だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

星砂のぼうや」 みんなの声

星砂のぼうや 作:灰谷 健次郎
絵:坪谷 令子
出版社:童心社 童心社の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:1993年
ISBN:9784494012299
評価スコア 4.57
評価ランキング 4,104
みんなの声 総数 6
「星砂のぼうや」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 作者からのおもいがたくさん。

    幼い頃、石垣島へ旅行に行ったとき
    砂浜一面に広がった星砂に感激し、
    その頃、ガイドさんに
    「この砂はどうやってできたの?生き物?」
    と質問した事を覚えています。

    その頃に自分でいろいろと調べて星砂は
    バキュロジプシナと言う有孔虫だと言う事は知っていました

    では、砂浜にある星砂は?生きてるの?死んでるの?
    疑問が出てきますね。
    実はその有孔虫の形骸なんです。
    さて、どうして砂浜一面、こんなにたくさんの
    形骸があるのでしょうか?

    それは、戦争でうみが汚染されてしまい
    海の中のたくさんの生物たちが死んでしまって
    浜に打ち寄せられたから。

    沖縄を愛して沖縄にも長いこと滞在されていた灰谷さん。
    灰谷さんは沖縄の自然に感動しつつ
    その背景で昔あった戦争についてとても考え
    させられたと聞いてます。

    そんな沖縄思いの作者、灰谷さんは星砂のぼうやや
    お話しを通して平和の尊さを訴えてる様に感じました。

    前半は星砂の母子のほんわかした雰囲気
    後半はいのちの尊さを描かれてます。
    実際にみた星砂の浜を思い浮かべながら
    作者からのメッセージを感じました。

    掲載日:2007/01/30

    参考になりました
    感謝
    1
  • にぎやかな海

     色あざやかな、さんごしょうの海。きれいな色のいきものたちが、にぎやかです。
     星砂のぼうやには、さんごしょうのお友達がたくさんいます。ぼうやのおしゃべりが、ほほえましいなと思いました。

     けれど、美しい海のいきものたちも戦争にまきこまれたことがあったのです。
     平和を願う、灰谷さんの気持ちがつたわってきました。

     星砂は、砂ではなく、虫だったとは、、、おもしろいですね。

    掲載日:2014/07/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 美しい海

    タイトルと幻想的な絵に惹かれて選びました。星の砂がとても可愛くて海辺に星の形をした砂とばかりに思っていました。綺麗な海がいつまでもこの先も続いていくことを願いたいです。星砂のぼうやに、「おまえは友達が多くて幸せだね」って星砂のかあさんが言っていたけど、本当にそうだと思いました。海の中がとても綺麗に描かれていて見惚れました。

    掲載日:2011/08/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 灰谷さんの平和のメッセージ

    沖縄の石垣島に行ったとき 星の砂をビンに入れて子供たちと感動したことを懐かしく思い出しながら読みました

    灰谷さんのお話はたくさん読みましたが  前書きに彼が書いているように 生きている星砂に感動したとありました 渡嘉敷島へ行ってみたくなりました。

    絵本は海の中の生き物がたくさん出てきて サザナミヤッコ アカホシサンゴガニ など 海にいきる魚たちに会いたくなります

    クマノミは パラオの海で 潜って見ました。かわいいくて 珊瑚がきれいで 沖縄の海を守る事が大事だな〜と思いました

    この絵本は 平和と 戦争もテーマにされていますが・・・・

    今の日本の 沖縄の米軍基地問題が 毎日のようにニュースで流れます

      沖縄には 米軍基地はいらないと思います! 

    何とか 沖縄から基地をなくして 平和な島を守り続けて欲しいです!

    夏の頃に 子供たちにお話してあげたい絵本です マイブックの中に入れます

    坪谷 令子さんの絵がさわやかで 海の生き物をが泳いでいる海の中にいるような感じでいいですね!

    「星砂見つけたァ。 お星さまの子どもだよ」
    いい余韻を残しながら・・・・・ 

    掲載日:2010/04/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 平和でいられるように

    • 花ぶらんこさん
    • 30代
    • ママ
    • 大分県
    • 男の子11歳、女の子8歳

    沖縄をこよなく愛した作家・灰谷さんにはめずらしい
    擬人法で描かれた星砂の男の子のお話し。
    ちょっと聞きなれない海の生き物がたくさん出てきて
    これは何ぞやと後で調べたのもたくさんあり、
    それでも坪谷さんの幻想的なイラストで
    遊泳しながら穏やかにお話は進んでいきます。
    (星砂をイラストにするって難しかっただろうなぁ)
    次第に明るいページが急に暗くなっていき、
    星砂のお母さんが戦争は人間だけでなく
    この美しい海も被害にあったとぼうやに語ります。
    もう戦争で誰もが傷つきませんように
    それを願わずにはいられません。

    いつか綺麗な沖縄の海を子供達だけにでなく
    私もこの目で見てみたい。

    掲載日:2007/03/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 星の砂が生物とは知らなかったです

    • おるがんさん
    • 40代
    • ママ
    • 高知県
    • 女の子13歳、男の子11歳

    自然を愛し平和を願った、灰谷さんの願いが込められた作品です。

    沖縄の島で、大昔から行き続けてきた星砂。
    戦争で海が汚染され、多くの星砂が死んでしまったと、かあさんから
    聞いた星砂ぼうやは、今の平和をかみしめながら眠ります。

    これからの平和を守っていく子どもたちに、灰谷さんの思いが届きますように。。

    掲載日:2006/12/23

    参考になりました
    感謝
    0

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。


賢治の祈り『雨ニモマケズ』柚木沙弥郎さん×松田素子さんインタビュー

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.57)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット