あくたれラルフのクリスマス あくたれラルフのクリスマス
作: ジャック・ガントス 絵: ニコール・ルーベル 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
わるい子は、プレゼントをもらえないのよ!
レイラさん 50代・ママ

嫉妬
『あくたれラルフ』のねこ、ラルフのクリ…

ラプンツェル」 みんなの声

ラプンツェル 作:グリム
絵:バーナデット・ワッツ
訳:福本友美子
出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,600+税
発行日:2006年06月
ISBN:9784776401858
評価スコア 4.75
評価ランキング 732
みんなの声 総数 7
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ワッツが描き直した意味

    バーナデット・ワッツの『ラプンツェル』にはいくつかのバージョンがあるようです。
    1985年刊の相良守峯訳と、この福本友美子訳の他に1979年の大島かおり訳(佑学社刊)を知りました。
    そして、1979年の佑学社版とこのBL出版版ではワッツが絵を書き直していて、まったく異質の作品になっていることに興味を持ちました。
    佑学社版は『ヘーゼルとグレーテル』(相良守峯訳、岩波書店)と同じ、どちらかというと暗いイメージの絵で少し違和感を覚えるのに対して、このラプンツェルはメルヘンチックに仕上げられています。
    魔女もラプンツェルに「裏切られる」までは、とても気品のある魔女として描かれているのが新鮮。
    王子様もほのぼのとしていて、失明した後の不幸があっさりと描かれています。
    前作があまり好意をもって受け入れられなかったからでしょうか。
    相良守峯訳と大島かおり訳を比較できていないのですが、大島かおり訳では二人の子どもは出てきません。
    バーナデット・ワッツの絵本には、いろいろな味わいがありますが、この絵本は安心感があります。

    掲載日:2011/08/16

    参考になりました
    感謝
    1
  • 絵が素敵です

    図書館で見つけて読みました。淡い感じの絵が素敵です。ディズニー映画の「ラプンツェル」を知っていたのですが、読み比べてみるとかなり違う場面が多かったです。ラプンツェルの名前が植物からとったものであったことも、この絵本で知りました。読み比べてみると、新しい発見をくれるお話でした。ハッピーエンドなところもいいです^^

    掲載日:2016/08/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • イラストがいいですね!

    「ラプンツェル」の絵本はグリム童話なので,1冊手元にほしいと思い何冊か読んでいますが,それぞれ雰囲気や味わいも違い,読み比べてみるのも面白いですね。
    こちらの「ラプンツェル」絵本は,バーナデットワッツさんのイラストが優しく温かみがあり,子供の読み聞かせにも最適に思いました。
    お話の内容も引き込まれますし,ハッピーエンドというのも安心して読み聞かせできると思います。

    掲載日:2015/12/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 映画とは違うけどよかった!

    • ムスカンさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子7歳、女の子2歳

    ディズニー映画『塔の上のラプンツェル』が大好きな7歳の息子。
    グリム童話をもとにした映画であることを知った矢先に
    タイミングよく図書館で見つけた一冊です。

    読んでみると、
    原作と映画のストーリーが大幅に違うので私も息子もびっくり。
    でもそのお陰で、絵本は絵本として楽しめたので
    かえってよかったと思います。
    ラプンツェルというのが植物の名前だというのも初めて知りました。

    本当の原作のグリム童話は子供向けではないので、
    もしや恐ろしげな絵があったりしやしないかと少し心配もしましたが、ページをめくるたびに、
    柔らかいタッチで描かれている絵に魅力されます。
    このシリーズのグリム童話、
    是非他の物語の絵本も子供と一緒に読んでみようと思いました。

    掲載日:2014/04/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 挿絵も素敵です。

    『ラプンツェル』という名前は知っていましたが、初めて娘と読みました。
    魔女に育てられた髪の長い女の子のお話です。魔女は女の子を自分だけのものにしようと、階段もはしごも無い高い塔に閉じ込めてしまいます。魔女が塔を登るときには女の子が長い長い髪を塔の上からたらし、それをよじ登ってくるのです。

    娘もあっという間にお話の中に引き込まれ、真剣に聞いていました。
    途中、魔女が王子をだまして塔の上におびき寄せるシーンは、私も娘とドキドキしながら読みました。
    それからこの絵本、挿絵がとても素敵です。
    草花がとても色彩豊かに描かれていて、見ているだけでもほっと心が和みます。
    娘と一緒に絵本の時間を満喫することが出来ました。

    掲載日:2012/11/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 本当のところは・・

    娘と『塔の上のラプンツェル』の映画を見てきました。
    見に行く前に一冊、「ながいかみのラプンツェル」という本は読んでいったのですが
    アニメ映画とは、微妙に設定がちがいました。
    さて、この本は・・・と、娘と新たな気持ちでページをめくりました。
    以前読んだものとは、微妙に違いましたが
    こちらの方が読みやすく、原作にも近いのではという印象を受けました。
    王子様が夜な夜な足しげく通ってきて、果てはラプンツェルは身ごもってしまうという設定は
    書きようによっては生々しいものになりそうですが、さらっと書いてあり、
    ハッピーエンドのラストまですんなりとした運びでした。
    グリム童話は本当は怖いとよく聞きますが
    ほんとのほんとはどういうオチなのか、果然興味がわく一冊です。

    掲載日:2011/04/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • かみながひめ

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子13歳、男の子10歳

    有名なグリム童話で、「かみながひめ」と訳されていることもありますね。
    魔法使いの庭のラプンツェル(妊婦に良いという薬草)を失敬してしまった
    夫婦はせっかく授かった娘を魔法使いに取られてしまいます。
    魔法使いは12歳に成長した娘を高い塔に閉じ込めて・・・。
    グリム童話の解説書によると、いろんな解釈があるようですが、
    ワッツは美しい絵と文で、その世界を美しく描き出しています。

    私も小さい頃何かで読んでいたのですが、
    言葉の遅い長男の相談の際勧められた図書館の読み聞かせ会で、
    たまたまやっていたストーリーテリング(本無しで暗唱のおはなし)が
    「ラプンツェル」でした。
    髪が長い主人公が印象的だったので、そんなおはなしに再会できたことが
    私にとってはとても嬉しかった記憶があります。
    真っ暗な部屋のろうそくの光とともに、思い出されます。
    ちなみに長男は1歳でしたからひざの上で???の世界でしたが。
    今では調子に乗ると人並み以上におしゃべりな長男。
    あの頃の心配は一体・・・。
    でもそのおかげでストーリーテリングにも出会えたのです。
    感謝。

    掲載日:2006/11/27

    参考になりました
    感謝
    0

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / おおきなかぶ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ドイツで大人気!バニーが日本上陸

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.75)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット