もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

アフガニスタン 山の学校の子どもたち」 みんなの声

アフガニスタン 山の学校の子どもたち 作:長倉洋海
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,800+税
発行日:2006年08月
ISBN:9784030164406
評価スコア 4.33
評価ランキング 11,023
みんなの声 総数 2
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • アフガンの子どもたちに未来を

    アフガニスタンの山奥にある学校の風景を写した写真絵本です。
    小学校と中学校1年生にあたる子どもたちが学んでいます。
    子どもたちの目はとても澄んでいます。
    この写真の背景を知ると、そんな日常がとても貴重に感じられます。
    長い戦争の間閉鎖されていた学校です。
    多くの家族が犠牲になってしまいました。
    設備も整っていません。
    そんな場所で、子どもたちは遠くの集落から勉強しに山道を通ってくるのです。
    大自然の中の学校。
    この写真絵本の中に戦争は出てきません。
    子どもたちにスポットをあて、子どもたちの見つめる未来を映し出そうとしているようです。
    終わりの長めの解説を読んでから、もう一度絵本を読み直すと、さっきよりずしんと感じるものがありました。
    この写真の光景は、日本からの支援で成り立っているのです。
    本が出されてから5年が過ぎています。
    この絵本に登場する子どもたちの成長と、山の学校の整備が進んでいることを祈ります。

    掲載日:2011/10/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • だけど・・・涙が出ちゃう・・・

    • ちうやかなさん
    • 40代
    • ママ
    • 北海道
    • 男の子11歳、男の子8歳

    釧路市出身の写真家、長倉洋海氏の写真絵本。
    遠い道のり・・・ガラスや扉もない学校で、
    働きながら学ぶ子どもたちの真剣なまなざしが実に印象的。
    黒く汚れたたくましい「働く手」、太陽と風で焼けたほほ、
    くったくのない、生き生きとした笑顔・・・!
    なのに、私はなんで涙が出ちゃうのかなー・・・
    自分の無力感が悲しいのかな・・・
    子どもたちの姿に、自分がどこかに忘れてきた何かを見る気がするからかな・・・
    男の子には自分の息子たちを、そして女の子には
    自分の幼かった頃の姿を重ねて見ている気がするけれど。

    掲載日:2006/12/15

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



「MR.MEN LITTLE MISS」アダム・ハーグリーブスさん インタビュー

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット