中中断し、最近ようやく読み終わりました。

    ゾフィーに飼われることになったハムスターのフレディ。

    ハムスターでありながら、飼われることだけに満足せずに、自由と冒険そして向学心を持ち合わせているというところが並みではなく良い感じだと思いました。

    読みながら思わずフレディを応援したくなりました。

    この本は五冊シリーズらしく、このお話はまだ序章、読み終わって早くも次なるフレディの活躍は?冒険は?と気になりました。

    一日で読み聞かせをするのは難しいですが、読み応えがあり、章ごとのお話がわかりやすいので、中断しても大丈夫でした。

    掲載日:2009/12/08

    参考になりました
    感謝
    1

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。
  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


柚木沙弥郎さんのあかるい「雨ニモマケズ」

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット