うさぎマンション うさぎマンション うさぎマンションの試し読みができます!
作: のはな はるか  出版社: くもん出版
うさぎマンションには、 画家、パン屋、音楽家、魔法使い… いろんなうさぎが住んでいます。1部屋ごとに進行する物語を 見つけて、楽しむ絵本。

ゆくえふめいのミルクやさん」 みんなの声

ゆくえふめいのミルクやさん 作・絵:ロジャー・デュボアザン
訳:山下 明生
出版社:童話館出版
本体価格:\1,400+税
発行日:1997年
ISBN:9784924938830
評価スコア 4.33
評価ランキング 10,431
みんなの声 総数 8
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • たまには日常を脱出して

    毎日毎日ミルクやジュース、乳製品を奥様がたに届けるミルクやさんがいました。奥様がたとの会話はきまっていつも天気の事。そんなかわりばえのしない日常にうんざりしたミルクやさんはある日、ダックスフントのシルビアとともに配達用トラック(アメリアという可愛い名前がついてます)で町をとびだしてしまいます。ベリーをつんだり、湖で泳いだり、森での自由気ままな日々を楽しむミルクやさん。彼はもう町にはもどらないのでしょうか?
    現代を生きるサラリーマンに一番共感されそうなお話かもしれません。疲れてしまったとき、ちょっと日常を離れて、のんびりと時間にとらわれることなく過ごしたいと思うことがありますよね。犬のシルビアが可愛くて、文章もユーモラスで楽しくほのぼのできる、お気に入りの一冊です。

    掲載日:2006/10/31

    参考になりました
    感謝
    1
  • その気持ちわかります

    毎日牛乳配達の繰返し、会う人毎に挨拶は天気のことばかり、時には気晴らししたくなるのもよく解ります。
    商売道具を持ってドロップアウトしてしまったミルクやさんの気持ちはよく解るのですが、気分転換していると日頃の仕事を思い出すのも当然かも知れません。
    行方不明だったとき、街のみんなが心配してくれて、自分が街の人気者だったミルクやさん。
    良かったですね。
    お巡りさんの行為も含め、とてもオシャレなお話でした。

    掲載日:2016/10/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 忙しい日常にちょっぴり疲れてしまったら

    5歳の次女と一緒に読みました。すると、なんだかとても懐かしいような気持ちに。たぶんちいさい頃読んだことがあるのだと思います。また再び出合えたことに感謝です。
    毎朝四時起きで、町じゅうに乳製品を配達している「ミルクやさん」。毎日毎日奥さんがたと天気のはなしをするのにうんざりしてしまって、ある朝、トラックにどっさり乳製品を積み込んだまま、配達には行かず、ドライブに出かけてしまいます。気の向くままにすすみ、やがて森の中の湖にたどり着きました。
    ちいさい頃、ミルクたっぷりのおいしそうな食べ物をたくさん食べることができる「ミルクやさん」がとてもうらやましく思ったことを思い出しました。
    大人になって読むと、ミルクやさんが日常から逃げ出してのんびりしたくなる気持ちがよくわかります。そして自分を待ってくれている場所へ帰る安心感も。
    忙しい日常にちょっぴり疲れてしまった大人も癒される絵本かなと思います。

    掲載日:2012/11/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • お父さんに

    • みるぴんさん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 男の子1歳

    「世界中のミルクやさんに」と作者は書いていますが、
    「世界中の働く人に」とも言えるかもしれません。

    毎日、毎日、ミルクを配達するミルクやさん。
    ある日、配達をやめて、行き当たりばったりの旅に出ます。
    森に行ってクマに出会ったり、配達中だったミルクを食料に
    どんどん進んでいきます。
    とても楽しそうなミルクやさんの姿に、こちらもほのぼの。
    旅を満喫したミルクやさんは、自分の街へと帰って行きました。
    なんだか、とっても心が休まる1冊です。

    掲載日:2011/07/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • 結局は平凡が一番?

    昨日子どもたちに読んであげました。
    ふつうの絵本だと思っていたら、意外と長くてびっくり。
    日常が嫌になって逃避行するミルクやさんのお話で
    ひとつひとつ細かく描かれています。
    最後はやっぱり嫌でたまらなかったはずの日常が恋しくなってきて
    元の自分の居場所に戻るというお話です。
    こどもたちは長いにもかかわらず最後まで聞いていました。
    ほんとに意味がわかるのはやっぱり大人になってからじゃないかな。

    掲載日:2011/06/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 逃避行

    書店でふと手にとって目を通してみた絵本です。

    主人公は、毎日毎日ミルク(などの乳製品)を配達する男の人。
    同じルートで同じ家にミルクを届けて、毎日毎日交わす会話はお天気の話ばかり。
    そんなある日、突然、その日常を離脱してしまうのです。

    運に身を任せ、どんどん進んでいく主人公。
    読んでいるこっちのほうが、え、大丈夫なの?お仕事は??なんて思ってしまいます。
    でも、たどり着いた先でのとてもゆったりした時間が素敵です。
    自然に囲まれ、のんびりのんびり。
    毎日毎日ルーティンワークに追われていたら逃避行に出たくなるのも人情だよなぁ、と思わせられます。

    実際の世界でこんなことしちゃったら、もう戻る職場はなくなっているかもしれませんね。
    でもこの絵本の世界では、みーんな暖かいのです。
    ラストまで読み終わって、なんだかすっきりした気持ちになれます。

    これは、やはり、大人向けのお話ですね。
    仕事や家事に日々追われていて、ちょっと疲れ気味の大人の方に読んでいただきたい絵本です。

    掲載日:2010/08/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 仕事に疲れた大人たちに

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子14歳、女の子10歳

    デュボザンの作品って、動物が主人公のものがとても多いのですが、この絵本で動物たちは脇役です。

    主人公のミルクやさんはどこにでもいそうな愛想のいいミルクやさんで、はじめのうちは自分の仕事を楽しんでいるように見えました。
    でも、人間ですから、毎日毎日同じことを繰り返していると、気持ちがまいってしまったりするんですね。

    ミルクやさんの絵本は原作が1967年に発表されていますが、当時は仕事によるストレスで会社を休んだりって、あまり一般的でなかったと思います。
    そんな中で、コインのお告げに従い、気の向くままに森へいったミルクやさんの行動力に逆に感服しました。
    また、行方不明になったミルクやさんを心配するお客さんたちや上司たちがいる環境もいいなぁと、思いました。

    子どもたちに読んでも、きっと楽しんで聞いてくれると思いますが、むしろ、仕事に疲れた大人たちに一服の清涼剤として読んであげたいな〜と、思う1冊でした。

    掲載日:2010/03/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 疲れた大人の方にお勧め

    私が、ロジャー・デュポアザンに興味を持って読んでいます。

    絵本ですが、仕事に疲れた大人の方が共感する内容ではないかと思います。

    ミルクやさん、ミルクを配達するだけでなく、奥様方の天気の心配や愚痴も聞かされて仕事に嫌気がさします。

    夢でうなされる場面は何ともかわいそう。

    上手にリフレッシュすることや、抱え込んでいるストレスから解き放たれる経験によって、
    やる気が戻ってくることがありますよね。

    子どもが赤ちゃん時代には、子どもとずっと一緒にいすぎることで煮詰まった経験があります。

    実際に行方不明になったら大変ですが、絵本の中でのちょっとした逃避行で、精神が癒されるかもしれません。疲れた大人の方にお勧めします。

    掲載日:2008/11/20

    参考になりました
    感謝
    0

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

こんとあき / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



第12回 『あったかいな』の片山健さん

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.33)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット