ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

へんしんコンサート」 みんなの声

へんしんコンサート 作・絵:あきやま ただし
出版社:金の星社 金の星社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2006年10月
ISBN:9784323033587
評価スコア 4.57
評価ランキング 3,999
みんなの声 総数 45
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

45件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 次の10件 最後のページ
  • へんしーん!

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子5歳、女の子3歳

    娘が選んだ絵本。
    このシリーズは何冊か読んだことありますが、毎回何にへんしんするか楽しみです。
    司会者の人も怪しんでいたらやっぱりラストでへんしんしてました(笑)。
    へんしんするものたくさんあるものですねー。本にも書いてありましたが、自分で考えてみてもまた楽しそうです。
    コンサートのわりに自信なさそうな子が出てきたり。でもでもへんしんすると…!

    掲載日:2016/09/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大好きなへんしんシリーズ

    • ほっこり日和さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 男の子7歳、男の子5歳、女の子1歳

    この絵本にはかいじゅうは出てきませんが、やっぱり楽しいようで、こどもたちよく選んでます。
    カバーに書いてある、このえの楽しみ方。誰かに読んでもらうレベル1からはじまり、こどもたちはすっかり、自分でことばをかけかんがえるレベル3も楽しんでます。

    一緒によんで笑える絵本。
    ドライブのお供にもいいですね!

    掲載日:2016/04/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • わかっちゃいるけどやめられない☆

    • ととくろさん
    • 30代
    • ママ
    • 千葉県
    • 女の子6歳、女の子3歳

    親子でだいすきなへんしんシリーズ。
    コンサート編です。
    へんなものに変わるかもしれないのに
    舞台に立っちゃうみんな。
    面白いです〜!

    単純だけどだから楽しい。
    親子でことばが面白く感じられます。
    本作はダイヤや自信など好転する場面も多くて
    嬉しかったです。
    読み聞かせで大人気、
    たくさん読みたいへんしんシリーズです。

    掲載日:2015/11/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • そういう変身ですか・・

    へんしんコンサートっていうタイトルだから、

    登場するものが何かに変身していくものだと思っていました。

    単語をひっくりかえして違う単語にする、そういう変身

    なんですね。

    でも逆さ言葉といっても、小さい子だと、完全に

    うしろから読むものだと思っているので、

    ダイヤがいやだ、しんぶんがぶんしんと変わっても

    ピンとこないと思います。

    でもその変身にこだわらずに読めば、

    すごく楽しいと思います。

    掲載日:2014/06/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 感心します

    コンサートが開けるだけのネタがこんなにもあるものだと感心しました。おじいちゃんのきんぞうさんの司会で始まり、ぞうきんさんで幕を閉じるというユーモアもさすがです。楽しいコンサートを子供と一緒に楽しみました。

    掲載日:2012/10/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 「こんにゃく」と言い張る

    4〜5歳児に読みました
    「へんしんトンネル」を前日に読んでいたので子どもたちも学習したようで、「じーぱん・・・」「パンジー」などと自分たちの思い当たる言葉をこちに出しながら見ています
    どちらかというと先生の方が次は何が出てくるのか楽しみの様子でした
    「ぞうきん」を「こんにゃく」だと言い張る子どももいて楽しい読み聞かせでした
    アンコール劇場にも笑っちゃいますね

    掲載日:2012/05/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • ことばあそびの絵本

    幼稚園年中のときに読んだ本だ、と図書館で借りてきました。
    これは子供が率先して私に読んでくれました。とてもユニークなことばあそびの本という感想です。
    日本語ってちょっと変わると意味がだいぶかわるんだなぁということをステージのコンサート形式でストーリーが進んでいきます。
    日本語っておくが深いなぁ、と感じる一冊。
    日本語って言葉って面白いなぁと思える一冊です。

    掲載日:2012/04/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 言葉遊びを楽しめます♪

    へんしんシリーズは読み聞かせでも人気で、皆で声に出して読みすすめるのが楽しいです。

    オペラ歌手は「オペラ、オペラ…」と歌いすぎて、ぺらぺらの「ペラオ」(ペラ男)になっちゃうところや、司会のきんぞうさんも変身しちゃうところも楽しくて、飽きさせません。

    きんぞうさんは『へんしんマジック』にもちらっと登場していますよ。
    ぜひシリーズで読んでみてくださいね♪

    掲載日:2012/02/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 飽きさせません

    • ゆっきんぐさん
    • 30代
    • ママ
    • 静岡県
    • 男の子7歳、男の子5歳

    あきやまさんの「へんしん」は、何冊も出ていますが、ホント子供が飽きずに毎回楽しめてすごいな〜〜と思います!!

    繰り返して言ううちに・・・って展開は変わらないのに。

    今回はコンサートの設定なので、また雰囲気も違って、息子も楽しんでいました。オペラが「ペラオ〜」とはウケましたよ!

    掲載日:2011/10/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 思ったより 笑えなかったのです

    おもしろいのですが・・・・
    へんしん マラソンのほうがおもしろく思えたのです
    大きな声だしてよんだら おもしろいのかな?  次々 と コンサートに出てくるのが ユニークでしたが、
    いまいち笑えなかったのは 私が 大人だから 子供だったら頭が柔らかいから 楽しめるのかしら??

    掲載日:2011/03/01

    参考になりました
    感謝
    0

45件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



宮部みゆきさん × 佐竹美保さん 対談インタビュー

みんなの声(45人)

絵本の評価(4.57)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット