もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

注文の多い料理店」 みんなの声

注文の多い料理店 作:宮沢 賢治
絵:島田 睦子
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:1984年
ISBN:9784039632104
評価スコア 4.64
評価ランキング 2,443
みんなの声 総数 10
「注文の多い料理店」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ユニーク!

    小学生の子どもの教科書に載っていたので、図書館で借りて読みました。挿絵の雰囲気とと宮沢 賢治のユニークな文章の表現が独特の世界観をつくっていました。じわじわとだまされていることに気づいていくところが面白かったです。文章量が多いですが、年長さんくらいから楽しめそうです。

    掲載日:2016/11/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 靴脱いでクリーム塗ってそして・・・キャーーー

    • 事務員さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子8歳、女の子6歳

    アジア美術館で毎年開催される絵本ミュージアムへ参加してきました。
    今年の体感できるコーナーはこの絵本でした。
    入り口には西洋料理店・山猫軒。
    中へ入ると「靴をお脱ぎください。」
    次のドアには「クリームを塗ってください。」
    お次は「塩を塗りこんでください。」
    いやはや注文が多い。
    娘達は絵本を読んだことがないので
    喜んで体にぬりぬりしてましたが
    最後の青白く光る大きな目玉に「キャーー!!」
    体験後、もちろん絵本を購入し読み聞かせしました。
    3年娘は「はやく気付きなよ。紳士。」
    1年娘は「あんまりわからん。」
    いいんです。いいんです。
    今は分からなくても体験した記憶が力となって
    絵本の中にトリップしたら
    またぬりぬりやっちゃうんだと思います。

    今年の夏初めて出会ったゾクッとするお話でした。

    掲載日:2013/08/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 面白いです

    私自身も子供の頃に読んで、大好きだった作品です。
    宮沢賢治さんの作品は、哲学的な内容もあって難しいと感じることもあったのですが、こちらのお話はすぐに「面白い」と思ったことを覚えています。
    子供も面白がって、長いお話ですがあっという間に読んでいました。
    怪しげな雰囲気の絵も、お話に合っていますね。

    掲載日:2013/03/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • Oh、アバンギャルド!

    知っているつもりの『注文の多い料理店』ですが、ディテイルを見ていくとあらすじしか知らない私でしたが、なかなか奥の深い料理店です。
    多くの発見のある童話ですが、象徴性とパターンのリフレーンは、劇画的な感じもします。
    そう思うと島田さんの絵の悪の強さは、この童話にマッチしているのでしょうか。
    ふたりの男が注文の多い料理店に入り込んで、不思議さに気づくまで、カラクリを理解して間一髪助かるところ、島田さんの版画絵は昔の無声映画のようで、とても好ましく思いました。

    掲載日:2012/10/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大好きな絵本

    • タマゴさん
    • 20代
    • その他の方
    • 東京都

    本当にこの絵本大好きです!
    島田睦子さんの木版画が素晴らしい!この話にこの木版画というのは最高の組み合わせだと思います。これ以上ぴったりな組み合わせはないくらい(笑)
    ちょっぴりこわくて不思議でハラハラドキドキ…
    それをぜひこの島田睦子さんの木版画という表現で感じてもらいたいです。
    子どもも大人もハマること間違いなしの一冊だと思います!

    掲載日:2012/04/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • ちょっと怪しげ…

    お仕事で必要になったので、版画を見たくて購入。

    猫の絵柄が一番気に入りました。
    この絵を見ていると、食べられてもいいかも…?
    と思えるくらいにかわいらしいのに、
    他の絵柄は怪しげで、じりじりと恐怖感が伝わってきます。

    宮沢賢治さんの独特の世界観にマッチした
    素晴らしい絵と装丁。
    名作にふさわしい。

    この重厚感は、お話のイメージをふくらませてくれました。

    お話も大切だけれど、挿絵はもっと大切ですね。
    “う〜ん…この顔、こわいぞ…”なんて言いながら、
    何度も読んでいます。

    掲載日:2010/06/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 装丁の美しい本!名作はスゴイ!

    そろそろ有名な文学作品に触れさせてみたいと思い、比較的ストーリーが分かりやすくて展開が面白いこのお話に目をつけました。

    色んな出版社から出ているこの作品ですが、しまだむつこさんの木版画がとても美しく、表紙もおしゃれな感じなのが気に入り購入しました。

    8歳の息子に読み聞かせてみると、1回目は「なんだか話がややこしいなぁ」と言っていましたが、何日かすると「これ読んで」と自ら持って来るようになり、「何回か聞いてると面白くなってくる」と!!

    やはり良い作品には読む(聞く)人を惹き付ける魅力があるんだなと実感しました。

    掲載日:2008/11/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • なつかしい!とつい…

    自分が小さい頃読んで、何と不思議でおもしろい話だ!と思った強烈な印象がある,このお話.
    絵も雰囲気にぴったり合っています.
    1歳過ぎの息子にはちょっと早かったみたいですが、この不思議な世界観はそれなりに伝わったみたいです…

    掲載日:2007/04/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 印象に残る話

    • ぽた子さん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子8歳、女の子4歳

    子供の頃に読んで、宮澤賢治といえば、思い出すほど、
    印象に残っていた本です。
    そろそろ分かるかなと思い、子供達に読んでみました。
    ドキドキ感と、どんでん返しの面白さが分かるようで、
    最初怖がっていた娘も、紙芝居(少し原作を変えてありますが)を見つけ、
    これも読んでと言ってきたほどでした。
    本の表紙と裏表紙を見比べ、「これ面白いよ。裏返しだよ。あべこべ」と息子。
    あっ、気づいてしまいました。この表紙と裏表紙は、
    まさにお話の内容、あべこべを表しているんですね。

    掲載日:2006/11/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 息子の愛読書☆☆☆☆☆

    • 西の魔女さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子13歳、男の子9歳

    息子の愛読書です☆
    小1の時に 少し早いかな…と思いつつも
    私の大好きな作品だったので 読み聞かせをしました。
    それから 何度も読み聞かせをせがまれ しばらくして自分で読むようになりました。
    ストーリーの面白さはもちろんですが 木版画で描かれた絵も とても気に入っているようです。

    ちょっと話が横道にそれてしまいますが
    宮澤賢治さんは 自分を自然の中におき 目を閉じ耳を澄まして佇み
    (こんな事が起こりそうだな…)と感じたことを 作品にしたそうです。
    宮澤さんの作品を読んだ人の心が 楽々と作品の中に入り込み 
    想像の中で 登場人物と一緒に ハラハラドキドキを体験出来るのは
    こうした作り方をされているからなのかもしれません。

    本題に戻って…
    深い森の中で迷子になった お腹がぺこぺこな2人の紳士。
    突然現れた西洋料理店で テーブルに付くまでに色々と注文を言いつけられます。
    騙されている事になかなか気付かず 素直に言いつけを守る紳士が面白いです。
    山猫に食べられそうになり 場面が大きく動きます。
    あっという間に 現実に戻りほっとしますが
    ただ… (この続きは読んでのお楽しみにしておきますね)
    2人の紳士が どれほどの恐怖を味わったのかがよく伝わってくるラストです。
    長いけど繰り返し読みたくなる絵本です。

    掲載日:2006/11/07

    参考になりました
    感謝
    0

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / おちゃのじかんにきたとら / がたん ごとん がたん ごとん / シニガミさん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!
  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★
  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    小さなどんぐりちゃんと落ち葉の優しく切ない命のつながりの物語
  • クリスマスのほし
    クリスマスのほし
     出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    クリスマスのプレゼントに!森の仲間たちとトナカイのトニーの素敵なクリスマスのおはなし。


賢治の祈り『雨ニモマケズ』柚木沙弥郎さん×松田素子さんインタビュー

みんなの声(10人)

絵本の評価(4.64)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット