ほげちゃんとこいぬのペロ ほげちゃんとこいぬのペロ
作: やぎ たみこ  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
大人気!ぶさカワ「ほげちゃん」待望の第3巻目刊行!
ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば

ほげちゃん、頑張りました!
ほげちゃんが、こいぬのペロにやきもちを…

パパのはらっぱママのしま」 みんなの声

パパのはらっぱママのしま 作:落合恵子
絵:和田 誠
出版社:クレヨンハウス
本体価格:\1,200+税
発行日:1996年
ISBN:9784906379637
評価スコア 3.4
評価ランキング 36,422
みんなの声 総数 4
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • パパ、タジタジ

    このお話は、パパは夢の中のお話、ママは本当のお話を自慢し合うお話でした。でも、このままのお話が本当でない感じのお話だったのではじめはパパも気楽に構えていたのですが、実物を見せられて焦っていたのがかわいかったです!!

    掲載日:2015/06/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 素直な気持ちが必要…?

    落合恵子さんと和田誠さんのコラボなので、選びました。

    パパが「はらっぱを持っている」と言うと、ママは「しまを持っている」と言う。
    ママの自信ありげな態度に、右往左往するパパは楽しいし、
    こんな家族ってステキだなと思うのですが…

    私が期待し過ぎたのか、1回目は???
    何度か読んでも、わかるような…?わからいような…?
    素直な気持ちと、想像力が必要な作品だと思います。

    掲載日:2009/05/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 想像力をみがく絵本

    • おるがんさん
    • 40代
    • ママ
    • 高知県
    • 女の子、男の子

    読み始めは、どんな展開になるのだろうと自分なりの考えを持って読みました。
    が、その予想を見事に裏切られてしまいました。

    えー!と思いながら、でも、まだ自分の予想どおりになる期待も捨てずに読んで行きました。

    でも、やっぱりそうはいきません。
    なにがなんだか、理解するのがたいへんです。
    でも、何度も読み返していくうちに、別に理解しなくいいんだと思えてきました。
    その展開をただ受け入れて楽しめばいいんだなと。

    この感覚が楽しめる大人でいたいと思いました。

    掲載日:2007/11/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • ?なぞな、内容でした

    この絵本は、パパとママと子供のどこにでもありそうな家庭でのお話です。
    どんなお話だろう・・・と思っているまに、引き出しから島が出てきたり、恐竜が出てきたり・・
    絵のほのぼのした感じと、お話しの内容が、ちょっとチグハグな感じがしました。
    ・・来るぞ来るぞ・・という心の準備が出来ていないのに、来てしまった・・・って感じでした

    掲載日:2006/12/12

    参考になりました
    感謝
    0

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

ぶたぶたくんのおかいもの / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / おこだでませんように

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



柚木沙弥郎さんのあかるい「雨ニモマケズ」

みんなの声(4人)

絵本の評価(3.4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット