モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしものの試し読みができます!
作・絵: ふくざわ ゆみこ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
「モモンガのはいたつやさん」最新刊は、クリスマスのお話!
モカミさん 40代・ママ

可愛らしい
娘がふくざわゆみこさんの本が大好きで、…

ぐろう」 みんなの声

ぐろう 作:佐川 美代太郎
出版社:こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!
本体価格:\0+税
発行日:1971年
評価スコア 4
評価ランキング 22,275
みんなの声 総数 1
「ぐろう」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 夢を追い求めて得た喜びに感動!

    ずいぶん 前に読んだ絵本です。
    その時の感動が 今また 現れました!

    絵は白黒で、鉛筆書きのようです。それがまたおだやかで 優しくて落ち着くのです。
    カラーテレビでなく、白黒のよさににています。

    ひょうたんから生まれた、四人の子供たち元気いっぱいの子供たちに、ある日 仙人が、「ひとりひとり 何になりたいか いってごらん。 そのねがいを かなえてあげよう」
    四人はそれぞれの願いをいいます。

    おいしい ももを みのらせる 人。 木でりっぱな家を建てる人。 まゆからきぬ糸をとり きれいな布を作る人。
    みんな 夢を持っていていいな〜

    今、夢を無くしている子供がいるのです。
    なぜ?子供は本来目を輝かせて、夢を持ってい来ている。
    そんな子供に元気をもらうのが 大人です。

    さて 四人目の のろまなぐろうは、何になりたいか?考えます。
    その時、ぐろうの目にうつった 一番星「ぼくは ほしになる」
    えっ!

    星なんかになれるの?
    なれっこないよ!
    そんな 声が聞こえてきそうです。

    でも ぐろうは、星になる 夢にむかって 時にはくじけそうになりながらも、追い続けるの。
    ぐろうの 顔がとっても人の良さそうないいこなんです。
    大好きになりました!

    この絵本が好きなのは、ぐろうが好きだからです。

    そんなぐろうも 星を捕まえることができず・・・
    くじけるのです。
    「ゆう気のない子は 弱虫には おおし山に登って 星がとれないぞ!」
    仙人にそう言われて、なにくそ!
    とうとう おおし山に登り 星の光を捕まえることが出来たのです。

    ぐろうが目を閉じると、きれいな星が見えるのです!
    そして 仙人のはからいで 天の馬に乗り 「うつくしいほしの光を せかいのすみずみまで かがやかせなさい。」と仙人に言われ  大空に とけこんでいくのです。

    夢をあきらめないぐろうに 乾杯!

    私も 勇気をもらえました!

    掲載日:2006/11/07

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

きんぎょがにげた / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『キッズペディア 地球館 生命の星のひみつ』 編集者 秋窪俊郎さんインタビュー

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット