しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

もしも ねこが サーカスに いったら」 みんなの声

もしも ねこが サーカスに いったら 作:石津 ちひろ
絵:ささめや ゆき
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2006年10月
ISBN:9784061323094
評価スコア 3.92
評価ランキング 28,578
みんなの声 総数 11
「もしも ねこが サーカスに いったら」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

11件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • かわいいドジ

    猫って、とっても身軽ですよね。
    なので、この絵本のタイトルを見たときに、きっとすごい技が見られるのかもしれない、なんて期待していました。
    ところが、おやおや・・・
    ドジばっかりで驚きましたが、笑えましたよ。

    掲載日:2014/05/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 猫たちの表情やしぐさが面白かった。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子16歳、女の子11歳

    読んでいて、「ぼちぼちいこか」を思い出してしまいました。
    そっくりではないけれど、できる!かもしれないと思っていたことができなかった…。
    という展開が似ていました。
    ささめやさんの描かれる猫たちの表情やら、しぐさやらが面白かったです。
    ストーリーより、その場面その場面を楽しむ絵本かな〜と、思いました。

    掲載日:2011/11/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • サーカスシリーズのネコバージョン

    ネコがびくびくしながらサーカスする姿が面白い。最後に白猫と黒猫が「僕たちには向いてないや」とあっさり去る姿もおかしさがあって良いです。娘も喜んで読んでいました。文字はまあまあ多いので、3〜4歳くらいから読ませ始めるのが良いでしょう。絵は多少暗さがあるので、子供受けはしないこともあるかとは思いますが、内容はとても良いです。

    掲載日:2011/03/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • そんなにうまくはいかないね

    身軽で運動神経抜群のねこですが...ねこがサーカスにいったら、こうなるのです。
    何事もなかなかうまくはいきません。
    サーカスに入って大スターになれたらよかったんだけど、やっぱりネコはネコ。
    自由きままなネコの生活が一番です。
    文章少なめです。
    すぐ読めます。
    ネコたちの曲芸がうまくいかないたびに入る「あーれーっ。」「あれれれら。」「あれれ〜っつ!!」ちょっとずつ違う、でも必ず全場面に出てくるこの「あれれ」が子どもは楽しいみたい。

    掲載日:2011/03/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 気ままが一番

    普通のネコが公園でサーカスにスカウトされる・・・なんていう
    ビックリな始まりのお話。
    いろんなサーカスの芸にチャレンジするけれど
    ことごとく失敗。
    何をやるにも 気ままで自由な猫の様子がうかがえるラストで
    妙にうなづいてしまいました。
    それでも表情豊かにチャレンジするネコちゃんたちがかわいらしい絵本ですね。

    掲載日:2010/09/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 気楽なねこが一番

    サーカスでスターになるよりか、いつもの公園でおもいっきり遊んでい
    るのが一番の幸せだと気づきます。
    平凡な幸せが、一番いいと思えただけでもサーカスへの入門は無駄でなかったと思います。
    平凡な幸せって、無くしてみなければわからないかも知れませんが絵本で気づかせてもらってよかったと思いました。
    クリーム色の色彩が、バックの色が淡い色がとても好きです。
    くろねこのミーシャと妹のサーシャの二人でスカウトされてよかったと思いました。きょうだい仲の良いのも読んでいてうれしかったです。
    2匹のねこの表情も可愛いです。やっぱり気楽にふたりで遊んでいるのが一番の幸せだと思いました。

    掲載日:2009/06/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 背景の色

    表紙の背景のオレンジがかったクリーム色が素敵だったのでこの絵本を選びました。通常の穏やかな日々がいかに幸せなのかを教えてくれる絵本でした。兄弟仲が良い様子もしっかりと伝わってくる描き方も素敵でした。のんびりと自分のリズムで生活する事の至福を描いた最後のページにうっとりしました。兄弟っていいなと感じられる絵本でした。

    掲載日:2009/06/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • あれれれれれーっ。

    • おしんさん
    • 40代
    • ママ
    • 鹿児島県
    • 男の子23歳、女の子21歳、男の子18歳

    黒ねこのミーシャと、白ねこのサーシャはきょうだいです。ある日、公園で遊んでいたら,サーカス団の団長さんに声をかけられました。
    サーカスのスターになれると言われ、厳しい特訓を受けて、得意の曲芸でデビューするのですが、
    「あれれれれれーっ。」
    という具合で、どうもうまくいきません。
    確かに、ねこは、しなやかな体や、抜群のジャンプ力で、色々な曲芸ができそうなのですが…
    華やかな舞台では、違う力が作用するのでしょうか。ねこさんたちの、動きや表情は、なかなか面白いと思いました。
    ねこさんにとっての幸せとはなんなのかも、気づかせてもらえますよ。

    掲載日:2009/04/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • やっぱり木の上が一番

    • そやでさん
    • 20代
    • その他の方
    • 大阪府

    猫のミーシャとサーシャが団長さんにスカウトされてサーカス団へ入るのですが・・・馬に乗っても、火の輪をくぐっても、くうちゅうブランコでもドジばかりふんで「あーれーっ!」の連続。
    躍動感があって楽しいのですが、もう少し動きが分かりやすいと読者にもより伝わったと思います。
    ささめやゆきさんの描く世界はちょっとしたオシャレが利いています。サーカスの字幕、ポスター、猫の着ている衣装にも目を向けてみて下さい。

    掲載日:2007/04/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • ドジばっかり!

    • ぜんママさん
    • 30代
    • ママ
    • 広島県
    • 男の子9歳、女の子7歳

    『あした うちに ねこが くるの』という絵本が大好きな我が家。
    もしかして、続刊?と思い はやる気持ちを抑えながら読みました。
    ねこのミーシャとサーシャが、団長さんにスカウトされて、サーカス団へ入るのです。
    厳しい特訓をうけ、いざ!サーカスデビュー。
    特訓したにもかかわらず、
    出来が悪いのか?ねこはサーカスにむかないのか?
    とにかく ドジばっかり!
    そのバカバカしさが、笑えます。

    掲載日:2007/03/01

    参考になりました
    感謝
    0

11件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / うずらちゃんのかくれんぼ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ハッピーなおやすみのえほん!

みんなの声(11人)

絵本の評価(3.92)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット