ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

てのひらむかしばなし うろこだま」 みんなの声

てのひらむかしばなし うろこだま 作:長谷川 摂子
絵:下田昌克
出版社:岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!
本体価格:\760+税
発行日:2004年
ISBN:9784001163643
評価スコア 4.58
評価ランキング 3,864
みんなの声 総数 25
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

25件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
  • 美しい言葉の宝庫

    絵本ナビからのメルマガの特集をきっかけに、全ページ立ち読み企画で読まさせて
    もらいました。昔話というと、個人的には何かこう暗いイメージのものが多い気がして、
    知っていて当たり前というくらい有名な昔話以外の読み聞かせは、正直なところ、
    これまで消極的でした。でも、この話は違いました!

    まず、その語り口に、美しい言葉や表現がちりばめられていて、すっと胸に入ってきます。
    なかでも、おじいさんがうろこだまを見つけた時の「ギンカ シャンガひかるもの」、こんな
    表現は、今まで聞いたことがありませんでした。でも、そのひかりかたが自分のイメージで
    簡単に浮かび上がってきました。

    「きんのうろこが “はらり ほらり”と まいにち たまから はがれおちてきた」
    「“ずらっ”と にげてしまった」... 他にも沢山ありました。
    更に、「めからはなへぬけるりこうもの」という表現の仕方も、この話で教えてもらいました!

    そして何よりも、話の展開が面白いです。日本昔話にも、こんなにドタバタな展開をする
    ものがあるんですね! この話なら、子供達も飽きずに釘付けで聞くことと思います。

    また、心優しいおじいさんのイメージにぴったりな下田昌克さんの絵が、この話を
    とても明るく楽しいものにしてくれていて、その気持ちのまま、お決まりの結語の
    「どんとはれ」を迎えさせてくれているなと思います。

    私みたいに昔話をちょっと敬遠している人に是非、お奨めです。

    掲載日:2011/06/08

    参考になりました
    感謝
    1
  • おもしろい展開の昔話

    てのひらむかしばなし、読み始めると、おもしろくて、順に読んでいます。
    この昔話、はじめて読みましたが、おもしろかったです。
    特に、ぬすまれたお宝を、かっていた犬とねこが取りに行くのは、以外でした!
    ラストは、うまくおさまりますが、おもしろい展開のお話でした。
    長谷川さんの文章は、リズミカルな言葉がちりばめられていて、読んでいて心地がいいから、大好きです。

    掲載日:2015/08/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • マイナーだけど、面白い

    初めて読んだお話でした。
    マイナーだと思います、名前すら知らなかったので。でも、とても面白かったです。
    まさかの犬と猫の大活躍!みていてとってもワクワクする展開で、子供もとても喜んで最後まで見ていました。

    掲載日:2015/06/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • お宝

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子3歳、女の子1歳

    うろこだまってすごいお宝ですね。
    私も欲しくなってしまいます。
    盗みは良くないですがね。
    お世話になって恩返しをするへびや犬、猫なのに、人間がお世話になったはずなのに恩を仇で返すのがなんだか悲しいです。
    ハッピーエンドで良かったです。

    掲載日:2014/10/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 飽きない展開

    本のページ数もあるのでしょうが、一ページの文章量がちょうどよく、場面もどんどん変わっていくので、とにかくテンポが良くて、
    ジェットコースターストーリー、とまでいいませんが、
    こどもが惹きつけられること、間違いなしです。
    そして、あまり有名な話ではない、というのもポイント高いです。
    イヌとネコもかわいいし、裏表紙のヘビはちょろっと舌出してるし...

    てのひらむかしばなしシリーズは、どれも長谷川摂子さんの文が、
    あたたかみのある方言を残した語り口で、それにいろんな方の絵がついて、
    本当におもしろいものばかりです。
    どうか長く続いてくださいますように。

    個人的には、玉がああなっちゃった時の、キツネの行動がウケました。
    (文には描写はないけど、そーっと逃げている)

    掲載日:2014/03/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • いつもとは違う昔話を

    うろこだま・・・
    何だかそういうものを、かぐやひめが求婚者に要求しそうです。
    この謎の響き。どんな玉?
    謎が謎を呼びます・・・

    この昔話ははじめて読むなあと思ったら、
    東北地方に伝わる物語だったのですね。

    イラストがとても優しく、
    また、文章がとても読みやすくて
    ぐんぐん物語の中に引き込まれてゆきました。

    「いつもとは違う昔話を読みたい」
    と思っている方に、おすすめです。

    掲載日:2014/01/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • てのひらサイズ絵本

    てのひらサイズ昔話の絵本です。

    じいさまに甘えて寄り添う猫と犬が可愛く画かれています。

    白い蛇をこっそり育てて、柔らかい粥を食べさせたりして大切に育てた

    蛇からお礼に貰った蛇どんの形見のうろこだまでお金持ちになったじい

    さまです。若者を信用して番頭までにしたじいさまですが、裏切られて

    うろこだまをとられてしまいますが、犬と猫の活躍でめでたく取り返す

    ことができます。二匹の活躍が面白くて楽しく最後まで物語に惹かれま

    した。じいさまの傍で甘えて眠る猫と犬がやっぱり可愛いなあって思い

    ました。喜怒哀楽が楽しく画かれていて面白い絵本だと思いました。

    掲載日:2011/11/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 展開がとても楽しめます

    小さなヘビを育てたじいさま。
    ヘビを育てるということも不思議な話で、まずは引き込まれます。
    大きくなってじいさまのもとを離れるヘビが、恩返しにとじいさまに鱗が金に変わる「うろこだま」を残します。
    じいいさまは裕福になって、めでたく暮らしました…。
    では終わらないところが意外。
    このお話は次々と展開していきます。
    じいさまに良くしてもらって、番頭にまでしてもらった男がその恩を踏みにじって「うろこだま」を持って逃走します。
    貧乏になってしまったじいさま。
    恩返しにと、飼っていた犬と猫が番頭を探し出して、「うろこだま」を取り返そうとします。犬と猫の活躍の末取り戻した「うろこだま」ですが、割り込んだキツネがふざけて川に落としてしまいました。
    落ち着くところに落ち着くところが昔話ですが、この設定と展開には、ありきたりさがなくて、初めて手にする自分には、先が読めずにハラハラドキドキでした。
    子どもウケする昔話だと思います。

    掲載日:2011/10/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • ご恩返し

    「うろこだま」という宝を手に入れたおじいさん。
    たちまちお金持ちになりました。
    ところが、ある日「うろこだま」が盗まれて、また貧乏になってしまいます。
    おじいさんにお世話になった犬と猫は、「うろこだま」を取り返しに旅にでます。

    昔話によくある「恩返し」のお話なのですが、犬と猫のユーモラスな行動がちょっと笑えて、おもしろかったです。

    小さめのサイズですが、子供が自分の膝の上に広げるには、ちょうどいい大きさです。

    掲載日:2011/06/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 楽しかった

    うろこだま。

    絵が生き生きとしていて読んでいてとても
    楽しかったです。

    特に猫と犬がきつねとうろこだまで遊んでしまい
    川にうろこだまを落としてしまったシーン。
    その猫と犬の驚愕する姿が何とも面白くて
    親子で何度も見返してしまいました。

    お話は恩返しの話ですが、犬と猫がそれぞれの
    得意分野を活かし前向きに進んでいる姿は
    楽しませてくれただけでなく、気持ちを明るく
    させてくれました。

    掲載日:2011/06/08

    参考になりました
    感謝
    0

25件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / とんことり / ねないこ だれだ / おおきなかぶ / しろうさぎとりんごの木

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



「MR.MEN LITTLE MISS」アダム・ハーグリーブスさん インタビュー

みんなの声(25人)

絵本の評価(4.58)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット