たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ
 出版社: サンリオ サンリオの特集ページがあります!
メモ&付箋96枚いり!おてがみがもっとたのしくなる折りてがみアイデアがいっぱい♪

こねこのみつけたクリスマス」 みんなの声

こねこのみつけたクリスマス 作:マーガレット・ワイズ・ブラウン
絵:アン・モーティマー
訳:中川 千尋
出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:1994年
ISBN:9784593503193
評価スコア 4.67
評価ランキング 1,813
みんなの声 総数 11
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

11件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • クリスマスの匂いや音が、鮮明に伝わってくる絵本です。

    こねこがもうじきクリスマスだとわかったのは、きっと誰よりもクリスマスが大好きだからだと思います!
    忠実に描かれたこねこの仕草や表情からも、そう感じました。

    分かったことは、猫だってクリスマスを心待ちにしているということ…
    クリスマスは誰にとっても、特別なもの!

    クリスマスイブの一日をじっくり堪能できる、オススメの一冊です。

    掲載日:2014/12/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • ネコ目線のクリスマス

    このお話はこの絵本の舞台の家で飼われている猫の目線から描いたクリスマスの絵本でした。人間たちがクリスマスの準備をしているさなか、ねこはお気楽な感じでホワイトクリスマスを楽しんでいました。その感じがネコって感じがしてかわいかったです。

    掲載日:2014/01/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 立体的に感じるクリスマス

    絵に惹かれて手に取りました。
    とっても繊細で写実的で、けれど生きているかのごときネコちゃんは、雪がお好き。
    ここで「え?」と引っかかります。ネコなのに、と。
    しっかり引き込まれました。
    そのネコちゃんの感じているクリスマスが、五感すべてで語られます。
    ワイズブラウンは、感覚をとても大事にしますよね。

    ワイズブラウンらしいなぁと微笑みながら、美しい文章を読みふけりました。美しい文章なんかより、いかにおもしろいかに重点をおく娘も、挿絵に引っ張られて聞いてくれました。
    素敵な絵本、と感じてくれたようです。

    子どもは物事を五感で感じますよね。大人だって感性豊かな方はそうですよね。私のクリスマスって、五感で語ったらどんなかなぁ。
    シュタイナーなど興味をお持ちの方にもよさそうな一冊ですね。

    掲載日:2010/12/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • ねこ好きさんのクリスマス絵本

    なかがわちひろさん訳の本を集中的に読んでいます。

    詩的な文章とねこの絵がとてもかわいらしいです。

    冬の情景も美しく描かれていると思います。雪の中でこちらをじっ見つめているねこの愛らしいこと。

    視点がねこだけに、人間が楽しむクリスマスとはまた違ったものがあります。

    絵を見っているだけでも癒されそう。ねこ好きさんにちょうどよさそうですね。

    掲載日:2010/06/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 美しい絵本

    • オパーサンさん
    • 30代
    • ママ
    • 福島県
    • 女の子4歳、女の子1歳

    とても丁寧に描かれた美しい絵の絵本です。
    文章に合わせて字が波打っていたりして、全体的に凝った印象で、大人のクリスマスといった雰囲気をかもしだしています。
    ちょっと内容が難しいので、まだ子どもにきちんと読み聞かせたことがありません。でもまるで本物のような表紙のネコの絵に惹かれるのか、1歳の下の娘が気に入っていて、持ってきては一人で眺めています。
    実はこの絵本、実家の母にクリスマスプレゼントとして送ってもらったのですが、次の年のクリスマスにも同じ本が贈られてきたのです。すぐに母に連絡して交換してもらいましたが、よっぽど母の好みにマッチしているのでしょうね。
    そんなエピソードを添えながら娘に読んであげる日が楽しみです。

    掲載日:2009/10/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • こねこの目線で…

    • おしんさん
    • 40代
    • ママ
    • 鹿児島県
    • 男の子23歳、女の子21歳、男の子18歳

    きっと、もうじきクリスマス。
    どうしてわかったの?
    ゆきがふっていた?
    いいえ。

    子ねこが、クリスマスだとわかったのは、きっと、体中で感じていたのでしょう。
    そして、子ねこが感じたように描かれていて、子ねこの目線で、クリスマスを感じることができました。
    まるで、本物と見間違うほど、精巧に描かれたねこの姿、そして、色鮮やかなクリスマスの風景は、目でも充分楽しむことができます。
    文章もリズミカルなくり返しの文末表現もまた、楽しみの要素です。

    掲載日:2009/04/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 五感をくすぐられます

    • おるがんさん
    • 40代
    • ママ
    • 高知県
    • 女の子、男の子

    クリスマスの音・香り・色と言われると、なにを思い浮かべるでしょう。
    こねこは、ちゃんと感じています。
    こねこと一緒に体験していきましょう。

    すばらしい絵とともに、クリスマスへの気持ちが高まっていく絵本です。
    空を滑っていく、サンタクロースとトナカイたちの絵は飾っておきたくなります。

    作者は、ちいさな子ども向けにこの絵本を書いたそうですが、今の子どもたちにはちょっと難しいかもしれません。
    読んであげるときに、補足をするといいと思います。
    小学生の3・4年以上におすすめです。

    掲載日:2008/12/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • こねこ目線でクリスマスを見る

    まさにクリスマスにぴったりの色調の絵です。
    描写が細かく美しい絵に、息子は釘付けになってます。
    お話の内容を理解できるようになるには、もう少し大きくならないと
    無理だと思いますが、絵だけでも十分楽しめるようです。
    こねこの目線で見てみるクリスマスの風景、私達が知っているクリスマスとはまた違うもののように感じられます。

    掲載日:2008/12/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 五感で感じるクリスマス

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子14歳、男の子11歳

    さすが!
    マーガレット・ワイズ・ブラウンがクリスマスを描写するとこうなるのですね。
    そう、五感で感じるクリスマス!
    主人公はこねこ。
    このこねこの五感を通してクリスマスの様子が次々と描写されます。
    中でも、耳を済ませて聞こえる、音。
    そして、リアリティのあるアン・モーティマーの絵が実に鮮やかです。
    こねこの毛並みや独特の瞳が素晴らしいです。
    あれ?ねこって寒いのは苦手じゃなかった?
    と思ったら、「このこはちょっととくべつ」だって。
    絶妙のタイミングでナレーションが入りました。
    ラストのこねこの絵は、ねこ好きの方々には釘付けでしょうね。
    ぜひ、音読でお楽しみください。

    掲載日:2007/12/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵が最高

    • ジュンイチさん
    • 40代
    • パパ
    • 東京都
    • 男の子12歳、男の子6歳

    文は、1949年にマーガレット・ワイズ・ブラウンによって、絵は、1994年にアン・モーティマーによる作品です。

    素敵な文章に、色鮮やかで奇麗な絵のマッチングが素晴らしい絵本です。
    物語は、クリスマスの出来事を、主人公のこねこの目線で描いているものですが、自分がさもこねこになったような気がしてしまいました。

    今の時期に読み聞かせるにはピッタリの絵本です。
    大人でも、猫好きのかたには堪らない一冊になること受け合いだと思います。
    それにしても、アン・モーティマーの色調は、正にクリスマスに相応しいものだったので、他の作品も是非見てみたくなりました。

    掲載日:2007/12/16

    参考になりました
    感謝
    0

11件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。


賢治の祈り『雨ニモマケズ』柚木沙弥郎さん×松田素子さんインタビュー

みんなの声(11人)

絵本の評価(4.67)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット