十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。

クー」 みんなの声

クー 作:森山 京
絵:広瀬 弦
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本体価格:\900+税
発行日:2003年
ISBN:9784591076040
評価スコア 4.67
評価ランキング 1,957
みんなの声 総数 5
「クー」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 中学年くらいから

    作者さんが好きで読んでみました。一年生の息子は「ふーん」て感じです。
    この話は女の子なら共感できるけど、男の子だとどうなんだろう、と思います。
    女の子は女の子でも低学年だとまだ理解出来ないかも。女の子の色々複雑な心理が丁寧に描かれていると思いました。ハルナの気持ちもアヤの気持ちもわかるなぁ。
    絵も個性的で、可愛く、凄く惹きつけられます。

    掲載日:2016/06/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • クーを大切にしてね。

    森山京さんのお話に 広瀬弦さんの絵という本は
    何冊かあることを知り、続けて読んでいます。
    登場人物の描写、心理に
    絵がすごく合っていて 
    もう50年ぐらい前になりますが
    私自身が子供だった頃の何かをふりかえるような
    そんな気持ちになりました。
    ぬいぐるみも成長には大切な存在だったり、
    優しい気持ちになれたり、
    アヤちゃんと ハルナちゃん、
    どちらの女の子の気持ちも考えてみたいです。
    絵本でありながら
    森山京さんのお話は
    小説のような印象を受けました。

    掲載日:2016/02/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • いじらしくて見ていてドキドキハラハラ

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子16歳、女の子11歳

    広瀬さんも可愛らしくて暖かい、素敵な絵を描かれますよね〜。
    このお話に登場する二人の女の子「アヤ」も「ハルカ」も、とても女の子らしい可愛い子たちでした。
    ぬいぐるみの「クー」に対する思いもいじらしくて、見てるこっちがドキドキハラハラしてしまいました。

    一番共感できるのは、主人公の女の子たちと同じ世代4,5歳から小学校低学年くらいのお子さんで、特に、ぬいぐるみや人形に深い愛情を持てるお子さんかな〜と、思いました。

    掲載日:2011/11/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 女の子特有の心理作戦!?

    • しいら☆さん
    • 40代
    • ママ
    • 宮城県
    • 男の子19歳

    森山氏を次々読んでいますが
    うわぁ〜、あるある・・・
    こんなこと!!

    と、思ってしまいました

    自分にないものをほしがる?
    う〜ん、ないものねだりは基本的な欲なのかな
    嫉妬とは違うんだけど・・・
    なんて説明していいかわからない
    ごちゃごちゃした気持ちを
    うまく表わしています

    とても、たわいのないことなのですが
    友達が持っているモノになぜか惹かれたり
    それを友達が大切にしてないと
    悲しいというか、怒りを覚えるというか・・・

    でも、きっとハルナみたいに
    それは気付いていて
    意地悪したくなっちゃうのかな?
    このおはなしでは、最後にホッとしたけど

    私は、ハルナのようには振舞えない子どもでした
    自分がされたら、嫌だもの・・・

    でも、周りにこういう女の子って居たような・・・(^^ゞ

    とても素敵な絵ですが
    絵本ではないと思います

    やはり、小学校中学年位から、ドンピシャで
    お薦めです!

    掲載日:2010/12/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵も、ストーリーもいい!惹かれました☆

    • ぼのさん
    • 40代
    • ママ
    • 新潟県
    • 男の子12歳、女の子10歳、女の子5歳

    絵本なんだけど、児童書のコーナーから、借りてきました。
    絵は、個性派画家、広瀬弦さんが描かれているのですが、今まで見たどの絵より、なんか気に入ってしまって・・・表紙からして、すごく惹かれるんです。

    くまのクーは、親友ハルナのお気に入り。
    アヤは、はじめてクーを見たときから、一目惚れし・・・ハルナのうちに遊びに行くたびに、だっこさせてもらいます。
    ある日、アヤがハルナのうちに遊びに行くと、ハルナが抱えて出てきたのは、クーではなく、見知らぬリチャードでした。
    クーは???

    絵もいいけど、お話もいいです。
    この手のぬいぐるみを主題にしたストーリーは、数多くあるけど・・・、よくありそうで実はない、観点がいいです。
    女の子同士の微妙な心の動きが、よく書かれてます!

    娘たちも気に入り、何回もリクエストされました。

    掲載日:2006/11/02

    参考になりました
    感謝
    0

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / バムとケロのおかいもの / がたん ごとん がたん ごとん / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『大きなクスノキ』 みそのたかしさん さとうそのこさん インタビュー

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.67)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット