しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

ママがおこるとかなしいの」 みんなの声

ママがおこるとかなしいの 作:せがわ ふみこ
絵:モチヅキマリ
出版社:金の星社 金の星社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2006年08月
ISBN:9784323070803
評価スコア 4.56
評価ランキング 4,404
みんなの声 総数 17
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

17件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 育児で悩むママへ

    • とっちゃんさん
    • 30代
    • ママ
    • 千葉県
    • 女の子7歳、女の子4歳

    書店で何気なく手にとった本ですが、読んでみて、コレって・・・
    子どもへの態度の戒め本だ!?と、その場で買って帰ってきました。
    私の戒めに今は家の目の着くところにおいてあります。(^^;
    子どもは、言葉数が少ないので自分の思ったことがうまく
    言えないことが多いですよね。
    親の私がその真意をくんであげなければいけないのに、
    「どうせ×××でしょ!」とか、「また×××したの!」
    とか言ってしまうのは、ダメ親ですよね・・・。
    育児に悩むママ!この本は、子どもへの接し方のヒントになりますよ〜。

    掲載日:2007/08/30

    参考になりました
    感謝
    1
  • 子育て中のお母さんへの絵本

    この絵本、題名にまずドキッ。
    そして読んでさらにドキドキでした。
    だって本当、子供にとってはこういった主張したくなる場面多々あるんだろうなあ〜って。
    自分が子供のころに何度となくそう思っていたのに、
    いつのまにか親になって、そんなこと忘れていたなあと・・・
    もう反省しきりになってしまいました。
    そんな反省の意味もこめて我が家の本棚におかなくては思った絵本でした^^;

    そしていつかメグちゃんのおばあちゃんのように、
    子供から「ママの耳は魔法の耳だね!」っていってもらえるスーパーママちゃんになれるように頑張っていきたいですね☆彡

    掲載日:2007/08/06

    参考になりました
    感謝
    1
  • 親のための絵本かも・・・

    • ひいこたんさん
    • 20代
    • ママ
    • 福井県
    • 女の子8歳、男の子5歳、男の子3歳

    図書館で私が借りてきた絵本です。
    毎日、忙しくて、分かってはいるけど、ついつい
    「早くしなさい!!」って、ガミガミp(`ε´q)

    頭では分かってるんですよね。子供の気持ちになって、答えてあげないとって・・・この題名のように、うちの子達も
    『ままがおこるとかなしいの』
    って思ってるよね。と思って、手に取りました。

    子供の気持ちが分かる“魔法の耳”、大切なことを問いかけてくれる、親のための絵本です。

    うちの子、言うこと聞かなくて困るわ。って言ってるママにぜひ、読んでもらいたい1冊です。

    読み終わった後、子供に
    『ママは、魔法の耳持ってる??』って聞かれました。

    今度、また、読む機会があったら、次は、
    『ママは、魔法の耳、持ってるよね(≧ω≦。)』
    って言って貰える、素敵なママになれるといいな。

    掲載日:2007/02/01

    参考になりました
    感謝
    1
  • 子育てバイブル?

    お子さんが悩んでるとき、
    お子さんの動作が遅いとき
    そんなときついつい先回りしてしまって
    お子さんの気持ちを考えずにお母さん・お父さんが
    どんどん解決してしまった!ってことありませんか?
    それは決して解決したのではなく、
    自己満足ってことも知って欲しい。

    この本にはそう言ったこどもの気持ちに気づいて!
    そして寄り添って一緒に考えて!
    そう言ったメッセージがたくさん込められています

    子育てに悩んだり、つまずいたときに是非
    てにとってよんでもらいたい作品です。

    掲載日:2006/12/14

    参考になりました
    感謝
    1
  • 魔法の耳

    • さたちゃんさん
    • 30代
    • ママ
    • 新潟県
    • 男の子6歳、女の子3歳

    題名にまず ドキッ!! としました。
    勿論 分かってはいるのですが 怒りすぎているのは
    事実だし・・・きっと 子供だって嫌な気分のはず。

    主人公のメグは仲良しのたっくんと喧嘩した。
    ママは メグが悪いんじゃない?? 早く謝る様にと忠告。
    終いに「おともだちがいなくなっちゃうよ」と脅す。

    そうじゃないのに・・・
    ママは私をそんな風に思っていうのかぁ。

    パパはパパで 他の子と遊んだら とアドバイスするし
    おにぃちゃんは 仕返しすればいいと入れ知恵。

    どれも メグの気持ちじゃない!!!

    おばあちゃんに話すと
    おばあちゃんはメグの本当の気持ちを分かってくれた。

    こんな感じで メグちゃんの心のモヤモヤが晴れ
    また一つ成長する お話しです。

    その中で「おばあちゃんのみみ まほうのみみ?」と
    メグが思う所があります。
    本当の心の奥の思いを おばあちゃんだけが 分かってくれた!! 
    ママもパパも気が付いてくれなかったのに・・・。

    いやぁ〜 参りました。
    子供の気持ちって 本当にこの通りなんだろうなぁ〜。
    良かれと思って 言っているつもりが 子供には
    伝わらず 結局反発される。そして また親は怒る!!
    良くない 繰り返し。分かってはいるが・・・
    反省しました。

    おばあちゃんが 
    「ママにもパパにも 魔法の耳はあるんだよ。」
    と 言う言葉に またまた ハッとし もう少し
    心に余裕を持ち 子どもを信じてあげなければと
    思ったりしました。 
    この絵本に 出会えて本当に良かったです。

    掲載日:2006/11/17

    参考になりました
    感謝
    1
  • おばあちゃん

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子3歳、女の子1歳

    私も余裕がない時は特にこのお話のおかあさんのような子供が望んでいない言い方をしているような…と身に覚えが。
    この子はおばあちゃんがたぶん自分でもわからなかったこの子の本当の気持ちを分かってくれて救われましたね。
    まほうのみみっていう言い方が良いです。この子にしてみれば本当に魔法に思えたのでしょう。
    私も子供の思いをくみ取ってあげられる母親でありたいです。

    掲載日:2014/06/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 明日は笑顔で子育てしよう

    タイトルからしてストレートです。
    そう、そのまんまな内容なのですが
    とにかくわかりやすいんです。

    女の子がお友達とケンカして帰ってきたとき
    家族のみんなはそれぞれ違うことを言います。

    「あなたがさきに手をだしたんでしょう?」
    「そのこ、いじわるだから、もう遊ばないほうがいいよ」
    「やられたら、やりかえせばいいんだよ」

    でも、女の子が望んでいるのは違うことなんですよね。
    それをわかってくれる大人がいてくれてよかったなぁと
    温かい気持ちにさせてくれる絵本です。

    その子自身がどうしたいか・・・
    ゆっくり静かに向き合ってくれる大人。
    そんな大人になれているかな?
    反省させられる内容でもあります(汗)

    掲載日:2012/05/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子供向けではなく子育てに悩んでいるママへ

    4歳2ヶ月の息子に読んでやりました。普通に絵本として読んでやっていたら、おや?おや?とだんだん話がおかしなことに。絵本ではありますが、そのメッセージは子育てに悩むママたちへのもの。いわば、子供の心を代弁しているようなものです。私はコーチングを勉強したので、このテクニックはコーチングのものだな、と読んでいてすぐわかりました。具体的にコーチングという言葉はでてきませんので、すんなりと理解できるかもしれません。子供の声を聞く、そんなことを体験したい人にはお勧めです。子供向けの絵本ではありません。

    掲載日:2011/11/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • おばあちゃん

    この絵本に登場するおばあちゃんの役割が出来たらどんなにいいだろうと思いました。じいじ、ばあばは現役で子育てしてないから自分の子供を育ててる時よりか孫を怒らずにいられるし、孫って本当に可愛いだけで怒るようなことでも可愛くて仕方ないので傍にいてもらえるだけで充分に幸せです。余裕が出てきたのか、どうしてほしいのかを先ず考えてしまうしどうしても孫には甘くなってしまいます。魔法の耳を持ちたいと思いました。

    掲載日:2011/09/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 母親になるって難しい

    娘たちではなく、自分のために読みました。
    心の目を持ちたいと思います。
    ちくちくと言ってしまいがち。
    でも本当に難しい。
    ママだって、悪気があってそう思っているんじゃないよ。と思います。
    私はこのおばあさんは孫の気持ちがわかってすばらしい方とおもいますが、
    自分のお子さんにもそういう態度でいられたでしょうか?
    もう一線を引いているから、見えているのでは?と思いました。
    そこがすごく引っかかりました。

    掲載日:2010/11/16

    参考になりました
    感謝
    0

17件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / めっきらもっきらどおんどん / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / うずらちゃんのかくれんぼ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



「11ぴきのねこ」シリーズ こぐま社相談役 佐藤英和さんインタビュー

みんなの声(17人)

絵本の評価(4.56)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット