だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

ちいさないっぽ いっぽくんのごめんね」 みんなの声

ちいさないっぽ いっぽくんのごめんね 作・絵:とよた かずひこ
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本体価格:\714+税
発行日:2006年10月
ISBN:9784591094099
評価スコア 4.33
評価ランキング 10,338
みんなの声 総数 14
「ちいさないっぽ いっぽくんのごめんね」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

14件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • お互いに「さっきはごめんね」と言えるように。

    • ぴいママさん
    • 20代
    • ママ
    • 新潟県
    • 男の子4歳、男の子2歳、女の子0歳

    2歳9ヶ月と4歳10ヶ月の子に読みました。
    次男は題名「いっぽくんのごめんね」をすぐに暗記し、絵本を自分で広げながら「いっぽくん ごえんね」と言ってました。他の絵本ではあまりない事だったので不思議な姿でした。
    最近よく読むとよたさんの作品。「いっぽくんのおやすみなさい」と一緒に読みました。
    この作品でも、まずネコとカラスが出てきます。みんな仲良く遊んでいます。
    いっぽくんとレオくんも仲良く…のはずがおもちゃの取り合いで喧嘩し、泣いてしまいます。でも上からどんぐりが落ちてきて、いつの間にかにっこにこ。お互いに「さっきはごめんね」と謝ります。
    兄弟でしょっちゅう喧嘩しているので、いっぽ君レオ君のように、例え喧嘩してもちゃんと謝って仲直りできるようになるといいのになと思いました。
    とよたさんの可愛らしい絵で描かれているので、小さい子にも馴染みやすい絵本だと思います。

    掲載日:2013/02/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • よくあること

    • 風の秋桜さん
    • 40代
    • その他の方
    • 埼玉県
    • 男の子、男の子

    1〜2歳児の親子のお話会で読みました
    幼い時の友達とのトラブルを描いた作品ですが、小さいうちはなかなか「ごめんなさい」が言えないものです
    まだまだ人間交流も難しい時期だし、自分が遊ぶことに精いっぱい
    カラスの助けで「なかなおり」が成立
    こんなカラスのお助け船を周りの大人たちが上手にできると良いのですが・・・・
    我が子を強制しながら叱るだけじゃ子供は委縮してしまいますものね
    子供よりママたちのほうがうなづきながら見てました
    ほのぼのさせてくれる絵本でした

    掲載日:2010/09/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 公園遊びがスタートしたら…

    公園のお砂場で遊んでいると、おともだちと道具の取り合いになる
    こどもなら誰もが経験すること。

    この頃のこどもは、みんな自分のことで精いっぱい。
    取り合いになった時に何と言ったらいいのか言葉もうまく出てこない。

    でも、そうやっておともだちと取り合いになる経験を重ねることで、
    人との関わりを覚えていくんですよね。

    そして、気がつけば、さっきまでの取り合いを忘れて、一緒になって
    夢中で遊んでいる。

    そんな公園でのやりとりを幼いこどもでも自然に思い出させてくれて
    ケンカをしても、また仲直りできるんだということを教えてくれます。

    この絵本を読んだら、いっそう公園に行きたくなると思います。

    赤ちゃんから、読んであげられる内容なので、公園遊びがスタート
    したら、ぜひ読んであげたい一冊です。

    掲載日:2010/02/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子どもの育ちを見守りたい

    ついさっきまで仲良く遊んでいたと思ったら…。子ども同士よくあること。いっぽくんとれおくんも雲行きがあやしくなってしまいます。どんぐりを頭に落としたのが、からす達でちょっとニヤリとしてしまいます。お互いに「ごめんね」と言う場面の吹き出しが、転々になっていって、アイコンタクトの様子が思わず“ナイスッ”って思いました。言葉にならない気持ち、あるよね。ちゃんとキャッチしあっているのがいいっ!  いっぽくんシリーズは、みんなおすすめです。

    掲載日:2009/10/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • ごめんなさいがいえる子に

    いっぽくんと、れおくん。仲良く遊んでと思ったら、突然けんかをはじめて泣き出してしまいました。それを、木の上から見ていたからすさんたちは…。
    2人は、ちゃんと「ごめんね」が言えるかな?というお話です。

    子どもはおもちゃの取り合いでけんかなんて日常茶飯事で、
    そしていつの間にか仲直りしてる。

    2歳の娘にもわかりやすく、自分の生活に照らし合わせて読めるので
    おもしろいみたいです。

    娘にもちゃんと『ごめんなさい』が言える子になってほしいなと思います。

    掲載日:2009/09/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 可愛い仲直り。

    静かな緊迫感にどきどきしてしまいました。
    取ったり取られたり、泣かしたり泣かせたり・・・
    息子はまだ、そういう場面に出くわすこともありませんが、
    そのうちいろいろなことがあるのだろうなあと思いながら読みました。
    もう少し大きくなったら、また読んであげたいです。

    掲載日:2009/07/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • いっぽくんシリーズ

    以前同作者によるいっぽくんシリーズを読んだ事があって娘が喜んだのでこの絵本を選びました。子供同士での遊びの中から本当に沢山の人生に大切な事を学んでいるのだという事をこの絵本から教えてもらいました。そして、なかなか言い出せ無い事があっても何かの機会を上手に利用すれば言い出せない事も言い出しやすくなることもこの絵本は教えてくれました。人生の哲学が満載の絵本でした。とても為になりました。感謝です。

    掲載日:2008/06/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • ごめんね 素直に言えたね

    とよた かずひこのちいさな
    いっぽシリーズとてもきにいっています。
    なによりいっぽくんの絵が、かわいいです。
    文章も、ちいさいこにとてもわかりやすいし、
    ストレートに要点だけかいてあるので、
    孫にもわかるところが、あるようです。
    ぽん  ぽん
    が、おもしろいみたいです。
    公園デビューして、なかよくなったおともだちと
    けんかしたときのなかなおりするきっかけが
    このほんから学べそうです。

    とにかく、いっぽくんも、れおくんも
    かわいいです。

    すなおに「さっきは ごめんね」

    孫もすなおなこにそだってほしいです。

    この本から、「ごめんね」

    を、教えようとおもいます。

    掲載日:2008/06/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 教えたい言葉

    • ドーナツさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子10歳、男の子2歳

    お友達と遊べるようになってきた息子。
    最初は、仲良しに遊べるけど、慣れてくると手を出すことがたまにあるので。。。「ごめんね」を言えるようになるよいかなと思い読んでみました。
    息子は真剣に聞いてくれました。
    どこにでもあるような光景が私は気に入りました。
    何度も読んであげたい1冊です。

    掲載日:2008/01/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • お友達と遊ぶようになったら

    • 霧丸さん
    • 20代
    • ママ
    • 福岡県
    • 男の子1歳

    れおくんといっぽくんは仲良し。でも喧嘩になってしまいます。からすの粋な計らいでどんぐち集めをきっかけに仲直りできる、というところが面白いですね。
    子供たちが、「ごめんね」という一言がなかなかいえないのですが、この本で、仲直りの仕方を教えることができそうです。

    掲載日:2007/09/18

    参考になりました
    感謝
    0

14件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねずみのいもほり / がたん ごとん がたん ごとん / おしりがいっぱい / ちょっとだけ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★


『こえだのとうさん』 いとうさゆりさん インタビュー

みんなの声(14人)

絵本の評価(4.33)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット