モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしものの試し読みができます!
作・絵: ふくざわ ゆみこ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
「モモンガのはいたつやさん」最新刊は、クリスマスのお話!
モカミさん 40代・ママ

可愛らしい
娘がふくざわゆみこさんの本が大好きで、…

みどりのはっぱ きんいろのはっぱ」 みんなの声

みどりのはっぱ きんいろのはっぱ 作・絵:ながさわまさこ
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\362+税
発行日:2007年01月
評価スコア 4.44
評価ランキング 7,698
みんなの声 総数 15
「みどりのはっぱ きんいろのはっぱ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

15件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • おすすめです

    落葉樹と常緑樹の違いがよくわかる絵本です。
    でもそれ以上に絵が美しく気に入りました。黄色ではなく金色の葉っぱという表現も好きでした。季節を感じるすばらしい作品になっているので、ずっと大切にしたいです。ハードカバーにならないかな〜と楽しみです。

    掲載日:2012/12/19

    参考になりました
    感謝
    1
  • 季節の彩り

    自然てすごいです。
    春になれば芽吹き、青青と茂り、色づき、落葉する。
    木にとっては自然なサイクルなんだけど、どの季節も神秘的で美しくて・・・。
    冬を迎え、枝だけになってしまっても尚美しい。
    そこに一本の木があるだけで、季節を感じ、風景が彩られる。

    登場するのは、老木と若木。
    2本の木の会話が、物語をより深くて温かい雰囲気にしています。
    素敵な絵本です。

    掲載日:2013/06/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 季節の勉強にも・・

     この絵本では、落葉樹と常緑樹が描かれていて、季節の勉強をするきっかけになった絵本です。息子は、この絵本を読んでからというもの、「これは落葉樹?常緑樹?」と質問するようになりました。季節を感じる絵本は沢山ありますが、ほとんど落葉樹のみが描かれていて、常緑樹は描かれないことが多いですが、両方、きちんと描かれている、珍しい絵本です。

    掲載日:2013/02/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 季節の移り変わり

    おじいさんの大きな木と、小さな椿の木が
    登場する絵本なのですが、季節の移り変わりが
    しっかりと描かれていて、とても胸に響いた
    絵本でした。
    春は葉っぱが小さくて、夏にはおいしげって、
    秋には紅葉し、冬には眠りに入る・・・、
    そんな1年の流れが、とてもきれいに描かれて
    います。
    心がきれいになる自然の絵本でした。

    掲載日:2012/02/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 一年

    椿の木でしょうか!?あまり花とかには詳しくないので違うかも・・・。その木のほかに、もう一本の木も出てきていて、そっちは葉っぱがなくなったりしちゃうのがとっても不思議だって言ってました。今度図鑑で勉強して教えてあげたいです。自然に触れ合える一冊でした。

    掲載日:2011/11/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • おじいちゃん

    二歳児にはちょっと内容は難しかったですが
    おじいちゃんと呼びかけるので
    それが嬉しいみたいで、
    結構何度も読んでいます。
    寝る前に薄暗いところで読むと
    絵が浮き上がって見えます。
    二つの木の成長が異なって
    とても勉強になります。

    掲載日:2011/06/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • かがくのとも

    かがくのともが好きなのでこの絵本を選びました。お爺ちゃんと子どもの会話がとても暖かくてほっとしました。お爺ちゃんの存在が子どもに勇気を与えているのをひしひしと感じることが出来る作品でした。特に秋の効用の場面が美しくてうっとりしました。自然の儚さと崇高さを同時に感じることが出来るのが素晴らしいと思いました。

    掲載日:2010/02/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 銀杏の木とさざんか

    銀杏の木の一年とさざんかの一年が、二人の語らい、おしゃべりを聞き

    ながら楽しむことが出来ます。

    縦2ページいっぱいの絵も四季を楽しめます。

    銀杏の木、おじいちゃんが春まで眠る頃、綺麗に咲いたさざんかを誉め

    る銀杏の木もやっぱり人間のおじいちゃんのように自分の孫みたいに

    誉めると思いました。

    二人のおしゃべりにお互いを思いやる優しさを感じました。

    絵本から、落葉樹と常緑樹の違いも学べます。

    掲載日:2010/01/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 小さな秘め事

    大きなイチョウの木と小さなサザンカの木のお話。おじいちゃんと孫のような会話で、静かに、静かに、お話は進んでいきます。ゆったりとした時間の流れの中でも、着実に季節は移り変わっていき、おじいちゃんの木が、葉っぱの変化を通して様々なことを教えてくれます。秋になって、黄葉したイチョウの葉が、淡いピンクの夕焼けを背に、金色に輝いている絵を見て、娘も「わあ!」と感嘆の声を上げました。そして、真冬のある日、小さな木にも、何か素敵な変化が起こります。「まだ ひ・み・つ。うふふ」と、いかにも子どもらしい秘め事をサザンカと共有しているかのように、楽しそうに読みながら、小さなつぼみにそっと触れていました。「どうして冬にお花が咲くの?」「どうしておじいちゃんは春まで眠ってるの?」と、いろんな質問を私に投げかけながら、1ページ1ページ丁寧にこの絵本をめくっています。朝起きてすぐに「1回だけ読んで」と持ってきて、お昼寝前に2回、お昼寝から覚めてまた1回、寝る前にも2回と、日に何度となく読んでいるうちに、3日目の朝には、もうすべて覚えて、すらすらと読んでいました。木の気持ちになって、やさしく、語り聞かせるように読んでいる娘の横顔に、私のせかせかした心もいつのまにか穏やかになっていくのを感じます。

    掲載日:2008/02/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 会話。

    大きな木(おじいちゃん)と小さな木(こども)との会話。私たちでは聞こえない木。この絵本を読んでいたらこんな感じ方があるんだなぁと思いました。おじいちゃんは、季節に合わせて葉が冬になると無くなる。春まで冬眠。子供はおじいさんが目を冷める時期まで見守る。眠る前に子供の花が咲いてよかったと思う。木の会話ってこんな会話をしているのかもと感じました。人もそうですよね。動物も。猫でも同じ種類なのに、感じが違う。おしゃべりしているんですね。きっと。なんでもない会話なんですけどなかなかいい感じの会話ですね。

    掲載日:2007/06/25

    参考になりました
    感謝
    0

15件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



きらいがいっぱい、きらいって楽しい!

みんなの声(15人)

絵本の評価(4.44)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット