ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

おきなわの夢 ウンタマギルー物語」 みんなの声

おきなわの夢 ウンタマギルー物語 作・絵:高嶺剛
出版社:Parco出版局
本体価格:\1,165+税
発行日:1991年
ISBN:9784891942878
評価スコア 4
評価ランキング 22,275
みんなの声 総数 1
「おきなわの夢 ウンタマギルー物語」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 幻想的

    実は、この絵本を、児童用ではなく、絵本のコーナーで見つけた時には、目を疑いました。

    もう20年も前の話になりますか、「ウンタマギルー」という映画を見たことがあります。
    沖縄を舞台にした映画で、本土出身の私としては、実に目に鮮やかで、エキセントリックな映画でした。
    幻想的なんですが、多少政治のお話も入るし、ちょっとこれは子どもにはまずいのでは、と思うシーンもあったのでびっくりしましたが、
    元々は沖縄地方に伝わる伝承物語なのですね。
    味があり、大変面白く読ませていただきました。

    主人公の運玉義留(うんたまぎるー)をめぐる、実に幻想的な物語です。
    彼は、恋した美しい娘のマレーが、本当は年老いた豚である事を知ってしまいます。
    真実を知ったギルーは、マレーの父(飼い主?)である製糖工場の親方に追われ、神の森であるウンタマ森に逃げます。
    森に住む、ガジュマルの妖怪、キジムナーは、彼に空中浮遊の術を教え、彼はその事を利用して、金持ちから金品を盗み、施しを与える義賊となるのです。

    沖縄の伝承なのですが、これが奇妙で、実に魅力的です。
    ただ、ハッピーエンドなんだか、アンハッピーエンドなんだかよく分からないので、
    この味が分かるような頃のお子さんでないと、読むのに苦労するかもしれません。
    (普通に考えればアンハッピーエンドなのかもしれませんが、多少頭が重いけど、これでもいっさーなんて、ギルーは言うかもしれませんので)

    掲載日:2006/11/07

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / きんぎょがにげた

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『誰も知らない世界のことわざ』翻訳者・前田まゆみさんインタビュー

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット