だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

カミさま全員集合!」 みんなの声

カミさま全員集合! 作:内田 麟太郎
絵:山本 孝
出版社:岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2006年10月
ISBN:9784265069743
評価スコア 4.46
評価ランキング 7,295
みんなの声 総数 27
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

27件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
  • 同じ作者の本、『十二支のおはなし』の最後のページに、
    この本のタイトルと表紙の絵が載っており、
    2歳の娘がずっとこれを読みたいと言っていたのと、
    今月は10月神無月でもあるので購入しました。

    内容は、十二支のおはなし同様、親子共々楽しく読めましたし、
    2歳でも理解しやすい流れでした。


    しかし、一つ。

    言葉が関西弁で、本を読んでから娘が、
    おっさんや、かみさん(神様のこと)と言うようになりました。

    いつかは理解し、言わなくなるでしょうが、ちょっと気になりました。

    もし、標準語で書いてあれば、そちらの方を購入すると思います。

    掲載日:2011/10/11

    参考になりました
    感謝
    1
  • こんな集会が行われていたなんて!

    私が山本孝さんの絵がとても好きなのでこの絵本を選びました。色の付け方とかふちの取り方とかとにかく見ているだけで幸せになるのです。神様が集合する様子は見ごたえがありました。色々な神様がいらっしゃるものだなと、今更ながらに再認識しました。また、集合して話し合われる内容もすごくロマンチックで、楽しくて見とれました。こんな集会が年に一度行われていると分かっただけで楽しい気分になれました。わたしが気に入ったのは一番最後の場面です。神様はやっぱりしっかりと見てくださっているのだなと思いました。

    掲載日:2008/05/10

    参考になりました
    感謝
    1
  • 神無月

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子5歳、女の子3歳

    このシリーズ、ちょこちょこ読んでいます。
    もうすぐ神無月。
    カミさまたちが出雲へ全員集合!
    日本は八百万の神の国。本当にたくさんの神さまがいるねーと言いながら子供と読みました。ここで出る神さまも有名どころですが、ほんの一握りなんですよね。

    掲載日:2016/09/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • カミさま

    • らずもねさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子7歳、男の子5歳

    日本で神様のことを絵本にしたものは
    少ないように思います。
    日本古来の神様を全員集合と楽しげに集めます。
    神様でなくカミさまとしていたり
    全員集合と楽しげに集まるのでどんな人でも楽しめます。

    10月がなぜ神無月なのか
    出雲大社でたくさんのカミさまが集まっているなんて
    子供たちにとっては興奮間違いなし。
    縁を誰と誰を結んだのかも絵本の中から想像できて楽しいですよ

    掲載日:2015/01/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 神様が出雲大社に集まる月

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子21歳、男の子18歳

    10月は神無月。
    神様が出雲大社に集まる月だからです。
    さあ、この行事を、内田・山本コンビはどう描くのでしょうか?
    オオクニヌシノミコトが、出雲から、全員集合!と叫びます。
    各地からはせ参じる、八百万の神々。
    個性的な造形が面白いですね。
    道中、人間たちの様子もうかがいつつ、参集した神様たちの議題は、
    縁結び!
    どのカップルが選ばれたかは、道中を考えれば、ピン!ときますよ。
    神様への畏敬の様子もさりげなく描かれています。
    日本古来の神様について、やはり知っておいてほしいと思いますから、
    この作品で、そんな神様を感じてほしいです。
    大人ももう一度、八百万の神、体感ください。
    小学校のおはなし会で読みます。

    掲載日:2014/10/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 縁結び

    • 多夢さん
    • 50代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 女の子14歳

    知らなかったな〜。
    主人と私の縁も、神様の話し合いで決まったなんて・・・(笑)

    旧暦の10月は、全国の神さまが出雲に集まるため「神無月」と呼ばれています。
    全国の神々が集まって、様々なことを話し合うというのです。
    特に男女の結びつきも、この会議で決まるとか。
    確かに、縁って不思議だなぁ〜って思っていましたけど。
    神さまの仕業だったのね。

    絵本は、縁結びの相談の為に、神さまたちが出雲へ全員集合する話です。

    稲のカミさんやかまどのカミさんにエビスさん。
    テンジンさんにミズガミさま。
    ビンボウガミも出てきましたが、さすがに呼ばれなかったようです。

    そして、まあ、日本にいるという八百万のカミさんたちが集まったのなんの。
    ほんとに、いろんなカミさんがいるんですね。

    迫力のある面白い絵なので、子どもたちも楽しめると思います。

    名前がわからないカミさんもいっぱい出てきているので、
    見返しにでも解説があったら、もっと楽しめたのかもしれません。

    でも、勉強になりました。

    掲載日:2014/10/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 神様が集合する神有月

    神無月に出雲に集合する日本の神さまたち。貧乏神はお留守番なんですね、、、。バイクに乗せてくれた男の人を縁結びしてお似合いの女の人とくっつけてあげるなど、神様が身近に思えて良い作品でした。

    絵もカラフルで楽しめます。

    掲載日:2013/11/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 関西弁??なじみが無くて・・・

    5歳の息子に読みました。
    言葉が関西弁?なので、今ひとつピンとこない様子。
    かみさん=神様ということ自体を説明しないと始まらない。

    そして、登場する神様の名前を知りたがる。
    でも、ほとんどの神様の名前が書いていないので、答えられない・・・
    話の筋と違うところでパワーを使い果たしてしまいました。

    神様が集まって、何かを相談する、ということのイメージをつかむには
    役に立ったように思います。
    しかし、楽しむにはちょっと難しかったような気がします。

    掲載日:2012/04/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • へぇ〜

    神無月ってそういう意味だったのか〜って初めて知りました。勉強になります。私は神様の種類をそんなに知っていなかったので、子供と一緒にへぇ〜って言いながら読んでいました。子供は神様たちの見た目が妖怪に近く見えたらしく、神様を妖怪だと思ています。

    掲載日:2012/03/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 神無月って

    • 風の秋桜さん
    • 40代
    • その他の方
    • 埼玉県
    • 男の子、男の子

    この絵本を読んで10月「神無月」って神様が出雲大社に集合する月だったんですね
    修学旅行で行った「出雲大社」は縁結びの神
    あのころ喜んでお守りやらお賽銭を(45円・・・始終ご縁があるように・・・)したことが懐かしくよみがえってきました
    それにしてもこんな風に人間に姿を見せながら神様が集まってきたら楽しいでしょうね

    掲載日:2012/02/21

    参考になりました
    感謝
    0

27件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    小さなどんぐりちゃんと落ち葉の優しく切ない命のつながりの物語


『キッズペディア 地球館 生命の星のひみつ』 編集者 秋窪俊郎さんインタビュー

みんなの声(27人)

絵本の評価(4.46)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット