ナージャの5つのがっこう ナージャの5つのがっこう
著: キリーロバ・ナージャ 絵: 市原 淳  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
どんな教室だったらたのしいと思う? 読んでみよー、考えてみよー!

しずかなおはなし」 みんなの声

しずかなおはなし 作:サムイル・マルシャーク
絵:ウラジミル・レーベデフ
訳:内田 莉莎子
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,100+税
発行日:1963年12月
ISBN:9784834000177
評価スコア 4.07
評価ランキング 20,084
みんなの声 総数 40
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

40件見つかりました

  • 懐かしい作品

    • ジュンイチさん
    • 40代
    • パパ
    • 広島県
    • 男の子12歳、男の子6歳

    ソビエトの代表的な絵本という触書の作品ですが、日本での初版が1963年。
    今回読んだのが、1970年の第20刷でしたが、何と330円です。
    今は、1155円が定価ですから、本当に息の長い作品です。

    物語は、灰色のハリネズミの一家が、散歩に出かけるシーンで始まります。
    その荒涼とした静かな森の描写は、心に響くものがあります。
    そこで、オオカミと出会ってしまい、パパとママハリネズミは体の針を逆立て丸くなるのです。
    パパとママハリネズミに言われ、坊やのハリネズミも丸くなりますが、オオカミが何とかしようとする場面は、緊張感みなぎるもの。
    「くびはどこだ おかなはどこだ?
    はなはどこだ みみはどこだ?」
    こんなオオカミの言動は、考えるだけでぞっとすることでしょう。
    遠くで鉄砲の音がして、オオカミ達は立ち去り、難を逃れるハリネズミなのですが、ホッとするお子さんも多い展開だと思います。

    とても短い話なのですが、起承転結がハッキリしていて読み聞かせし易い作品です。
    親子2代にわたって読み聞かせ出来る作品の1つとしてオススメします。

    投稿日:2012/02/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • しずかな時間

    騒がしい毎日、
    夜寝る前にでも、こんな本がおすすめです。

    表紙をみるとおり
    はりねずみさんが主人公。
    はりねずみさんの日常を
    たんたんと描いているのですが
    確かに静か!!

    ロシアのおはなしと聞いてなんだかなっとくしてしまいました。

    投稿日:2012/02/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 静かにゆったりと

    • ぎんにゃんさん
    • 30代
    • ママ
    • 京都府
    • 女の子3歳、男の子1歳

    海外のこういう雰囲気の絵本ってどこか懐かしくて見ているだけで気持ちが落ち着きます。
    最初に繰り返される「しずかな しずかな」というフレーズが導入剤になって、静かな世界に引き込まれます。静かな世界、はりねずみの親子がおおかみに見つかって襲われるシーン、じっと丸まって耐える様子は臨場感があります。おおかみが逃げて、最後はホッとしてまた静かな世界。寝る前の読み聞かせにも最適です。

    投稿日:2012/02/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 無事でよかった

    はりねずみ一家が無事でよかったと思いました。

    いつ、おおかみに食べられてしまうのかと心配でしたが、落ち着いて忍

    耐強く頑張った甲斐があったと思いました。二匹のおおかみも逃げるこ

    とが出来てなんだかほっとしました。

    投稿日:2012/01/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 静かな森の中での出来事

     ミュージカル「森は生きている」でよく知られるマルシャークが書いた詩が絵本になったものです。

     静まりかえった森の中での出来事が描かれています。しずかなお話となっていますが,ハリネズミを狙うおおかみとの息詰まるような緊迫した場面が印象的です。
     誰もが寝静まった森の中での,生死をかけた動物たちの営みが,抑えた色彩で,描かれています。

     息子に読んであげた時も,初めは小さな声で,おおかみと出会う場面は,少し強い口調で,無事にうちに帰り着いた時は,また小さな声で,抑揚をつけて読んでみました。

     森の静けさが,心にしみるような絵本です。

    投稿日:2011/05/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • ハリネズミの出てくる絵本を探して

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子15歳、女の子10歳

    この絵本は1963年初版です。驚きの古さ!
    昔の絵本は裏表紙や中表紙も細かく丁寧な作りになっていることが多いですよね。
    この絵本も、木枯らしが吹く季節に地面に落ちていそうなものがいろいろと描かれていて、楽しめました。

    個人的にハリネズミ(ヤマアラシ)って、好きなんです。
    なんかハリネズミが出てくる絵本で、2,3歳のお子さんにお薦めなのはないかな〜と、図書館で探してきました。
    読んであげれば聞けないことはないと思いますが、この絵本は4,5から小学校低学年くらいのお子さんに良さそうな感じでした。

    ちなみに、この絵本の邦訳も内田 莉莎子さんです。

    投稿日:2011/01/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 小さい声で

    私が小さい頃に買ってもらった絵本です。
    1969年の版(なので280円!笑)。
    しずかなしずかな物語なので、小さい頃、私は
    あまり好きではありませんでした。もっと
    明るいお話が好きだったのです。
    でも、大人になった今、読み返してみると
    いいなあって思います。
    ロシアの寒くて静かな森が浮かんできます。

    しずかな声で、娘にも読んであげます。
    娘はしずかに聴いていますが、もしかしたら
    小さい頃の私と同じように、まだ、それほど
    いいとは思っていないかもしれないなあ。
    おおかみが登場するのも不安になるようです。

    投稿日:2010/10/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • とぷとぷとぷという足音が素敵です

    本屋で見つけて私が気に入って買いました。

    購入時、息子はまだ1歳で、初め頃は見向きもしなかったのですが、2歳を過ぎた頃から、「とぷとぷとぷ読む〜!」と言うようになりました。

    はりねずみ一家の散歩の足音が、とぷ とぷ とぷ なのです。おおかみに襲われそうになって、あまり穏やかではない状況なのですが、なぜか静かな気持ちになれるから不思議です。

    うちは子供は息子一人で、このはりねずみ一家と同じです。それもあって何だかしっくりきて、ついつい手に取ってしまいます。息子も他の絵本を読む時は、絵から色々な発見をしたりして喋りながら楽しむのですが、この絵本は黙って聞いています。はりねずみがどんな生き物か実感はないはずなのに、その世界に浸れるのは絵本が優れているからだと思います。

    投稿日:2010/07/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • そっと、そっと読んでみて!

    • クマトラさん
    • 40代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子6歳、男の子1歳

    ‘しずかなおはなし’なのでヒソヒソ読みました。
    全体的にモノクロの絵、オオカミが虎視眈々とハリネズミを
    狙う様子、とても張り詰めたお話かと思いましたが、
    ハリネズミがオオカミに、小さいながら利口かつ冷静に
    立ち振る舞う様子は心強かったです。
    ヒソヒソ読んだせいか、オオカミが立ち去った後の以前と変わりない
    平静さが、モノクロの絵で一段と印象的で滑稽でした。
    ハリネズミの丸〜い愛らしい背中は、何事にも動じない性格を
    物語っているように見えました。

    投稿日:2010/07/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • イタイイタイ

    はりねずみが身を守るシーンで息子はオオカミを指差して
    「イタイイタイ」と言い オオカミをなでなでしていました。
    これではどちらが悪者なのかわからないと苦笑いです。
    でも、確かにどちらが悪者とは言えないことです。
    先入観を持たずに読む子と一緒の読書は面白いと感じています。

    投稿日:2010/03/20

    参考になりました
    感謝
    0

40件見つかりました

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



お子さんやお孫さんと話をしながら読みたい、心やすらぐ絵本

全ページためしよみ
年齢別絵本セット