おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン
原作: やなせ たかし 折り図・指導: 藤本 祐子 作画: やなせスタジオ  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
おじいちゃんもおばあちゃんもみんなでおってあそぼ!

うらしまたろう」 みんなの声

うらしまたろう 作・絵:いもと ようこ
出版社:岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!
本体価格:\700+税
発行日:2000/09
ISBN:9784265030774
評価スコア 4.09
評価ランキング 17,890
みんなの声 総数 10
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 要点のみ

    • みちゃママさん
    • 30代
    • ママ
    • 茨城県
    • 男の子3歳、女の子2歳

    年少さんの息子が幼稚園で自分で選び借りてきました。
    タイトルに「赤ちゃん用」とあるように、内容は簡潔にとてもシンプルに書かれています。
    要点のみをまとめたものなので、内容の深みや面白い部分は省略され、年少さんには物足りないと感じました。
    優しい絵なので赤ちゃんにはいいと思います。

    掲載日:2014/10/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 歌がいい

    昔話に興味が出てきた娘に読みました。3歳前半です。
    初めての昔話にぴったりの内容・ページ数・文章量だと思います。
    もしかすると、もう少し早くから読んであげてもよかったかな。
    逆に大きな子はこれでは満足しないと思いますので、もう少し本格的な昔話を選んだ方がいいかもしれません。
    個人的には一番最後に、「うらしまたろう」の歌が載っていたのがよかったです。1番しか知らなかったので勉強になりました。

    掲載日:2014/08/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • むかしむかしうらしまが

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子3歳、女の子1歳

    巻末に載っている「うらしまたろう」の歌は有名ですね。うらしまたろうのお話を読むとついつい歌ってしまいます。
    娘は玉手箱が印象的だったのか遊びの中で「玉手箱です」と言っては私のもとに玉手箱に見立てた積み木等を持ってきます。おかあさんはまだおばあさんにはなりたくないので持ってこないでください(笑)。

    掲載日:2014/06/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 読み聞かせたい

    昔話しは大切なので読み聞かせて
    いきたい一つです。
    久しぶりに読むと懐かしいですね。

    いもとさんの絵が大好きなので借りました。
    とてもステキな絵で可愛いです。

    亀さんを助けて竜宮城へ。
    その後帰ってきた時・・・

    ずっとずっと大事にしていきたいお話です。

    掲載日:2013/11/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • なんで?

    祖母が息子にプレゼントしてくれた絵本です。
    私はまだ、昔話を息子に読んであげたことがなかったことに、この絵本を貰って気付きました(というか、私自身、昔話を知っているようで実際知らないことに気付きました・・・)。

    さっそく読み聞かせることに。

    息子はジーっと絵本を見つめ、最後まで集中して聞いていました。
    内容は、親からすると、少し省略しすぎ??と思えたのですが、それくらいの長さの方が、初めての昔話にはいいのかもしれません。
    それに、それなりの内容の昔話は、少々うちの息子には絵柄が怖いものが多いようで、その点でもこの絵本はぴったりだったようです。
    いもとようこさんの優しい絵柄は、子供がまず、絵本の世界の入口に立つのに最適だと思います。

    タイトルの言葉は、初めてこのお話を聞いた時の息子の開口第一声です。
    「なんで、おじいさんに、なったの??」
    「なんでかなぁ?きっと、乙姫様とのお約束を守らなかったから、元気なお兄ちゃんだったのにおじいさんになっちゃんたんだよ。」
    「・・・・・・」
    多分、このあたりの理解、納得はまだまだ難しいと思いますが、何となくでも子供の中に残ってくれたらいいなと、親としては思います。

    お話だけではなく、絵本の最後に歌の楽譜と歌詞がついています。
    息子には、これも嬉しかったようです。
    毎回、この絵本を読むときには、最後に歌を5番まで歌わないと終わらせてくれません^^;
    親子共々、1〜5番まですっかり歌詞を覚えてしまいました。

    掲載日:2010/09/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 一度は聞かせたい名作絵本

    「浦島太郎」は、孫には、一度は聞かせたい日本昔話の名作絵本です。

    いもとようこさんの可愛い絵に惹かれます。

    文も短いので孫に聞かせるのにピッタリの絵本だと思いました。

    やっぱり、乙姫さまが綺麗で、お魚たちも綺麗に描かれていてよかった

    です。「浦島太郎の童謡」の歌詞も付いていて、一番から五番まで歌っ

    て楽しみました。

    掲載日:2010/03/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 初めの昔話に良いのでは!

    • さたちゃんさん
    • 30代
    • ママ
    • 新潟県
    • 男の子8歳、女の子4歳

    昔話は長くて難しいのもが 多い気がします。
    そこで 小さいうちから 読むと飽きられてしまったり
    読み手も苦労したり…。

    昔話を絵本を通じて初めて取り入れる方々(親子)には
    良い気がします。

    ちょっと 短すぎて物足りない気もしますが
    そう思ったら もう少し長い「うらしまたろう」を
    読めばいいわけで!

    ボードブックだし 最後には童謡の楽譜付き
    なので 赤ちゃん向きだと思います。

    掲載日:2009/08/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 気になる。

    いもとようこさんの優しいタッチで描かれた素敵な本です♪
    むかしむかし浦島太郎が浜辺でかめを助けました。から始まるのですが、子供がかめをいじめたなどとは一言も書いていないところが少し気になります。少し省略しすぎかなと思いました。
    あとの物語は自分が知っているものとほとんど同じでした。
    最後のページに歌詞と楽譜が載っているので、より楽しめると思います♪

    掲載日:2009/04/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • わかりやすい!

    この絵本のシリーズが大好きです。
    小さい子にもわかりやすい内容に、文の長さ。
    あまり文章が長いと、途中で、あきてしまうのですが、
    このシリーズはちょうど良い長さなので、最後まで集中して聞いてくれます。
    竜宮上や海の世界の美しさが、いもとようこさんの素敵なイラストでよく出ています。
    うらしまたろうもかわいいです。

    掲載日:2009/01/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 恩返しのはずが・・・

    • うららさん
    • 30代
    • ママ
    • 栃木県
    • 女の子5歳、女の子3歳

    次女にもわかりやすく昔話を、と思い手にとりました。

    うらしまたろう。

    むかし、むかしはまべでうらしまたろうがかめをたすけました。

    シンプルな所は、ママがちょっと補足。
    「子供達が亀さんをいじめていたんだって、ほら、亀さん泣いてるよ」

    いもとようこさんのやさしい色味の絵が、竜宮城の神秘的なムードとピッタリです。

    でも、なんで、恩返しなのに玉手箱をあげたのかしら。
    海の中の1年が地上の10年だったのかしら・・・
    物語をスンナリ受け入れる子供達はすやすや夢の中、私はなぜ?なぜ?とどつぼにはまってしまいました。

    掲載日:2006/12/05

    参考になりました
    感謝
    0

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / くっついた / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • こどものなかま
    こどものなかま
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    ペンギンのなかま、クジラのなかま、サイのなかま、なかまと出会い遊んだあとで、ぼくがみつけたのは…


『はやくちこぶた』早川純子さんインタビュー

みんなの声(10人)

絵本の評価(4.09)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット