たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ
 出版社: サンリオ サンリオの特集ページがあります!
メモ&付箋96枚いり!おてがみがもっとたのしくなる折りてがみアイデアがいっぱい♪

シンドバッドと怪物の島」 みんなの声

シンドバッドと怪物の島 作・絵:ルドミラ・ゼーマン
訳:脇 明子
出版社:岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,900+税
発行日:2002年
ISBN:9784001108590
評価スコア 4
評価ランキング 20,278
みんなの声 総数 2
「シンドバッドと怪物の島」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 「シンドバッドの冒険」のつづきです

    • おるがんさん
    • 40代
    • ママ
    • 高知県
    • 女の子14歳、男の子12歳

    前回、やっとの思いで助かったのに、また懲りもせず航海に出かけるシンドバッド。
    ますます困難な冒険を続けます。

    子どもたちは、自分もシンドバッドになりきって引き込まれていくのでしょう。
    シンドバッドの知恵に感心して、勇気をもらうでしょう。
    ゲームも面白いだろうけど、こんな面白いおはなしもあるって知ってもらいたいです。

    絵と文章がマッチしていて、何度読んでも楽しめます。

    掲載日:2007/07/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • ハラハラドキドキはいつまで続く・・

    • ポポロさん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 男の子7歳

    有名な「シンドバッドの冒険」は長い長いお話です。
    ダイヤモンドの山を見つけるというあたりまでしか知りませんでしたが、
    その後のシンドバッドのお話です。
    前の航海で恐ろしいめにあったシンドバッドは
    もう2度海には出ないと思ったはずなのに、
    冒険心にかられ、またも船の旅に出かけます。
    やはり待ち構えていたのは、巨大な怪物、大蛇・・。
    息もつかせぬ危機が待っていました。
    続きを読みたがっていた息子は目を見開いて喰らいついていました。
    「すごい!」と大興奮。男の子向きでしょうか・・。
    私は危機一髪の連続にハラハラドキドキしすぎてちょっと疲れてきました(笑)
    前作同様、エキゾチックな雰囲気満載です。
    ストーリーはちょっと刺激的で残酷と思う部分があるかもしれません。
    この作品3冊シリーズなのでまだあと1冊あるんです。
    え〜!まだ冒険するの〜!海の男って懲りないのね・・。

    掲載日:2006/12/09

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

こんとあき / おつきさまこんばんは / もこ もこもこ / よるくま

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • クリスマスのほし
    クリスマスのほし
     出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    クリスマスのプレゼントに!森の仲間たちとトナカイのトニーの素敵なクリスマスのおはなし。


第11回 『くつ あらいましょう』のさこももみさん

みんなの声(2人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット