ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

サンタクロースへのてがみ」 みんなの声

サンタクロースへのてがみ 作:やなぎや けいこ
絵:守矢 るり
出版社:日本基督教団出版局
本体価格:\1,200+税
発行日:1998年
ISBN:9784818403291
評価スコア 4.33
評価ランキング 11,023
みんなの声 総数 2
「サンタクロースへのてがみ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • クリスマス

    今の時期にピッタリだと思ったのでこの絵本を選びました。こんなクリスマスの手紙は初めてです。女の子は自分が欲しいものというよりも愛する家族の欲しい物を頼んでいる所が本当に感動しました。女の子が一生懸命に手紙を書いている場面が特に素敵で思いを丁寧に事兄している様子が伝わってきました。クリスマスってやっぱり素晴らしいな!と思う絵本でした。主人公の願いが叶ったのはやはりクリスマスの奇跡の御蔭かなと嬉しくなりました。絵もとても丁寧で気持ちがにじみ出るような絵で素敵でした。

    掲載日:2008/12/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大事な人を亡くした人に・・・

    郵便局で働くフレッドはまいごの手紙がかりさん
    宛先が分からなかったり、間違った手紙を扱うのが仕事。
    毎日家に帰ってから、どんな迷子手紙があったかを息子と娘に話すのが日課です。
    でも春の日に、息子が病気でなくなってから、フレッドは自分の世界に閉じこもってしまいます。
    クリスマスの近いある日、「ほっきょく、サンタクロースさま」というまいごの手紙が・・・
    その差出人は何と自分の娘のマリアンから。
    手紙の内容は・・・

    クリスマスシーズンが近いということで手にとって息子に読みきかせをしたのですが、あまりにも悲しい内容に最初は読んでいて悲しくなってしまいました。

    でもマリアンからの手紙の内容に、自分のプレゼントを要求するより、家族の幸せを願う子供の姿に胸の奥がじーんとあつくなってしまいました。
    家族が幸せであること、それが何よりのプレゼントだなあと改めて感じちゃいました。
    そして家族があるってなんて素敵なんだろう。
    そんなことを感じた絵本でした。

    大事な人を亡くした人やちょっと落ち込んでいる人に読んで欲しいなあと思った1冊でした。

    息子はこの絵本を最後までじーと聞いていました。
    何を感じ何を思ったのかなあ。
    ちょっと難しいところもあったと思いますが、少しずつ悲しみというものを知ってきている息子にも良い絵本だったと思います。

    掲載日:2006/12/09

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



「MR.MEN LITTLE MISS」アダム・ハーグリーブスさん インタビュー

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット