だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

なかよしえほん」 みんなの声

なかよしえほん 作:つちだ よしはる
出版社:リーブル リーブルの特集ページがあります!
本体価格:\900+税
発行日:1995年05月01日
ISBN:9784947581099
評価スコア 4.25
評価ランキング 14,274
みんなの声 総数 3
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 土田義晴さん

    土田義晴さんの作品だったのでこの絵本を選びました。双子のようにそっくりな主人公たちが魅力的でした。自分の物と決め付けずにお互いに譲り合って仲良くした方が楽しさが倍増する事を教えてくれた絵本でした。土田さんの優しいタッチの絵がとてもほのぼのしていて眺めていると優しい気分になれました。沢山の仲間がいる主人公達は幸せだと思いました。

    掲載日:2009/01/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 譲り合い

    ももちゃんとはなちゃんの可愛い絵と動物達が沢山出てきて喜びます。
    マダわからなくても読んでやれば、じぃーと聞いてくれます。保育園前の子に、譲り合う大切さを学べる絵本だと思います。「ライオンさんの」{ごめんなさい}ももちゃん、はなちゃんの{ごめんなさい}もよかったです。しつけにも役に立っている絵本だと思いました。

    掲載日:2008/11/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 友達と仲良くしてね。心を込めました。

    • NON×2さん
    • 30代
    • ママ
    • 愛媛県
    • 男の子8歳、女の子5歳

    でてくる2人の女の子は双子だろうか?
    「ももちゃんとはなちゃん」のお話です。

    ももちゃんの仲良しが犬なら、
    はなちゃんはねこ。

    ももちゃんがりすなら、
    はなちゃんはうさぎ。

    いっぱい続きます。

    けれども、はなちゃんの仲良し ライオンが、ももちゃんをおどかします。
    はなちゃんがおこって、ライオンは、
    「ごめんなさい」

    最後は、
    ももちゃんの仲良し ぞうさん。
    ちがうちがう
    はなちゃんの仲良し 

    二人がぞうさん取り合いに。
    ぞうさんが「痛い、痛い」と泣く。

    「ごめんなさい」
    そうして、二人は仲直りして、また仲良しに。

    幼稚園の子供にぴったし。
    お友達と仲良くして欲しい。譲りあうことも大事ってことが分かればなぁと、読みました。
    かわいい絵だから、この本大好きみたいです。

    掲載日:2006/11/13

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『キッズペディア 地球館 生命の星のひみつ』 編集者 秋窪俊郎さんインタビュー

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.25)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット