ほげちゃんとこいぬのペロ ほげちゃんとこいぬのペロ
作: やぎ たみこ  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
大人気!ぶさカワ「ほげちゃん」待望の第3巻目刊行!
ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば

ほげちゃん、頑張りました!
ほげちゃんが、こいぬのペロにやきもちを…

あした、がっこうへいくんだよ」 みんなの声

あした、がっこうへいくんだよ 作:ミルドレッド・カントロウィッツ
絵:ナンシー・ウィンスロー・パーカー
訳:せた ていじ
出版社:評論社 評論社の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:1981年
ISBN:9784566002432
評価スコア 4.36
評価ランキング 10,039
みんなの声 総数 10
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 話し相手

    学校へいくまでの心の不安や葛藤、どきどきしたきもちをクマにきいてもらいます。ひとりごとのように会話して、聞いてもらうんです。ひとつひとつ、自分が気になっていることを。。親にも言えないことを聞いてもらうってたいせつですよね。静かな本ですが、たいせつなことがつまっています。

    掲載日:2015/07/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 不安な気持ちが伝わってきました

    今年の4月から一年生になった孫も本来ならこんな気持ちなんだろうなあって思いました。最も、孫は一日前まで病院の集中治療室に入院してたので・・・・・・ 不安な気持ちを代弁してくれているようで、少し落ち着いて読むことができました。新しい一歩を踏み出す時や環境が変わるときにも誰でもそうなんだとちょっと安心できることができました。

    掲載日:2014/05/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 自分に言い聞かせるために・・・

    ウイリーはくまちゃん
    で、学校に行くのは?
    ウイリーじゃないよね・・・(^^ゞ

    一生懸命くまのウイリーに
    話しかけているのは
    実は、自分に対してなんですね

    不安な気持ちを
    自分ひとりでなんとかしようとしている姿が
    なんともいじらしいですね

    ウイリーが本当にそうしているように
    見えてくるのがなんとも素敵

    ウイリーは黙っていても
    いつも微笑んでいるようで
    寄り添ってくれてて
    心の友なんでしょうね

    元気に、学校へ行ってらっしゃい!!

    春かな?
    休み明けかな?
    そんな、ドキドキと不安な気持ちの時に
    読みたくなる1冊かもしれません

    掲載日:2013/11/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • けなげな男の子

    明日、1年生になり、初登校するのであろう男の子の期待と不安を
    大好きなクマのぬいぐるみに立場を置き換えて
    男の子自身が代弁しているかのような構成で
    物語が進みます。

    こういった、ちょっと変化球な表現をする子供を
    実感として知らない「素直」な娘は
    読み終えても「?」な顔をしておりました。
    「娘よ、男心は複雑なのだよ」と私が解説しましたが
    日ごろから
    「人のせいにするような言い訳はやめなさい」と言われている娘には
    本の中の男の子は「いけない子」にうつったようです・・^_^;

    掲載日:2013/03/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 学校

    丁度手に乗る大きさが気に入ったのでこの絵本を選びました。温かみのある黄色が主人公の雰囲気と会っていて良いと思いました。お休みと挨拶した後でも躊躇せずに自分の気持ちに正直に行動する主人公がカッコ良かったです。自分の事ではなく相手を思いやる気持ちを持って配慮する主人公が愛らしかったです。友達っていいな!と思える絵本でした。

    掲載日:2010/04/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • わかる〜!かわいい!!

    • うーずさん
    • 30代
    • ママ
    • 静岡県
    • 女の子7歳、女の子4歳

    大好きなぬいぐるみと離れて、はじめて学校へ行く不安・・・眠れない夜、期待が大きくなってきた朝の様子が手に取るように伝わってくるようです。わかる、わかる!その気持ち!

    くまのぬいぐるみウイリーに自分の気持ちを代弁させることによって、自分を落ち着かせているのかな。そんな男の子が健気です。

    学校が楽しくなって、友だちがたくさんできても、約束通りウイリーをかわいがってほしいなぁと思いました。

    掲載日:2010/01/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 新入学のお子さんにお勧めの本

    新入学のお子さんにお勧めの本だと思います。

    詳しいことは書いてないのですが、この主人公の少年は、初めて学校に行くのかな?
    と思いました。

    少年が、くまのぬいぐるみに言い聞かせる言葉は、お母さんからの受け売りなのかもしれないと思うと、微笑ましいです。

    学校に行く期待と不安、どちらかというと不安が大きい時の子どもの気持ちはこの本のようかもしれませんね。

    少年がくまに話しかけながら自分にも言い聞かせているところが、親としてはちょっぴり切なくもあり、子どもをしっかり見守ってあげたいなと思いました。

    掲載日:2009/03/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • とっても よくわかるんよ。

    • みぽみぽさん
    • 30代
    • ママ
    • 宮崎県
    • 女の子13歳、女の子9歳、女の子4歳

    わかっているんだけど、なんだか心配で不安でそんなとき
    誰かに聞いてほしくなる時があるんだそうです。

    小学3年生の次女にとってもやっぱり そんなときがどうしてもあるみたい。

    クマのウイリーに一生懸命自分に言い聞かせるように話す、男の気持ちがとってもよくわかるんだそうです。

    わかってるの。
    でも心配やの。
    わかってるの。
    でも、なんだか いややの。 でもそんなことお母さんに恥ずかしくって言えない。
    そんなこと、もう小学生なんだから、嫌なんて言えない。
    自分で一生懸命、大丈夫って背伸びをするんよ。

    とってもよくわかるんよ。


    なんて話してくれました。
    娘にとっては なんだか安心で、 母にとってはそんな気持ちを話してもらえたことが嬉しかった絵本です。

    掲載日:2008/12/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • くまのぬいぐるみとぼく

    主人公の男の子ウィリーがくまのぬいぐるみに話しかけながら進んでいくお話。
    この話しかけに、男の子の小学校に対する期待と不安が交差しているのが、すごく伝わってくるんですよね〜。
    一生懸命ぬいぐるみに語りかけながら、
    自分の気持ちを落ち着かせよう〜としている雰囲気が伝わってきます。
    そんな姿が親からしてみるとすごくかわいいなあと思ってしまいました。
    でも子供には、くまのぬいぐるみに話しながらのお話の展開がイマイチ理解できなかったようです。
    子供が共感するというより、親が共感する絵本ではないかなあと思いました。

    掲載日:2008/05/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • ちょぴり新しい世界へ

    • MAYUMIさん
    • 40代
    • ママ
    • 大阪府
    • 女の子22歳、女の子20歳、女の子18歳

     初めて学校へ行く前の晩。
    少し大きくなった事が嬉しい反面、
    未知の世界に踏み出す不安で、なかなか寝付けない男の子。
    お気に入りのくまのぬいぐるみウィリーに語りかけます。
    「がっこうって、すてきなところさ・・・」
    期待と不安で揺れ動く男の子の気持ちが伝わってきます。
    心を落ちつかせようと、自分に言い聞かせるようにウィリーに語りかけます。
    その一生懸命さが、可愛くて健気です。
    ウィリーはどんな気持ちで男の子の話を聞いているのでしょうか?
    ちょっと教えてほしいような・・・・。

    初めの一歩を踏みだそうとする時、
    そっと気持ちに寄り添って背中を押してくれる存在は、
    誰にでも必要ですね。

    掲載日:2006/11/25

    参考になりました
    感謝
    0

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • こどものなかま
    こどものなかま
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    ペンギンのなかま、クジラのなかま、サイのなかま、なかまと出会い遊んだあとで、ぼくがみつけたのは…
  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!


お気に入りのくだものはどれ?

みんなの声(10人)

絵本の評価(4.36)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット