すうじかるた 100かいだてのいえ すうじかるた 100かいだてのいえ
作: いわい としお  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
かるた以外の遊び方もたくさん! 絵本から生まれたあたらしいかるた
りおらんらんさん 30代・ママ

買ってよかったです
100かいだてシリーズ。子供たちが大好…

ふたりの雪だるま」 みんなの声

ふたりの雪だるま 作・絵:M.B.ゴフスタイン
訳:谷川 俊太郎
出版社:すえもりブックス
本体価格:\1,500+税
発行日:1992年
ISBN:9784915777073
評価スコア 4.29
評価ランキング 14,261
みんなの声 総数 6
「ふたりの雪だるま」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • お父さんナイス

    二人で作ったゆきだるまかと思ったら、奥の深いお話でした。
    二人で作ったゆきだるまが、ひとりぼっちでいることが可哀想でならない姉弟って、素晴らしいと思います。
    そのナイーブな優しさをしっかり受けとめたお父さんのしたことが、さんにんのゆきだるま(?)にしてくれました。
    いいお話なので、絵ももう少しくっきりしている方が良いと思いました。

    掲載日:2017/02/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 雪の日の家族

    このお話は、雪の日に雪だるまを作った姉弟のお姉ちゃんが、雪だるまがひとりだと寂しいのでお父さんと一緒に夕食後にその雪だるまの奥さんを作ってあげたお話でした。弟と作っていた時は、お姉ちゃんの思うままの雪だるまを作っていたのに、お父さんと作るときはお父さんに遠慮しながら作ったりしていたのがなんかかわいかったです。

    掲載日:2017/02/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 冬だけど暖かそう

    • 10月さん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子5歳

    大好きなゴフスタインさんの絵本。
    線で描かれたものではなく、グレーの紙にパステルで描かれているのが
    珍しくて手に取りました。

    白い雪や、子どもたちのたぶんウールであろう洋服の感じが
    グレー地にパステルのこの表現でとっても感じが出ててなるほどなぁって思いました。
    雪の中で遊ぶ子どもたちやお父さんの後姿がかわいい。
    お父さんも子どもたちに負けじと、腰をぽっきり曲げて
    無心で雪だるまを作っているのがいいなぁと微笑ましかったです。

    冬で雪のお話だけど、あたたかいぬくもりを感じます。
    幸せな家族のお話です。
    そしてもうひとつ思ったのは、「あちらの雪だるまは、玉が三つで足もあるんだなぁ」ということでした。

    掲載日:2011/08/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 特別な雪だるま

    仲良しの弟と一生懸命作った特別な雪だるま。
    だからこそ 女の子は 
    雪だるまがひとりで佇んでいることに とても心を痛めるのでしょう。
    自分だけ楽しく食事をする気分になんてなれない。

    対するお母さんはお決まりのセリフを言うのだけれど、
    それでもこの両親の対応はすばらしい。

    またひとつ 特別な雪だるまが出来上がり
    読んでいて ほんわかした気分に。
    弟が言う最後のセリフ。
    「これで雪だるまもふたりになれたね」
    この『も』に弟の優しさと家庭のぬくもりを感じます。
    やさしいお話で大好きになりました。

    掲載日:2008/12/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 雪国の思い出があったかくしみます

     雪国で暮らす家族なら、誰でも同じような経験をもっていて、思い出すだけでもあったかくなる・・・そんな一場面をすごくかわいいシンプルな絵で、表現しています。 
     おねえちゃんのセリフと心情が、特別じゃないんだけど、「そうそう」「あるある」・・・っていう感じなのかなぁ〜すごく和むんですよね。

    掲載日:2008/01/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • しんみりと温かい本

    • おるがんさん
    • 40代
    • ママ
    • 高知県
    • 女の子13歳、男の子11歳

    パステル画で、登場人物は顔が描いてありません。
    でも、表情が目に浮かんできます。

    兄弟で楽しく作った雪だるまですが、ひとりぼっちで暗い中立っている
    雪だるまがかわいそうで、デザートが食べられないほどです。
    お父さんが一緒に、もうひとつ雪だるまを作ってくれます。

    1つめの雪だるまは、汚れないように気をつけて作りますが、
    お父さんは、ごみや落ち葉をくっつけてしまいます。
    でも、きれいなガウンにみえるという所が、じーんとしました。

    寒い夜にお薦めな本です。

    掲載日:2006/11/17

    参考になりました
    感謝
    0

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

すてきな三にんぐみ / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / 100万回生きたねこ / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★


『きょうふのおばけにんじん』<br>中川ひろたかさんインタビュー

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.29)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット