うさぎマンション うさぎマンション うさぎマンションの試し読みができます!
作: のはな はるか  出版社: くもん出版
うさぎマンションには、 画家、パン屋、音楽家、魔法使い… いろんなうさぎが住んでいます。1部屋ごとに進行する物語を 見つけて、楽しむ絵本。

ばかんばかんぶー」 みんなの声

ばかんばかんぶー 作・絵:のぶみ
出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2006年06月
ISBN:9784871101578
評価スコア 4.5
評価ランキング 6,210
みんなの声 総数 3
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • お兄ちゃんが名付け親。

    ばかんばかんぶーは大きな卵からうまれた
    子供の名前です。
    おにいちゃん気分のかんちゃんは
    その子に「ばかんばかんぶー」という名前をつけてあげます。

    ネーミングがかわいいですよね。
    一生懸命お世話をしてあげるかんちゃんが
    とてもかわいく、それについていくばかんばかんぶーも
    とっても素直!

    体の大きい為に色々不便なことが起こるのですが、
    かんちゃんがそれをとてもいいアイデアで解決します。
    絵もクレパスで描かれていてとてもかわいらしい作品です。

    下に弟や妹がいる、
    お兄ちゃん、お姉ちゃんに読んであげたいストーリーですよ。

    掲載日:2008/03/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • タイトルで爆笑!!

    このお話。
    タイトルを読みあげただけで、子どもたちは大爆笑。

    なにそれ〜??と、かなりの興味をひきつけました♪

    そして、かんちゃんの家にあった謎のたまごの殻。
    この大きさに、「かいじゅうのたまごだ!!」と
    大喜びしていました。

    しかも卵から産まれたばかりの、ばかんばかんぶーに
    すっかりお兄ちゃんになって、お世話をしてあげる
    かんちゃんの姿に、ちょっぴり感動。

    のぶみさんの、何ともいえないイラストが
    お話のかわいさを更にアップさせてくれます。

    子どもたちは裏表紙の卵のオウチに
    「ぼくも入りた〜い♪」と興味津々でした。

    掲載日:2008/03/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • おにいちゃんになったね

    • おるがんさん
    • 40代
    • ママ
    • 高知県
    • 女の子13歳、男の子11歳

    かんちゃんの家に、大きなたまごから産まれた「ばかんばかんぶー」がいました。
    身体は大きいけど、生まれたばかりの小さい子なので、かんちゃんは面倒をみます。

    特に食べることと、出すことは大切です。
    たまごのからを使って、トイレとフライパンを作ってあげます。

    「あかちゃんおうさま」を読んで、のぶみさんに興味を持ちました。
    お父さんが読みやすい本だと思います。

    掲載日:2006/11/23

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • こどものなかま
    こどものなかま
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    ペンギンのなかま、クジラのなかま、サイのなかま、なかまと出会い遊んだあとで、ぼくがみつけたのは…


葉祥明さんの描く不朽の名作

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット