なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子の試し読みができます!
作: 松岡 享子 絵: 大社 玲子  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
創刊40年!世代を越えて愛され続ける、不朽の名作です!読み聞かせは4歳から、一人読みは6歳から
しろりりんさん 50代・その他の方

幼児におすすめ
5歳くらいの子におすすめだと思います。…

ききみみずきん」 みんなの声

ききみみずきん 作:岩崎 京子
絵:若菜珪
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:1967年
ISBN:9784591003824
評価スコア 4.29
評価ランキング 14,308
みんなの声 総数 6
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • こんな話だったのか・・・

    • じっこさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子6歳、男の子2歳

    ある若者が、いじめられていたきつねを助けます。そのきつねの親が若者にお礼として不思議な頭巾をくれます。その頭巾は、動物や木の言うことが聞ける不思議な頭巾だったのです。その頭巾で、若者は、長者の病気の娘を救おうとします。
    『ききみみずきん』は聞いたことがありますが、内容は全くおぼえていませんでした。親切な若者が幸せになる、いいお話でした。娘は、あまり意味がわからなかったらしいです。

    掲載日:2017/09/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • きつねの恩返し

    まじめで働き者の若者がキツネのこどもを助けます。
    翌日、親ぎつねが表れて、子供のお礼を言い、古い頭巾をくれました。
    なにげなく、木陰で休んでいるときにかぶってみると、小鳥たちのうわさばなしが聞こえました。
    その晩、家に帰って、屋根の上の2匹のカラスの話を、小耳にはさみます。
    そして、クスノキを助けることで、長者の娘の病気が治るお話でした。
    昔話らしい、語り口がきれいです。
    ききみみ頭巾のお話は、細かい部分がいろいろ違うようですが
    このお話も面白かったです。

    掲載日:2017/02/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 植物の力

    「ききみみずきん」は、動物の話し声が聞こえるもの・・・とは覚えていましたが、お話としてはどんな流れだったものかと思って、子供と一緒に読みました。

    そうそう、動物だけでなく植物の声も聞こえるんでしたよね。

    昔話には珍しく、悪いおじいさんも鬼なども登場しない、とてもおだやかなお話だなと思います。
    鬼が苦手なうちの子にも、安心して読めますね。

    おまけの一話も面白かったです。

    掲載日:2012/04/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • めでたしめでたし

    被ると鳥や木の話がわかる不思議な頭巾。
    探ってみると、頭巾の入手方法、話の内容がとてもバリエーションに富んでいるようです。
    このお話は助けたキツネにもらった頭巾。
    その頭巾を使って長者どんの娘の病気を治した若者は娘と結婚するのです。
    木下順二の作品では、母親思いの若者は、長者どんの娘とは結婚せず、しみじみと味わいのある内容でしたが、この岩崎京子版は日本の昔話の正当路線を言っていると思います。
    こちらの方が、子どもたちのリアクションが期待できそうです。
    登場するキャラクターも子供向けかもしれません。
    私には無難さがなんだか物足りないのですが。

    掲載日:2011/10/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • 良いお話はいつまでも

    • はやつぐさん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 男の子7歳、女の子5歳

    ききみみずきん。昔話のそのまま忠実な絵本です。
    でも絵が昔話にとっても合っていて素敵です。
    昔の語り口調も優しいく暖かい感じが伝わってきます。
    このように良い昔話はいつまでも大事にしていきたいですね。
    我が家の子供たちは「人間だけじゃなくて動物にも木にの気持ちがあるんだね」っと言っていました。
    昔話は色んなことを学べる本ですね。

    掲載日:2009/12/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • めでたしめでたし

    主人公の若者がいじめられているキツネを助け、
    助けたお礼に頭巾をもらいます。
    その頭巾はかぶると動物などの話が
    聞けるようになるという不思議なものでした。
    その頭巾をかぶり、鳥達の話で、
    「長者どんの娘さんの病気が良くならない」ということを
    知った若者は、娘を助けに行きます・・・

    いじめられていた動物を助けて、
    恩返ししてもらう民話はなじみ深いですが、
    『浦島太郎』や『鶴の恩返し』の最後は、
    めでたしめでたしとは、言えません。
    この『ききみみずきん』は心優しい若者が
    最後に幸せになってくれるところがお気に入りです。

    若菜珪さんの絵が、お話にとても合っています。
    色もきれいで、表情も分かりやすいので、
    子どもにもピッタリだと思います。

    娘さんのお布団が4段重ねになっていることに
    気がついた娘は真似をしたがります。
    親が文字を追っている時に、
    子どもは本当に良く絵を見ているなぁ
    と、改めて思いました

    掲載日:2006/11/18

    参考になりました
    感謝
    0

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

すてきな三にんぐみ / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / めっきらもっきらどおんどん / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。


本屋さんイチオシ(読売KODOMO新聞)

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.29)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット