うさぎマンション うさぎマンション うさぎマンションの試し読みができます!
作: のはな はるか  出版社: くもん出版
うさぎマンションには、 画家、パン屋、音楽家、魔法使い… いろんなうさぎが住んでいます。1部屋ごとに進行する物語を 見つけて、楽しむ絵本。

さるじぞうほいほい」 みんなの声

さるじぞうほいほい 作:大川 悦生
絵:梅田 俊作
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:1976年
ISBN:9784591016626
評価スコア 4.43
評価ランキング 8,020
みんなの声 総数 6
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ほいほい

    タイトルに「ほいほい」とあったので、アレンジされた別のお話かと思ったら、昔話そのままでしたね。
    くすっと笑える、かわいいお話です。
    昔話の流れでいったら、隣のおじいさんは「悪者じいさん」ということになるでしょう。
    それでも、このおじいさんは、なんだか憎めないなーと思いました。

    掲載日:2012/05/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • このお話は 語り出来いていたので知っていました

    絵本もなかなかおもしろく 大川悦生さんのお話に 梅田俊作さんの絵がおもしろくて 楽しめました

    おじいさんをさるたちがかついで山越え 谷越え リズムがあって
    ゆすぶられて、しりのあたりが くすぐったくて 「ぷうっ」おならするところも
    さるたちが 「おこうの けむり、 ほいの ほいほい。」というところも笑えます
    お話のリズムが良い昔話は かならずといっていいほど いいおじいさん となりのじいいさまと対ででてきます 
    おならのくさいこと「ぶっぷー」
    このあたりの違いがなんとも おもしろくて、 結末が何となく分かっていても楽しめるのです
    昔話のおもしろさ 絵の楽しさが 両方楽しい絵本でした

    これで おしまい どんどはらい。 

    掲載日:2012/02/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 知っているお話でも

    「このお話知ってるよ」と言った息子も、語り口調とお猿の仕草の表現には黙ってくれました。
    昔話はストーリーだけではなく、その表現方法で、何度読んでも楽しめる味わい、耳に心地良い響きが保たれるのだと思います。
    日常語ではない、方言口調、オノマトペ、形容語のオリジナリティ・非日常性…、大川悦生さんの語りはしみじみとしていて、とても味わいがあります。
    梅田俊作さんも昔話を描かせたら、味わいたっぷり、楽しみたっぷりで魅力的です。

    貧しくてお米のおにぎりも食べられない生活のおじいさん。
    そばこもちをお弁当にもって働きに出ました。
    そばこが顔についたまま寝入ってしまったら、お地蔵様に見えたのでしょうか。
    おさるにかつがれた道中もユーモアたっぷり。
    小判を持ち帰ったおじいさんをねたんで、隣のばあさまは自分の家でもじいさまの尻を叩いて、小判にありつこうとします。

    昔話ならではの定番の展開。
    さすがに、子どもは面白おかしく楽しむだけではなく、「隣のじいさんんは悪くない」などと意見をのたまいました。
    損得、善悪、あまりに単純な見方ではなく、このように考えられるようになれば、独りよがりもなくなってくるのでしょうか。

    掲載日:2012/02/15

    参考になりました
    感謝
    0
  •  読みやすい昔話

    • オパーサンさん
    • 30代
    • ママ
    • 福島県
    • 女の子4歳、女の子1歳

    そばこもちを食べたら、顔が灰色になってしまったおじいさん。
    そのまま眠っていたらサルたちが近づいてきて、なんとおじいさんをお地蔵さんと間違えて運び始めました。
    途中で目を覚ましたおじいさんが思わずおならをしてしまうあたり、子どもの心をがっちり掴みます。
    おはなしも絵もやさしい雰囲気で、とても読みやすい昔話だと思いました。

    掲載日:2010/02/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 我慢できなくて、残念!

    • おしんさん
    • 40代
    • ママ
    • 鹿児島県
    • 男の子23歳、女の子21歳、男の子18歳

    お猿さんたちに、お地蔵さんと間違えられたおじいさん。居眠りをしている間に、お猿さんに担がれて、山のお堂に運ばれます。そして、素敵なお供え物を持って帰ることができました。お隣の悪いおじいさんは、途中でばれてしまって川にどっぼーん!
    まねをしてもうまくいかないものです。
    お話の展開も面白いのですが、なんといっても擬音の使い方が面白く楽しい気持ちになりました。また、お猿さんたちの歌も、なかなか表現豊かで、ついつい、いっしょに歌いたくなりました。
    子どもたちにとっては、優しい絵、色使いと、優しい文章表現で、心がほんわかになりそうです。

    掲載日:2007/12/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 「あっため返し」

    • MAYUMIさん
    • 40代
    • ママ
    • 大阪府
    • 女の子22歳、女の子20歳、女の子18歳

     一つの昔話を繰り返し語る事を
    「あっため返し」というそうだ。(紹介文より)
    まさに、この絵本は、何度でも読んで欲しい民話だ。

    猿達に地蔵様と間違えられたじいさまは、
    山のお堂に運ばれる事になる。
    猿達の運び方がユニークで楽しく、まるでお祭り気分だ。
     『♪さるの しりぺたぬらしても
       地蔵のしりはぬらすなよ♪』
    の歌の愉快な事・・・耳から離れなくて困ってしまう!
    猿達の掛け合いがコミカルで、これまた楽しい気分を盛り上げてくれる。

    気が良くて朗らかなじいさまと、
    陽気でヤンチャな野生の猿達との、
    楽しい場面が続き、子どもと達と一緒に、
    笑って読める民話だ。
    そして、お決まりの隣のじいさまも登場。
    さて、その結末は・・・?!

    掲載日:2007/01/14

    参考になりました
    感謝
    0

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • こどものなかま
    こどものなかま
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    ペンギンのなかま、クジラのなかま、サイのなかま、なかまと出会い遊んだあとで、ぼくがみつけたのは…
  • クリスマスのほし
    クリスマスのほし
     出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    クリスマスのプレゼントに!森の仲間たちとトナカイのトニーの素敵なクリスマスのおはなし。


『誰も知らない世界のことわざ』翻訳者・前田まゆみさんインタビュー

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.43)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット