しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

ことわざショウ」 みんなの声

ことわざショウ 作:中川 ひろたか
絵:村上 康成
出版社:ハッピーオウル社
本体価格:\1,400+税
発行日:2006年09月
ISBN:9784902528145
評価スコア 4.72
評価ランキング 1,057
みんなの声 総数 17
「ことわざショウ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

17件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • このタイトルは、『ことわざ笑』ですね!

     カバー折り返しの〈口上〉の文に惹かれて読みました。
     表紙絵の書道界の大家とおぼしき先生。
     ヘアースタイルが息子にうけました。
     ことわざを面白可笑しく、有り難〜くも解説してくださるようです。

     最初から、ノックアウトです。
     「犬も歩けば棒に当たる」が、「犬も歩けば棒も友だち」になってしまうその屁理屈のようなプロセス(笑)。

     覚えようなんて、肩に力を入れずに楽しみましょう。
     村上先生の絵が本当にマッチしています。
     「二階から目薬」、最高でした。
     息子は、へんてこな笑いを断続的にしていました。
     
     このタイトルは、『ことわざ笑』ですね!

    掲載日:2010/02/15

    参考になりました
    感謝
    1
  • お笑いことわざ解説

    ことわざをを子どもに説明しようとすると、こんなことになるのでしょうね。
    中川さんの説明には、口をあんぐりとしてしまいましたが、ナットクいたしました。
    村上さんの描く師範は、人生の達人のようにも感じました。
    例文が少ないのがちょっと前年ですが、あまり詰め込んでしまうと、逆についていけないかもしれないと思い、考え直しました。

    掲載日:2014/04/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • ことわざを楽しく

    楽しいことわざの絵本でした。
    絵と簡潔な文章なので、お勉強という感じがしなかったです。
    漢字に振り仮名があるので、子供も一人で読めていました。

    表紙裏の口上「ことばの、わざ ことわざ」には、「なるほど」と思いました。

    掲載日:2011/12/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 楽しくて素敵な解釈

    ことわざの面白さにはまっている息子。
    こちらでこの本のレビューを拝見し、きっと気に入るだろうと思って読ませてみました。
    ・・・あんのじょう、大ヒットです♪

    表紙のおかっぱ頭のおじ様。
    誰かと思ったら、これはこのシリーズの案内人(?)、弘法さまでした。
    ちょっととぼけた味わいのこのおじ様が、楽しくことわざを案内してくれています。

    中川ひろたかさん流のことわざの解釈がすごくいいです。例えば・・

    「よわりめにたたりめ」
    よくないことが次々起きてしまうこと。
    災難がかさなること。
    きっと、いつか、いいことあるさ。

    この最後のセリフ、いいですよねぇ♪

    また、それに添えられた村上康成さんの挿絵が非常にマッチしていて楽しさ倍増です。

    大人が読んでもとても楽しめますよ!!

    掲載日:2010/11/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • これなら楽しく覚えられますね

    近頃、いろはかるたやことわざに少し興味を持っている娘です。
    ちょうど、高学年のいとこが学校で覚えていた用で・・自分も覚えたくなったようです。
    けれど、耳にしたことのない言葉ばかりですよね。
    そのとき、こちらの本を見つけこれなら一年生でも楽しく覚えられると直感しました。
    言葉は少ないけれどイラストを見ているだけでその意味がわかってくるような工夫もされていて勉強になります。

    もちろん、ことわざの意味もきちんと書かれてありますし、振り仮名も打ってあるので自分で読むことも出来ますし、親のほうも曖昧ではなくきちんと意味を説明することが出来るのでとっても助かります。

    同じように四字熟語ショウという本も参考になりました。

    掲載日:2010/01/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 笑いながらも勉強できる

    ことわざを読むのに、面白いし
    イラストがユニークで楽しみながら
    大人でも読めると思いました。

    なんでもイヤイヤではなくて
    すすんで読めば、簡単に理解できそうですね。
    息子が小学生になったら
    繰り返し読みたい絵本です。

    掲載日:2009/07/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 村上康成さん

    村上康成さんの作品だったのでこの絵本を選びました。タイトルが敢えて平仮名と片仮名で表現されているのが良かったです。諺というと難しい印象がありますが、その考えを払拭してくれる作品でした。聞いた事はあってもしっかりと理解していなかった諺を分かり易い絵で説明しているのが良かったです。諺に興味を持てる絵本です。

    掲載日:2009/04/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 遊び心

    ことわざが好きなので、つい借りてしまいました。

    中川ひろたかと村上康成とのコンビというので、期待しました。

    ことわざをきちんと説明しつつ、ことわざの言葉を少しずついじって遊んでいるところもあって、遊び心が感じられました。

    絵が楽しいので、あまり固い感じにならず、親しみが持てていいと思います。

    おうちに一冊あるといいなと思いました。

    掲載日:2008/09/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 言葉の勉強

    • リーパンダさん
    • 30代
    • ママ
    • 宮崎県
    • 男の子7歳、女の子4歳

    この1冊でことわざにすごく興味が出た我が家の子供。
    とくに「いそがばまわれ」
    に共感を覚えたようで、
    そうだよね〜〜などと言いながら
    他のことわざも一生懸命覚えていました。

    親の私も横に書いてある意味を読みながら
    改めて勉強になりました。

    絵もかわいいし、とても馴染みやすい
    お勉強の本です。

    掲載日:2007/05/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • ああだこうだと楽しみました

    • 金のりんごさん
    • 40代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子12歳、男の子9歳、男の子7歳

    ことわざの本と聞いて寄ってきたのは、中1の娘と小2の次男。
    小4の長男は、まったく興味を示しませんでした。
    娘と次男と私と三人で、ああだこうだと言いながらページをめくりました。
    次男は、いちいち説明を求めるので、時間がかかること。
    娘は、出てくることわざを、いちいち自分の身近な話題に当てはめて、「こういうことだよね?」(微妙に違っている)と聞いてくるので、やはり時間がかかること。
    でも、“めくそはなくそをわらう”のところで、先日読んだ『十二支のことわざえほん』で知った“さるのしりわらい”と同じだよね、なんて話したりと、いろいろなことわざの絵本をミックスしながら楽しみました。

    掲載日:2007/05/25

    参考になりました
    感謝
    0

17件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



「MR.MEN LITTLE MISS」アダム・ハーグリーブスさん インタビュー

みんなの声(17人)

絵本の評価(4.72)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット