なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子の試し読みができます!
作: 松岡 享子 絵: 大社 玲子  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
創刊40年!世代を越えて愛され続ける、不朽の名作です!読み聞かせは4歳から、一人読みは6歳から
おはなばたけちゃん。さん 40代・ママ

すこしハラハラしながら・・
4歳になって再び読んでみました。 以…

きつねとぶどう」 みんなの声

きつねとぶどう 作:坪田 譲治
絵:いもと ようこ
出版社:金の星社 金の星社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2005年09月
ISBN:9784323038902
評価スコア 4.46
評価ランキング 7,330
みんなの声 総数 12
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

12件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • ちょっと切ない

    お腹のすいたこぎつねのために、ぶどうをとりにいく親ギツネ。でも、猟師がきて危ないからと鳴いてこぎつねにしらせます。

    その時から帰ってこないおかあさんぎつね。

    きっと殺されたんでしょう。

    でも、ある日、こぎつねはぶどうのなった木を見つけます。これはお母さんがくれた味だと思うこぎつね。

    ちょっと切ないけど、良い絵本だと思います。娘はかわいそうだと言っていました。

    掲載日:2016/09/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 母の愛

    泣ける本を探していて見つけた一冊です。

    身を挺してわが子を助ける母ぎつねと
    母の帰りを待ち続ける子ぎつね。
    もうこれだけで、なにかうるうると予感めいたものを感じてしまうシチュエーション。
    でも、この本のすごいところは
    母の愛を感じさせるだけでなく
    それを十分味わった子ぎつねの巣立ちを描ききっているところだと思います。
    すごい一冊です。

    掲載日:2014/03/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 母の子供を思う気持ち

    母キツネは子キツネが大切で大切で、自分の身をかえりみず子供にコーンと大声で鳴いて危険を知らせます。ハラハラものに弱い娘はママが「コーン」と読むあたりから耳をふさぎ目をつぶっていました。
    その後母ギツネを探す部分など、ママが大好きな気持ちと通じるらしく泣きそうになっていました。
    お話が終わって娘とぎゅーと抱き合ってママはずーと一緒だよと安心させてあげました。
    3歳だとママがいなくなる描写は少し怖かったかな。

    掲載日:2011/08/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 力強い

    切ないながらにどこか力強さを感じるストーリーでした。自分の危険を顧みず子を守ろうとするのは人間も動物もみな一緒なんですよね。親子愛だけでなく、人間と動物の関係についても考えさせられる作品でした。

    掲載日:2010/02/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • わかってほしいなぁ

    • ぽにょさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子4歳

    名作といわれる絵本の中に、キツネが出てくることって多いですね。
    『ごんぎつね』『てぶくろをかいに』『雪わたり』などなど。
    それぞれが、愛情深いお話です。早く娘に読んであげたいのだけれど、ちょっと文章が長すぎちゃうかな?

    『きつねとぶどう』は、他の作品よりも文章が短めなので、名作絵本の走りにどうかと選んだものです。もちろん、私が幼い頃から好きだった物語の1つ。

    葡萄の1房に、母ぎつねの深い愛情が伝わるこの物語を、はたして娘は理解できるのか!?と思ったら、やっぱり深くはわからないみたい。
    それはそれで仕方のないことだけど、大きくなったときに思い出してほしいかな。

    掲載日:2009/06/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 母親の愛

    母狐が、子狐の為に餌を取りに行きます。
    母親は餌を取る為に必死です。一人残してきた子狐の事も
    とても心配です。子狐は寂しく一人で待っています。
    お互いの気持ちが本を読んでいてとても良く解りました。

    母親がどうなったのかは詳しくは、文章では書かれては居ないのですが
    きっと子狐をかばって死んでしまったのでしょう・・・。
    やがて子狐は一人で立派に成長して、母親が残してくれたぶどうの木を見つけます。
    そこでぶどうを食べて、母親の「おいしいものをとってくるから待っていてね」と言う言葉を思い出します。
    小学生ぐらいにならないと、意味が理解出来ない本だと思いますが心に残る素敵な絵本でした。
    もう一度、小学生ぐらいになったら読んであげようと思います。

    掲載日:2008/11/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 母親の愛

    • ゆなちんさん
    • 30代
    • ママ
    • 広島県
    • 男の子5歳、女の子2歳

     いもとようこさんのやさしい絵柄が、お話にとてもマッチしています。
    おなかがすいたという子狐のために、母親はいくつも山を越えて
    一房のぶどうを持って帰ります。そのころ、子狐は母親の帰りを待ちきれずに巣穴から顔を出して泣き始めていました。その声が、巣穴の近くまで帰ってきていた母狐に聞こえました。自分が留守の間、子狐が敵に襲われていなかったかな、心配していた母狐は、子狐の鳴き声が聞こえたとたんに安心して、疲れが出てしまいまし。母きつねが、少し休もうとすると、犬の鳴き声が聞こえました。母狐は、自分の危険も顧みずに、「逃げなさい」と大きな声で子供に叫びました。
     子供に対する、親の無償で深い愛情が淡々と描かれていて、すごく感動しました。そして、大きくなった子狐が、その母親の大きな愛情に気づくシーンも最高でした。こんな大きな愛情で、我が子を包んであげたい、としみじみ思いました。

    掲載日:2008/06/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 心にしみるお話です。

    自分の子供の喜ぶ顔みたさに、なんでもしてあげたいと思うのが母親なんですね。本を読みながらそう感じました。
    自分の命を懸けて、子供の為にエサを探しに行く。子供はただお母さんが帰ってくるのをひたすら待つだけ。
    いつまで待ってもお母さんが帰って来ないのは、どんなに寂しく不安でたまらないことでしょう。
    お話の最後まで、お母さんに会うことは出来なかったけれど、どこかでお母さんが元気でいてくれるといいのですが。
    子供は、大人になって初めて親の大変さがわかるような気がします。

    二歳の子には、まだ早い内容だったので、もう少し大きくなったらまた読んであげたいです。
    私は、ちょっと泣けそうだったのですが、子供にもそう感じる時がくるのでしょうか?

    掲載日:2008/05/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 言葉がなくても伝わる愛情」

    • とむままさん
    • 40代
    • ママ
    • 三重県
    • 男の子13歳、女の子11歳

    「きつねとぶどう」というタイトルなのに中表紙のタイトルの挿絵はぶどうだけです。

    あれ???きつねは???

    お腹をすかした子きつねのために食べるものを捜しに出かけたお母さん。
    もう少しで帰ってくるよ・・という頃子きつねは待ちきれなくてお母さんを求めて大きな声で泣いてしまうのです。

    最後まで読むと・・中表紙になぜぶどうしか描いてなかったのかが分かるしくみになっている本当に奥の深いお話でしおた。

    いもとようこさんの優しい絵、
    お母さんが死んだとは描いてないし、描かれてもいない・・・でも〜落ち着いた色あいからどことなく悲しい雰囲気が漂います。


    すべてが文章になっていないので、小さい子どもは??少し難しいかもしれませんが小学生になれば、
    子どもたちは思い思いに話をつなげて考えていくそして気持ちを汲み取っていく・・悲しいけど親の愛情の深さを感じ、一度は読んであげたい絵本だと思います。

    掲載日:2008/02/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • ぶどうの意味

    • キンコママさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子4歳、男の子3歳、男の子1歳、男の子0歳

    我が子のために命をささげた母きつね。切ないお話。やがて子キツネが大きくなって、母きつねが守ったぶどうにめぐり合う。子きつねがぶどうのある意味をわかった時、とてもジーンときました。母親のありがたさを再確認しました。子供達は「なんでこんなところにぶどうがあるんだろうね?」って言い、ちょっと理解するには難しかったかな?でもまた何年後かにこの絵本を読んだら、きっと理解できる年齢になってるだろうな〜。

    掲載日:2007/08/23

    参考になりました
    感謝
    0

12件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / 100万回生きたねこ / いないいないばあ / もこ もこもこ / 手ぶくろを買いに / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『プルバックでゴー!』しかけ絵本専門店「メッゲンドルファー」 嵐田一平さんインタビュー

みんなの声(12人)

絵本の評価(4.46)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット