ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

ぶつぶついうのだあれ」 みんなの声

ぶつぶついうのだあれ 作:神沢 利子
絵:井上 洋介
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:1980年
ISBN:9784591012727
評価スコア 4.47
評価ランキング 7,182
みんなの声 総数 16
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

16件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 長女にはツボだったみたい

    ウーフはこれまで読んだことあったけど、長女にとってはこの本が一番ツボだったみたいです。
    ウーフが泥まみれでお母さんに軽くあしらわれるところや、お風呂場で自分の姿を見て目を丸くするところ、いろいろ口答え?会話を楽しむところなんかは確かに私が見てもおもしろい。

    ちょっとおっちょこちょいなウーフがほんとにかわいらしく描かれています。

    掲載日:2013/05/18

    参考になりました
    感謝
    1
  • 遊んで泥だらけになって帰って来たウーフがお風呂できれいになって
    ホットケーキを食べるお話。

    泥だらけになったウーフと、それを頭ごなしに叱らず
    ウーフに自主的に体を洗わせるお母さんとの会話が見事です。

    私がもし泥だらけの娘を見たら
    「わー!どろどろ!お風呂!お風呂で体洗っといで!」
    と言ってしまいそうですが、ウーフのおかあさんは一味違う。

    泥だらけのウーフを見て
    「泥んこ怪人がウーフに化けたのかもしれないわ」
    ウーフが自分はウーフだと言っても
    汚れを落としたらウーフかどうか見てあげるわと言って取り合わない。
    それを聞いてウーフはお風呂に泥を落としに行きます。

    なるほど、こういう返しがあるんだな・・・。
    子供の頃読んだときはその後のホットケーキを
    作っているときの会話のくだりが好きだったのですが、
    子供を持って読むと母親目線で勉強させられました。

    他のウーフシリーズも読みましたが、
    2歳半にはホットケーキが身近で分かりやすかったようで、
    一番反応がよかったです。

    掲載日:2015/07/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 娘も真剣に聞いていました!

    4歳幼稚園年少さんの娘に読み聞かせてみました。
    文章の多さ,お話の内容,幼稚園児にぴったりで親子で楽しめました。
    くまの子ウーフとお母さんのやり取りが面白い絵本です!
    くまの子ウーフの本,他にも色々読んでみたくなりました。

    掲載日:2015/03/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • ぬかるみにはまったウーフ。

    • 梅木水晶さん
    • 30代
    • ママ
    • 山形県
    • 女の子3歳、男の子1歳

    私も田植えをした時にこのような感覚に陥りました。何故か映画「ネバーエンディングストーリー」で馬がぬかるみにはまるシーンを思い出しました。母の愛を感じられる絵本です。私も子供らにとってこんな感じの深い母親でありたいな。

    掲載日:2015/03/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • ふふふ♪

    ウーフのひとりごと、やること、反応、全てが、ちいさな子どもらしくて可愛いです。
    ちいさな子にとっては、全てのものに命があって、お友達になれるんだなって感心しました。
    後半のおかあさんとのやりとりがまた、漫才みたいで面白いです。
    くまの子ウーフ。
    純粋なこころがいっぱい詰まったお話です。

    掲載日:2014/11/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • お母さんがおもしろい

    このシリーズ大好きなので3歳の息子に
    図書館で借りてきました。

    ウーフがどろだらけになって帰ってきました。
    そんなウーフをみてお母さんたら、
    誰かしら???なんて知らないふり。

    ぶつぶつ言うのはだれ?
    と、ウーフをちょっとせめてみたり。

    だけど綺麗になったウーフと一緒に
    ホットケーキを作るときにいうウーフの一言に
    笑ってしまいました。
    おかしい〜!座布団1枚!

    掲載日:2014/11/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • ほっとします

    どろんこになってかえってきたウーフ。
    ホットケーキってその名前の通りにほっと安心する
    食べものなんだろうなと思いました。家に帰ってきて
    お母さんが作ってくれるホットケーキ。お母さんとウーフの
    やりとりに、ホットケーキがほっと安心感を与えてくれます。
    ホットケーキとお母さんの温かさが重なる絵本でした。

    掲載日:2013/03/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • ぶつぶついうのだあれ

    ほのぼのしたウーフのある一日。

    ウーフがぬかるみで転んでどろんこ怪獣になっちゃうところが、
    娘とかぶります。
    本当に誰かしら?って思うほど汚すんですから。

    ウーフの名前と姿は知っていたのですが、
    絵本は大人になってから読みました。
    綺麗な色の絵で、ほのぼのした文章にとてもよく合います。
    シリーズのそれぞれが季節感のあるものなので年間楽しめそうです。
    まぁまぁの読み応えがありますが、小さな子でも最後まで
    飽きない内容だと思います。

    掲載日:2010/05/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • ウーフ

    小学校の時に教科書でクマの子ウーフの話を読んで以来このシリーズが好きなので選びました。タイトルがユニークで心を揺さぶられました。水溜りにも話しかけている主人公がとても愛らしかったです。人がどんなことを思っているのか自分自身で考える主人公はとても素晴しいと思いました。お母さんが焼くホットケーキがとても美味しそうなので私も今日もおやつはホットケーキが食べたくなりました。

    掲載日:2010/04/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • どろんこかいじん

    「どろんこかいじん」と言ってウーフを自分から自主的に導くおかあさ

    んの扱いに脱帽です。

    泥んこになったウーフを怒らないで上手く扱っているおかあさんが素敵

    だなあって思いました。とても子供らしく素直にのびのびと育っている

    ウーフは幸せだと思います。

    ホットケーキの「ぶつぶつ」って裏を返す合図ですが、ちょっぴり残念

    だったのが、もう少し黄色がかった色の方がもっと美味しそうに見える

    のでそこだけが気になった私です。ウーフのおかあさんを見習いたいと

    思いました。やっぱり、ホットケーキは美味しそうで食べたくなりまし

    た。美味しいものって幸せにする力があるから大好きです。娘が子供の

    頃、自分で読んでいたお薦めの絵本です。

    掲載日:2010/04/09

    参考になりました
    感謝
    0

16件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / ちょっとだけまいご / たまごがいっぱい

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うきわねこ
    うきわねこの試し読みができます!
    うきわねこ
    作:蜂飼 耳 絵:牧野 千穂 出版社:ブロンズ新社 ブロンズ新社の特集ページがあります!
    MOE絵本屋さん大賞第2位!満月の夜の、ふしぎなおはなし。


宮部みゆきさん × 佐竹美保さん 対談インタビュー

みんなの声(16人)

絵本の評価(4.47)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット