ほげちゃんとこいぬのペロ ほげちゃんとこいぬのペロ
作: やぎ たみこ  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
大人気!ぶさカワ「ほげちゃん」待望の第3巻目刊行!
彩吉さん 30代・せんせい

憎めない存在のほげちゃん!
家にやって来た子犬にヤキモチを焼いたり…

どんぐり どんぐり」 みんなの声

どんぐり どんぐり 作・絵:降矢 なな
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\390+税
発行日:2005年11月
評価スコア 4.47
評価ランキング 7,215
みんなの声 総数 14
「どんぐり どんぐり」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

14件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • どんぐりさがし

    とても綺麗で可愛らしいイラストです。リスのお母さんは子供達の為にどんぐりを探しに行きます。
    ページをめるく毎に、どんぐりを見つけます。一緒に息子とどんぐり探しをしました。4つ目を探した後に、お母さんが転んでどんぐりをコロコロとこぼしてしまうシーンは、息子はうけてました。転ぶってのが、実際に自分が転ぶと痛いけど見ていると楽しいようです。
    最後にみんなで食事をしますが、リスがどんぐりを食べることをこの絵本で知ったようです。公園でどんぐりを拾うと帽子が無いので、その後に帽子付きのどんぐりを拾って説明したのを覚えています。
    心温まる、優しい絵本です。

    掲載日:2015/08/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 我が家の宝物絵本です

    • ムッタさん
    • 30代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子4歳

    出産祝いにいただいた、『こどものとも 012』の
    年間購読で届いた絵本の中の1冊です。
    0歳児〜を対象とした絵本には珍しく、少ないページながらも
    この『どんぐり どんぐり』にはきちんと物語があり、
    何よりもまず、その点が素晴らしいと思いました。

    かあさんりすが子どもたちのためどんぐりを拾い、
    ひとつ、ふたつ、と集め…
    あっ、つまづいてばらまいちゃった!
    もいちど集めておうちに帰り、
    みんなでおいしくいただきまーす!

    ページを繰るたび、その美しい色彩に魅せられます。
    そして…
    幼い子どもの指を取りながら、どんぐりはどこかしら?と探し、
    ひとつ、ふたつ…と数えてゆく喜び。
    小石とどんぐりを間違える子どもを見る楽しさ。
    絵の中のどんぐり探しに夢中になる子どもの姿の愛おしさ。

    子どもとともに絵本を読む幸せを初めて教えてもらった、
    大切な、宝物の絵本です。

    掲載日:2009/12/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 012

    こどものともシリーズが好きなのでこの絵本を選びました。本物と見間違うほどの写実的なドングリの描き方が素敵だなと思いました。主人公と一緒に自然と数の数え方を学習出来るのも良いと思いました。お母さんが子供達の事を心から愛していて一生懸命に行動する様子に感動しました。御母さんって凄いな!と思える絵本でした。

    掲載日:2009/09/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • どんぐり みーつけた

    かあさんりす、案外そそっかしいので家まで無事に着くか心配しました。どんぐりだけが写実的に画かれているのでわかりやすくてよかったです。葉っぱとか、岩、かあさんりすの周りの風景に見惚れました。
    りすさんのしっぽって大人になると長いんだなあって感心しました。
    「ひとーつ ふたーつ みーっつ よーっつ いつーつ」と孫は一緒に数えてました。お洒落なりすさんたちのお洋服も素敵でした。

    掲載日:2009/09/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 見〜つけた!

    お母さんリスがどんぐりを拾いに出かけます。
    あっ、どんぐり見つけた!
    秋の森の風景が美しく描かれたページの中から、どんぐりを探し出します。
    途中でお母さんリスが転んでしまい、今まで集めたどんぐりを全部落としてしまいます。
    また1つずつ集めなくちゃ・・・。
    どんぐりを集めたお母さんリスは、子どもたちが待つお家に帰ります。
    お母さん、おかえりなさい!
    どんぐりを食べる子どもたちの様子が、とてもかわいらしいです。

    どんぐりを探す「絵探し」の楽しみ、
    落としたどんぐりを集める「数遊び」の楽しみ、(数字が5までしか登場しないので、1歳の娘にはちょうどよかったです)
    そしてもちろん、リスの親子の触れ合いを読む楽しみ、
    いろんな楽しみ方ができる絵本だと思います。

    掲載日:2008/04/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 楽しいどんぐり拾い

    • 真冬さん
    • 20代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 男の子4歳、男の子0歳

    降矢ななさんの美しい色彩の絵、あのポップな感じの『ともだちや』シリーズと印象が違うなぁ、とまず思いました。
    りすのおかあさんがどんぐりを拾いに出かけるお話です。
    1〜2才のお子さんにちょうど良さそうです。おはなしのなかにスッと入って一緒にどんぐりさがしを楽しみながら、指差しの練習もできるし、ひとつふたつと数えることもできます。
    最後にみんなでどんぐりを食べているシーンでは、子リスちゃんがころころと転がしちゃった様子がうかがえてほほえましいです。それにおいしそう。

    掲載日:2008/01/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 見つけるのってたのしいよね

    実は、子どもより私の方がどんぐりを見つけるのが大好き。
    あのつるつるしたのがたまらない。

    この本を読んでいるとどんぐり拾いに行きたくなる。
    もちろん下の子もどんぐりが大好き。
    しかも、どこだ?と探せるから二倍に楽しめる。

    絵本が好きになり始めた子にはお勧めです。

    掲載日:2007/12/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 秋らいし一冊

    おかあさんりすが、どんぐりひろいに行くお話しです。りすの目線でどんぐりを見つけて行く様子は、草むらの中だったり、石と石のすきまだったり、木の根本だったり・・・。
    子リスのために、頑張ってどんぐりを探すおかあさんりすはなんとも愛おしい感じです。おうちでお母さんを待っている子リスのちょっと寂しい気持ちは、特には描かれていないのですが、きっと心細くまっているんだろうな〜と思いました。
    これからどんぐりを見つけたら、このお話しを思い出しそうです。

    掲載日:2007/11/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • きれいな本

    とっても色彩きれいな本です。
    ポストカードにして飾りたいくらいきれい。
    どんぐりお母さんが、山で落としてしまった
    どんぐりを、ひとーつ、ふたーつと拾っていきます。
    本のページのどこに、どんぐりがあるのか探したり、
    ひとーつ、ふたーつと、数を数える練習にもなり、
    息子も、きれいな絵をじっと見つめてどんぐりを探します。

    掲載日:2007/09/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • どこにある?

    間を空けて、図書館で何度も借りている本です。
    最初の頃は「みーつけた」の繰り返しの音を楽しんで。
    ドングリの場所をわたしが示して、「あったねー」なんて
    お話をしてあげていました。
    1歳半ぐらいでしょうか、読んだときに自分でドングリの場所を指差せるようになりました。
    ちょっとしたことですが、すごく成長を感じさせてもらった絵本です。
    とは言っても、まだ全部のドングリを探し出せたことはなく
    (巧みにドングリを隠すように描いているページもあって・・・)、
    次に読んだらどんな反応が出てくるか楽しみです。

    掲載日:2007/06/16

    参考になりました
    感謝
    0

14件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★


『誰も知らない世界のことわざ』翻訳者・前田まゆみさんインタビュー

みんなの声(14人)

絵本の評価(4.47)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット