しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

にんじんロケット」 みんなの声

にんじんロケット 作・絵:佐々木 マキ
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\280+税
発行日:1992年05月
評価スコア 4.38
評価ランキング 9,495
みんなの声 総数 15
「にんじんロケット」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

15件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 次から次へ

    3歳の長女に読みました。
    身の回りにある物が次から次へと変身していくお話。
    マヨネーズの容器、めがね、バット、色鉛筆、そしてカステラ!!
    しかも変身するのは乗り物です。
    うちの子も楽しんでいましたが、乗り物好きの男の子だったらもっと楽しいでしょうね。

    掲載日:2015/03/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 親子で自由な空想を楽しんで♪

    • くり。さん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子6歳、女の子3歳

    年長の子供が幼稚園で借りてきて、自分で読んでくれました。

    ひとりの男の子が、身の回りの物を見ては
    「○○は××になる!」
    と、次々と空想の世界を思い描いていきます。

    文章はほとんどなく、ストーリーも特にないですし、
    特別に素晴らしい発想や道徳的な何かがあるわけでもないのですが、、、

    思わずうん、うん、と納得してしまうような、自分も子供のときって
    こんなこと考えてたかも〜とにっこりしてしまうような暖かさがあります。

    子供に食パンを出すと、あちこちからかじって
    「みてみてー、イスだよー」
    「フネだよー」
    といろいろな形を作って遊びながら食べるので、時々イライラしちゃったりしますが、
    この本を見て、そんな空想の世界もイイな、と今後はおおらかな気持ちで見守れそうです。

    そして子供に言われて気づいたのですが、絵の中にちょこちょこと、
    細かい趣向が凝らされています。
    例えば、めがねの自転車のページでは、描かれている人物全員がめがねをかけていたり。
    子供と一緒に、あ、ここはこんな風になってるね!と宝探し感覚で見るとより楽しめますよ!

    掲載日:2014/10/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • みたて遊びへ

    のりものがすきな1歳10カ月の息子に。

    マヨネーズの容器、めがね、お母さんのくつ、
    身近なものがどんどん楽しい乗り物に変わっていきます。

    知っているものが、好きなのりものに変身することで
    息子は大喜び。寝る前に読んだのですが、
    エンドレスに「もういっかい!」とせがまれました。
    言葉に出てくるものだけではなく、
    マヨネーズの場面ではやさい、
    せんめんきの場面ではお風呂の蛇口など、
    同じ場面にあるものも変身した後に登場するのも
    新しい発見を探すようで楽しいです。
    子どもがなりきってみたてあそびをする、そんな世界が
    描かれているような楽しい絵本だと思いました。

    掲載日:2012/02/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 何気なく

    『にんじん』と『ロケット』と

    いう言葉に惹かれて読んでみましたが

    意外と乗り物が多く出てきて

    ラッキーでした。

    乗り物が好きな息子はかなり喜んでいて

    読んでみてよかったと思います。

    にんじんロケットは

    最後に登場します。

    掲載日:2011/05/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • ふくらむ空想世界

    身近にあるものからいろんなものに空想を膨らませます。
    マヨネーズが自動車になったりバットが飛行機になったりと楽しい空想です。
    子供はこんな風にいろんな空想をするのかなと微笑ましく思いました。

    掲載日:2011/01/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 何になるかな?

    3歳半の娘に。
    日用品を色々なモノに見立てます。
    こういう想像力を刺激する絵本は、
    色々な発想力を高めてくれそうで、
    積極的に取り入れたいです。

    反応もそれなりに良いです。
    ロケットに変身のニンジンの絵を見て、
    「あ!ぼろぼろろけっと〜!」と
    『おかあさんといっしょ』の歌と
    結びついてました。

    掲載日:2010/07/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • こども脳を量ろう

    「にんじんロケット」のタイトルが何を意味するのか、料理にまつわるものかSFファンタジーかと、不思議に思ってページめくると、“にんじん”や“ロケット”とも結び付かない“マヨネーズの容器”が登場し、次のページではそれが“くるま”に変身していて、今度は“ママのクツ”がどうした?と思ったら、“モーターボート”に変わっていたりと、すぐには面白さがわからず“あるモノを別の意外なものに変身させた”イラスト集かぐらいに思っていると、ひとり読みしていた6歳の息子が、「○○だっ!」と叫んではページをめくり、「やったぁー!」と自分の考えたものとイラストが合っていることに喜んでいる姿がありました。
    “なるほどそうやって遊ぶ絵本か”とわかれば、暗黙の了解のもと、途中参戦したパパと息子の、熱い空想合戦となりました。
    全部で14ほどの問題(?)があって、息子は半分ほど正解(?)したのに、パパが合っていたのは4個だけ‥。“違ったけれどこれも正解だ”と思える回答もあったり、“正解よりも回答が多いほうがすごいんだぞ”みたいなパパの勝手な主張があったりと、なかなか楽しい時間が生まれました。
    息子が即答で答えた、“ポットがヘリコプター”というのが、実にやわらかい発想で驚かされました。
    最後に、“にんじん”が“ロケット”に変身して納得の終わり方でした。
    親子でなくとも、大人同士でワイワイと、こども脳をチェックしてみるのもいいんじゃないでしょうか?
    絶版というのが非常に残念ですが、もっともっと続編をみたいなと、期待してしまう素晴らしい一冊です。

    掲載日:2010/06/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 想像力豊か!

    うちの息子は、いろいろなものを他の何かに見立てて遊ぶことが多いので、この本を図書館で見かけて、タイトルを見て、あ、息子と一緒!と思い、借りました。

    マヨネーズのいれもの、おじいちゃんのめがね、などなど何に見立てるんだろう??ととてもおもしろく読めました。
    1回目に読んだときは、息子も「なんだー?」と言いながら、楽しそうに聞いていました。
    2回目以降は、「くるま!」、「じてんしゃ!」と答えを大きな声で叫んでいます。

    息子は乗り物が大好きなので、見立てるものが乗り物なのもよかったです。

    掲載日:2009/09/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 内容はシンプルでおもしろい!

    内容はとてもシンプルで面白いです!
    息子がハマって、すぐに覚えちゃうくらいでした。
    小さい頃の、楽しい空想の世界がそのまま絵本になったようなお話。
    身近にあるものが変身したら…というのが、面白いようです。

    掲載日:2009/04/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 人参・・・・・

    物をみて、色々想像する主人公はとても素敵です。想像、空想の世界に誘える主人公に知識の豊かさを感じました。きっと赤ちゃんの頃から、絵本の読み聞かせを沢山してもらっていると思いました。自分でも本好きで好奇心もいっぱいな主人公を思いました。私もゆっくり、ゆっくりの孫ですが、諦めないで絵本の読み聞かせを頑張りたいと思いました。とても勇気を貰いました。

    掲載日:2008/12/24

    参考になりました
    感謝
    0

15件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『誰も知らない世界のことわざ』翻訳者・前田まゆみさんインタビュー

みんなの声(15人)

絵本の評価(4.38)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット