なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子の試し読みができます!
作: 松岡 享子 絵: 大社 玲子  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
創刊40年!世代を越えて愛され続ける、不朽の名作です!読み聞かせは4歳から、一人読みは6歳から
おはなばたけちゃん。さん 40代・ママ

すこしハラハラしながら・・
4歳になって再び読んでみました。 以…

どんくまさんの クリスマス」 みんなの声

どんくまさんの クリスマス 作:蔵冨 千鶴子
絵:柿本 幸造
出版社:至光社 至光社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1974年
ISBN:9784783400684
評価スコア 4.76
評価ランキング 587
みんなの声 総数 44
「どんくまさんの クリスマス」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

44件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 次の10件 最後のページ
  • 2歳、クリスマスってどんな日

    昨年のクリスマスは「ノンタン」のクリスマス絵本をずっと読んでいたので、すっかりサンタさんにハマってしまった息子。
    今年はどんなクリスマス絵本にしようかな‥と、手に取ったのがこちら。
    どんくまさんが好きだからちょうどいい。どんくまサンタさんが出てくるのかな?
    なんて軽い気持ちで2歳の息子に読み聞かせたのですが…。

    こちらのクリスマス、サンタさんの日じゃなくてイエス様の日でした!

    けっこう真面目だなーなんて思いながら読んでいたのですが、ある日朝食を食べながら息子が

    「クリスマスはイエスさまの日」

    ええ!?
    本当に覚えてしまいました。
    サンタさんとイエス様との関係を自分なりに調べ、息子に簡単に教えたり。
    予想外のクリスマス準備絵本となりました。
    近所の教会でミサをするようなので連れていきたかったのですが、就寝時間の都合で見送ることに。

    親として、クリスマスはサンタさんの日♪と軽く考えていたので、あーたしかにイエス様の日だね‥と、いろいろ考えさせられる絵本なのでした(私自身カトリックの学校に通っていたのに)。

    掲載日:2015/12/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • うれしいクリスマス

    • エルタさん
    • 20代
    • せんせい
    • 静岡県

    クリスマスには生誕劇を行います
    クリスマスのお話しを聞いて
    クリスマスの飾りつけをして
    クリスマスの訪れを楽しみにしている子ども達

    上の子達がやっていた生誕劇を見て育ってきました
    今年は自分たちが主役でウキウキ
    マリア様・ヨセフ様・博士・天使・羊飼い
    何になろうか毎日うれしそうに話し合っていました

    どんくまさんのお話はまるで子ども達のよう
    練習で失敗することもあるけど
    みんなで励ましあい本番を楽しみにしていました
    毎日子ども達と一緒に読んだこの絵本
    本番は絵本と同様とってもうまくいきました

    やわらかい素敵な絵
    ますますクリスマスが楽しみなる絵本です
    クリスマスの準備と共にぜひ!

    みんなで迎えたクリスマス
    素敵なクリスマスの絵本は
    子どもたちにとっても思い出の1冊になりました

    掲載日:2015/12/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • クリスマスにおすすめ

    • ポン太さん
    • 30代
    • ママ
    • 広島県
    • 男の子3歳、女の子1歳

    3歳3ヶ月の息子に図書館で借りて読んであげました。

    いつも失敗ばかりのどんくまさん。
    クリスマスもやっぱり失敗しちゃいます。
    でも、うさぎの幼稚園の子達ととても素敵なクリスマスを過ごすことが出来ました。

    今のクリスマス時期にぴったりのお話しですね。
    息子の反応はいまいちでしたが…。

    掲載日:2015/12/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 優しいね!

    失敗ばかりだけど,どこかにくめなくて素朴で温かくて,みんなが大好きなどんくまさん。
    今回もどんくまさんらしさ満載で,そしてまわりからとても愛されているどんくまさんを感じることのできるお話でした。
    クリスマスシーズンにもぴったりですね。
    うさぎの幼稚園が中心となっているので,幼児期の子供達にもぴったりですね。
    力持ちのどんくまさんに合う仕事を与えてくれた先生,どんくまさんにも出来る役を考えてくれたうさぎの子供達,優しいな〜と思いました。
    それぞれに合うことそれぞれに出来るとこ,みんな必ずあるんですよね。
    勇気と元気をもらえるお話でもありました。
    相手を思いやることの大切さも感じられる絵本でした。

    掲載日:2015/12/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • イエスさま?

    クリスマス、聖歌隊の中に入りたいけど、下手すぎてぶちこわしてしまうどんくまさん。

    クリスマスの劇でも転んでしまうどんくまさん。

    ちょっと、どんくさいのでしょうか。

    みんなのためにモミの木をもって来たり、一生懸命すぎて疲れ眠ったところを、イエス役で参加します。

    クリスマスの心あたたまる絵本でした。

    うちにもモミの木植えてほしいです。

    掲載日:2015/12/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • あったかいお話。

    • まおずままさん
    • 30代
    • ママ
    • 大阪府
    • 女の子8歳、女の子4歳

    柿本幸造さんのあったかい絵が好きで、「どんくまさん」をはじめに読みました。
    何をしても不器用で失敗ばかりのどんくまさん。
    めげずにいろいろ頑張るけれどいつも失敗続き…。

    となんだかちょっと読んでいて悲しくなってしまった思い出があるのですが、
    このクリスマスのお話では、ウサギの子供達や先生がどんくまさんのことをよく理解してくれて、しっかり受け容れてくれているのです。

    受け止めてくれる人たちがいるって、こんなに心地いいんだなぁと思いました。
    ここなら、どんくまさんは安心して遊びにきたりできるんでしょうね。
    良かった良かった。

    掲載日:2015/12/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • なるほどなるほど、そうですよね。
    くまさんたちは、クリスマスをお祝いできないかも…って
    あらためて思いました。
    だって、冬眠するころですものね。
    いつも絵がかわいいどんくまさんの絵本ですが、
    今回は、どんくまさんが大きな口をあけて
    歌っている絵がとても好きでした。
    どんくまさんの大きなやさしい声がきこえてきそう。
    イエスさまのことにもふれてあるし、
    お話としてはほんわかあったかいし、
    クリスマスに読むのにぴったりな絵本です。

    掲載日:2015/12/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • きよしこのよるを歌ってるのね!

    表紙の絵を見て、あまりクリスマスっぽくないなぁなどと思いながらページを開いたのですが、表紙のどんくまさんは「きよしこのよる」を歌っているんですね。おはなしを読んでから納得しました。
    今回もまた、いろいろと失敗してしまうどんくまさんですが、みんなどんくまさんが大好きなので、最後までみんな一緒です。
    なんだか、どんくまさんがとてもうらやましくなりました。

    掲載日:2015/12/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • きれいで優しくてあたたかいです

    うさぎたちと同じように、
    わたしもすっかり どんくまさんが大好きになってしまいました!

    おっちょこちょいだけど優しくて、
    いつも みんなのことを思いやっていて・・・

    どんくまさんの行動には、心があるなあと思います。

    だからみんなも どんくまさんが大好きだし、
    クリスマスの劇にも、一緒に出て欲しかったのですね。
    劇に出演しているとは知らずに、
    気持ちよさそうに眠っている どんくまさんが可愛い!
    けれど、どんくまさんが冬眠してしまったら
    きっとみんなは、春まで寂しいでしょうね。

    クリスマスの絵本なので、
    星やステンドグラスが描かれているのですが
    そのひとつひとつが、ほんとうにきれい。

    きれいで優しくてあたたかい、
    冬の夜にぴったりの絵本です。

    掲載日:2015/12/24

    参考になりました
    感謝
    0
  •  クリスマスの絵本はたくさん出版されていますが、サンタクロースが登場するお話が多いですよね。そんな中、サンタさんは登場せず、クリスマスの意味を伝える降誕劇がストーリーの中に さりげなく折りこまれているというところが、新鮮に感じられました。(それでいて、宗教色っぽくないところがいいです。)

     勘違いというか、知らなくって、クリスマスツリーをいっぱい!!用意してしまったどんくまさん。疲れちゃったんですね。疲れて眠い どんくまさんに、ぴったりの劇の役は・・!?生まれたばかりの「すやすやねむる きりすとさま」を、体の大きなどんくまさんが演ずる?というのが面白かったです。

     クリスマスをお祝いする うさぎの子どもたちの一生懸命さ、可愛らしさがとっても素敵な絵本だと思いました^^。 メリー クリスマス ☆

    掲載日:2015/12/24

    参考になりました
    感謝
    0

44件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。


「MR.MEN LITTLE MISS」アダム・ハーグリーブスさん インタビュー

みんなの声(44人)

絵本の評価(4.76)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット