ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

ちいさなねこ」 みんなの声

ちいさなねこ 作:石井 桃子
絵:横内 襄
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\900+税
発行日:1967年01月
ISBN:9784834000870
評価スコア 4.53
評価ランキング 4,906
みんなの声 総数 87
「ちいさなねこ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

87件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
  • ママになれて良かったと思える

    かわいらしい表紙のこねこに惹かれて手に取りました。
    このこねこがどうするのかな?と思いながらページをめくると、家の門を出て一人で走っていってしまいました。子どもにつかまりそうになったり、自動車の方へ飛び出したり、大きな犬に追いかけ回されたり・・・ハラハラドキドキの連続です。
    そこへおかあさんねこがこねこの声を聞きつけて、ちゃんと助けにきてくれました。犬を追い払い、こねこを口にくわえて気から下りてくるおかあさんねこは、本当に頼もしいです。
    2歳の息子は、こねこを自分に置き換えて読んでいる様子。大きな犬を怖がったり、ママを見て安心したり。この本を読むとママになれて良かったと思えて、うれしくなります。

    掲載日:2012/04/03

    参考になりました
    感謝
    2
  • 小さな猫と一緒に冒険!

    小さなねこは、おかあさんねこが見ていない間にお出かけ。
    男の子に捕まえられちゃったり、
    車にひかれそうになったり、
    いぬにおいかけられたり、
    でもでも、だいじょうぶ。

    お母さんが子猫の泣き声をききつけて
    たすけにきてくれる。
    そして、お家にかえって、おっぱい。

    小さな猫の目線で描かれた、小さな冒険。
    息子も、固唾をのんで物語の行方を見守ります。
    きっと、心の中で一緒に冒険しているのでしょう。

    おっぱいを飲む子猫の後ろ姿のなんと可愛らしいこと。
    お母さんの安心した表情。

    親子で楽しめる、冒険ストーリーです。

    掲載日:2011/07/24

    参考になりました
    感謝
    2
  • インパクトのある懐かしい絵本

    • 野風さん
    • 30代
    • ママ
    • 熊本県
    • 女の子2歳

    私が小さいときにも、この絵本をよくよんでいましたが、
    今は2歳の娘がこの絵本の虜です。

    ひとつひとつの絵が、とても丁寧で、リアルで、力強く、忘れられない作品です。
    とくに、おかあさんねこが、こねこを助ける姿はとてもたくましい!

    最近は、外で猫を見かけることが少なくなりました。
    こねこをくわえた母親猫なんかも、娘はまだ見たことないのではないでしょうか。

    ぜひこんなシーンを、実際に見せてあげたいと思った一冊です。

    掲載日:2015/12/20

    参考になりました
    感謝
    1
  • 猫好きな娘に

    猫好きな娘のために読みました。
    絵がリアルな猫だけど、可愛らしくて、昭和の雰囲気が好感を持てました。
    娘も猫に大興奮でニャーニャー言ってました。

    内容はこねこが飛び出して冒険し、最後は親ねこに助け出されるお話で、単純なお話だなぁと正直思いましたが、この単純さが子供にすんなり入っていくのかもしれません。
    ねこも人間も親が子供を心配し、守っていくのは一緒なんだなと思いました。それを子供も理解してくれたらいいな。

    掲載日:2015/04/23

    参考になりました
    感謝
    1
  • 母と子

    • もゆらさん
    • 50代
    • その他の方
    • 神奈川県

     子どもは素直に「こねこ」の絵に反応しました。
    もうそれだけで、充分癒された気になって
    父親としての無力感を感じたことをよく覚えています。
    絵本の力、ねこの力がうらやましいなぁと、思えたものです。
     端的な状況場面、大きいものと小さなもの、
    急に車が止まれないこと、近いことと遠いことなど
    無駄を一切省いた表現は、幼い子どもにもわかりやすい。
    そして何より、母の偉大さに感服するばかり。

    「おおきなへや」にも一本とられた、
    小さなわが家のお父さんは思います、
    この絵本は、おおきな絵本だと。

    感謝

    掲載日:2015/04/17

    参考になりました
    感謝
    1
  • お母さん

    可愛らしい主人公が描かれた表紙が気に入ったのでこの絵本を選びました。主人公が好奇心旺盛でどんな所にも行ってしまうのが楽しくて良いと思いました。お母さんが子供の事をしっかりと理解していて行動パターンを把握しているのはさすがだなと思いました。お母さんって凄い!と思える絵本です。

    掲載日:2010/10/27

    参考になりました
    感謝
    1
  • ハラハラ・ドキドキ

    日常ありそうな事がとてもリアルに書いてあり、息子は引き込まれるように見入っていました☆

    我が家では猫を飼っているので、猫に危険があったり怒ったりしている場面では息子も一緒に怖がったり、ハラハラしながら見守っていました。

    猫のいろいろな場面での心情を小さい子が自分に置き換えたり、身近で見る光景と重ねたりしやすく、小さい子が絵本の内容に入っていきやすい1冊だと思います。

    掲載日:2009/11/09

    参考になりました
    感謝
    1
  • ハラハラドキドキ

    部屋から抜け出した子猫の様子を臨場感たっぷりに描かれているので、読みながら大丈夫かな?と思わされます。
    猫が大好きな娘も、「危ないよー!」など言いながら自分がいかにもその場にいるかのように聞き入っていました。
    とても端的で、文章に全く無駄がないので、小さい子でも内容をしっかり理解できそうです。
    絵もリアルなので、容易に絵本の中の世界を想像できるのも良いですね。
    親子愛もあり、優しい気持ちになれる絵本だと思います。

    掲載日:2009/05/17

    参考になりました
    感謝
    1
  • 定番絵本の安定感

    おはなしかいで読みました。
    表紙に書かれているタイトルをこどもが自分で読めるというのは大事だと思います。ひらがなを覚え始めたこどもたちが「よめた!」と思えるとさらにその絵本への興味がたかまるようです。
    新しい絵本にはない風合いと安定感が絵にも文にもあって、おとなも安心して気持ちよく読める本です。
    ちいさなねこの小さな日常が冒険物語になって、こどもたちはぐっと入れ込んで見ていました。

    掲載日:2016/10/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • お母さんがいるから大丈夫

    好奇心の強い仔猫が小さな冒険に出かけますが、外の世界は危険がいっぱい。車にひかれそうになる場面では、子供達がいつも「危ない!」とハラハラしています。
    でも最後にはお母さんネコが助けに来てくれて一安心。
    親が見てくれている、いざとなったら助けてくれるという安心感があるから、子供は冒険に出かけられるんですよね。
    デフォルメされていないリアルな絵も、淡々とした文章も子供に媚びてなくて良いです。

    掲載日:2015/08/11

    参考になりました
    感謝
    0

87件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / かばくん / がたん ごとん がたん ごとん / キャベツくん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『キッズペディア 地球館 生命の星のひみつ』 編集者 秋窪俊郎さんインタビュー

みんなの声(87人)

絵本の評価(4.53)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット